ようの読書記録

読書家が考えるシンプルな暮らし

「2040年の未来予測 書評」残酷な未来を知る勇気はあるか「本レビュー」

今回は、2040年の未来予測の書評です。作者:成毛 眞さん。

 

最初に結論。「日本人必読の未来予測書」です。読んで後悔しません。

 

しかし、読んで残酷な未来を知り、不安になる可能性はあるので覚悟して読んでください。

 

あなたには、二つの選択肢があります。

①2040年、想像もしなかった社会を知り慌てる
②2040年、想像通りの未来と想定外の未来を楽しむ

 

もちろん「②」を選びたいですよね?であれば、2040年の未来予測を読む価値アリです。

 

リスクをリスクと気づけないことが、最大のリスク

 

現在、老後の2,000万円問題など、将来への不安はたくさんあると思います。

 

ですが、私たちは不安を不安のままにしておくことも、不安を課題に変えて乗り越えることもできます。

 

そのためには、確度の高い情報を仕入れて対策し、予測値との差を修正するしかありません。

 

今回は、そんな2040年の未来予測の書評をしながら、考察を加えていきます。

 2040年の未来予測の作者「成毛 眞さん」はどんな人?

f:id:koyoux:20201219110415j:plain

まずは、作者紹介です。

 

今回あえて、作者紹介をするのは「情報の精度を裏付ける必要がある。」からです。

 

未来を完璧に見通すことは、ノストラダムスにもできません。

 

しかし、未来をある程度正しく予測できる人はいます。それは、テクノロジーに詳しい人です。

 

令和の未来を作るのは、テクノロジーだからです。

 

その点、作者の成毛 眞さんは

・元日本マイクロソフト代表取締役社長
・投資コンサル会社設立
・書評サイト「HONZ」の代表

 

などの経歴を持つので、未来予測の精度は高いと思います。

 

未来予測は競馬に近いところがあります。大切なのは、天候やコースでは無く「馬と騎手」です。

 

・何を予測するか
・どんな裏付けで予測するか

 

よりも

 

・誰が予測するか

 

の方が意識すべき点だと思います。未来予測ほど、難易度の高い思考は無いからです。

2040年の未来予測を読んでわかる4つのこと

f:id:koyoux:20201221225319j:plain

ここからは、2040年の未来予測を読んでわかる4つの項目をご紹介します。

 

1.テクノロジーの進化
2.未来の経済
3.未来の衣・食・住
4.天災

 

どんな人にも関係する内容が書かれています。未来予測関係の本は、テクノロジーに傾倒することもあります。

 

しかし、2040年の未来予測では、私たちの生活の幅広い領域で知りたいと思えることを知れます。

1.テクノロジーの進化

まずは、未来のテクノロジーがどうなるか。です。この章はワクワクしながら読めます。

 

・6G回線でほぼ全てがつながる
・自動運転が普通になる
・ほとんどの嗜好がオーダーメイドになる
無人のショップが増える
・車が空を飛ぶ
・AIによる医療が進化し身近になる
・新しいエネルギーと電池が生まれる

 

テクノロジーの進化としては、大きく「通信環境が劇的に進化する」と「AIにより、人が介在する領域が減る」という点がメインです。

 

テクノロジーの進化によって、私が着目しているのは2つあります。

①空が道路になる
②医療が圧倒的に身近になる

①空が道路になる

f:id:koyoux:20210424112215j:plain

 

人は、飛行機やヘリなど、空を使って移動することができます。でも、まだまだ特別な経験ですよね?

 

ですが、テクノロジーが進化すれば、空ほど身近な道路はありません。なぜなら、空はインフラ整備が要らないからです

 

・6Gによる超高速+1,000万台の同時通信
・AIによる自動操縦

 

これらによって、空は身近な移動手段になります。

 

高速道路を作るよりも、はるかに簡単に、低コストで、超高速移動ができるようになるかもしれません。

www.yoblog.org

②医療が圧倒的に身近になる

AIによる自動診察も魅力です。

 

既に、画像診断(X線写真・MRIなど)においては、AIの方が優秀な結果を出しています。

 

AIによる診察能力を活かせば、新米のお医者さんでも、大ベテランの診察以上の結果を出すことができます。

 

つまり、一部の医療行為が「人の知識や経験」で行われるものから「機械の操作」だけで行えるようになります。

 

診察行為については、医師免許では無く、医療機器の使用許可だけあればできるようになるかもしれません。

 

少子高齢化・地方の人口減少に対しては、非常に魅力的な技術です。

2.未来の経済

f:id:koyoux:20201214204232j:plain

ここから先は、残酷な未来予測です。

 

2040年、日本は老人ばかりの国になります。これはほぼ100%間違いありません。

 

出生率
・寿命
・現在の年齢比率

 

これだけの情報で、かなり正確に未来の人口は予測できます。そんな日本の経済を学べます。

 

・老人を支える若者が非常に少ない
・国の借金が増え、社会保障が手薄になる
・退職金がもらえるかは怪しい
・株価を左右するのは政治
・地銀や教育産業は厳しい
・年金はほぼ確実に破綻しない

 

未来の経済としては「人口減少や労働者が減ることの経済のマイナス成長」と「日本のお金が無くなり、社会保障が手薄になる」ことがメインです。

 

未来の経済で知っておくべきことはこちらの3つです。

①国力低下はほぼ確実
少子高齢化を救えるのはテクノロジーだけ
③年金が無くなる時は、日本から逃げた方が良い

①国力低下はほぼ確実

人が減れば、内需(日本の中での消費力)は当然下がります。また、日本が生み出す付加価値も下がります。

 

人口の減少に加え

・老人が増える⇒消費が減る
・労働層が減る⇒生産力が減る

 

よって、日本の経済的な力が無くなるのは、ほぼ確実です。

少子高齢化を救えるのはテクノロジーだけ

そんな絶望の多い、日本の経済。救えるのはテクノロジーだけです。

 

・エネルギー関連技術
・電池の開発
・AIの進化

 

などを活用することで、少子高齢化でも充分に力を発揮することができるかもしれません。

 

むしろ、日本はグローバルで最も少子高齢化が進んでいる国=少子高齢化最先端国。とも言えます。

 

日本以外も、先進国では人口減少や少子高齢化が進んでいます。

 

日本が、少子高齢化への対応策となるサービスやテクノロジーを開発し、世界に輸出できれば、日本経済の成長も期待できます。

③年金が無くなる時は、日本から逃げた方が良い

f:id:koyoux:20201213160613j:plain

 「年金はもらえないから、支払わない」

 

そんな人もいますが、年金システムは絶対破綻しません。なぜなら、年金システムが破綻したら、日本の経済が破綻するからです。

 

・年金システム破綻
 ⇒超円安
 ⇒株価の暴落
 ⇒海外企業が居なくなる
 ⇒企業がバンバンつぶれる
 ⇒税収がさらに厳しくなり、財源不足
 ⇒他の日本の社会保障が破綻する
  ⇒超円安
 ⇒以下、ループ

 

なので、何があっても年金システムは破綻しません。日本政府はどんな犠牲を払っても、年金システムの維持は守り切ろうとするはずです。

 

年金システムが破綻している国に、未来を感じる人はいません。

 

だからこそ、年金が破綻したら日本から逃げた方が良いでしょう。

 

税源不足で治安維持もできないので、治安は荒れますし、道路などのインフラ整備も出来ません。

 

さらに、円安によって、日本の土地のほとんどは、外国人のものになります。

 

年金の未来はこちら

・支給年齢が大幅に引き上げられる
・支給金額が大幅に下がる

 

そもそも、年金システムは定年退職後、数年間だけ支払う前提で構築されています。それが、想定以上の長寿化によって成立しなくなっています。

 

年金の支給が伸びるのに合わせて、引退できる年齢を引き上げていくしかありません。

 

そのためには、自分の能力を上げるための「勉強」や資産を守るための「投資」に取り組むしかないと思います。

www.yoblog.org

3.未来の衣・食・住

f:id:koyoux:20201214182529j:plain

続いて、未来の衣食住です。非常に身近なテーマですね。こちらは、流行の要素もあるので、20年の間に様々なトレンドが生まれると思います。

 

・人工肉は普及する
・遺伝子組み換えの魚が必要になる
・マンション価格は下がる
・オンライン教育が普通になる
・大学の生き残り競争の激化
・シェアリングは貧しい国にこそ必要になる

 

食に関しては「世界人口増加」によって、奪い合いになるかもしれません。(価格が高騰する)。そのため、特に肉は価格が上がるでしょう。

 

牛肉1キロのために、穀物が8キロ必要です。農産物を生産する人や土地が限られているので、肉の価値は非常に高くなります。そのため、人工肉のニーズは増えそうです。

 

また、日本では土地の価格が下がる(人口が減るので)ため、マンションや土地の価格は下がることが予測されます。

 

銀座などの一等地以外は価格が下がるでしょう。

 

そして、経済成長が見込めない日本では、他の先進国からすると「お買い得」な国になり、銀座の土地は外国人の所有になりそうです。

※経済が弱くなると、相対的に円安になる。=海外通貨で購入する場合は安く感じる。

 

教育についても「人口減少」によって、大学の生き残りが必要になり、テクノロジーの進化によって、オンライン教育がより拡大します。

 

私が着目しているのはこちらの2つです。

 

①人工肉
②教育者の仕事が破壊的に減る

①人工肉

食肉に関しては、2つの理由で人工肉に変わっていくと思います。

1.穀物の消費量が多すぎる
2.健康意識の高まり 

 

特に、牛肉は穀物の消費量が多いです。牛肉を必要としなければ、より多くの人が食料を手にすることができます。

 

焼肉の食べ放題で牛肉が食べられる時代も終わるかもしれません。

 

また、健康意識も高まっています。基本的には(大雑把に言えば)肉よりは野菜の方が健康に良い効果が期待できます。

 

環境意識・健康意識の高まりによって、人工肉のニースは増えていくはずです。

②教育者の仕事が破壊的に減る

f:id:koyoux:20201208210736j:plain

オンラインによる教育によって、教育者の雇用は破壊されるでしょう。

 

かつて、町に何人かの「歌い手」や「俳優」が居ました。なぜなら、ネット配信やテレビ、CDが無いため、生で消費する以外の選択肢が無かったからです。

 

教育についても、これまでは生(教師と生徒が同じ場所にいる)が普通でした。しかし、これからは、極一部の優秀な先生にしか、仕事はありません。

 

1.普通の先生から、授業を生で受ける
2.オンラインで超優秀な先生から授業を受ける

 

2番目の選択肢の方が選ばれるでしょう。現に、今でも通信教育が盛んですし、オンライン授業の場合は、生徒の費用負担を減らせます。

 

・1人の先生が30人に教える
・1人の先生が1万人に教える

 

どう考えても、生徒一人当たりの費用負担が少ないのはオンラインです。

 

一部の超富裕層だけが、直接教育を受けるようになると思います。

4.天災

f:id:koyoux:20201202180002j:plain

 日本はどちらかと言えば、天災が多い国です。

 

もちろん、そのおかげで豊かな景観や温泉があるのは事実です。

 

とはいえ、近いうちにこれらの天災が起こるリスクはあります。

 

・温暖化による飢餓
地震
・富士山の噴火
・水不足

 

2040年の未来予測でも書かれていますが、天災について、自分で考えて処理するしかありません。

 

・住んでいる地域
・家の構造
・持っている土地や車
・家族構成

 

など、様々な変数があるからです。大切なのは、シミュレーションを重ねて、安全策を持っておくことです。

 

災害用の持ち出しバックなどの準備も大切ですが(もちろん、玄関に置いておきましょう。)車や車庫など、自宅以外にも水や缶詰・毛布などがあると安心です。

 

また、自分の住んでいる地域のハザードマップの確認も忘れずにしましょう。

未来を生きるためには自己投資するしかない

f:id:koyoux:20201202175204j:plain

 ここまでご覧いただくと「漠然とした将来への不安」が生まれていると思います。

 

しかし、不安を持つことはノーリスクです。

 

人は誰しも、目の前に不安があると「知らんぷり」をしてしまいます。

 

心配に気付いていても、気付かなくても、問題は等しく起こります。しかし、その後の対応次第で、未来はいくらでも切り拓けます。

 

そのためには、自己投資(勉強・経験を積む)をして自分の能力を伸ばしておくべきです。

 

知識と経験は最強です。なぜなら、誰も奪うことができないからです。

 

まずは、知識を得て、見えなかったリスクが見える眼鏡(知識)を手に入れましょう。

www.yoblog.org

www.yoblog.org

未来にワクワクできる人になろう

f:id:koyoux:20201130220743j:plain

どんなに技術が進んでも、人にしかできないことがあります。

 

それは「前例がない事への取り組み」です。

 

コンピューターにより、超高速計算やデータ処理によって「過去からの予測」は機械の方が有利です。

 

ですが、前例がない(データが無い)状態なら、人の方優秀なはずです。※この辺の力をつけたい人は、こちらの2冊がおすすめ。

www.yoblog.org


 

 

2040年の未来予測で書かれている内容や変化について、私自身もわからないことばかりです。

 

でも、同時にワクワクしています。

 

新しい事へ適応できる人は、未来にワクワクできる人です。

 

私たちは、生まれた時(赤ちゃんの頃)「全く知らない世界」で過ごしました。

・言葉がわからない
・食べ物がわからない
・自分がわからない

 

それでも、社会に適応することができています。どんなに世界が変わっても、知らないことばかりでも、私たちは適応できると思います。

 

どうせ適応するなら、楽しく・ワクワクしながら適応してみませんか?

2040年の未来予測は20年間保管しよう

f:id:koyoux:20201209182828j:plain

いまから楽しみなのが、この2040年の未来予測という本を、2040年まで保管しておくことです。

 

それによって、予測がどこまで正しいか。がちゃんと検証できます。

 

もちろん、予測が外れていることに文句を言うつもりはありません。

 

単純に、興味本位として、人がどこまで未来を予測できるか。を検証してみたいと思っているからです。

 

「おっ、本当に空を飛んで移動する時代になった。」
「医療のAIは2030年には一般的になっていたな。」
「今でも、学校で先生が生徒に直接授業しているな。」

 

こんな風に、20年前の自分のことに思いを馳せながら、2040年を過ごしてみたいです。

 

そのためには、20年前に準備するしかありません。

「2040年の未来予測 書評」残酷な未来を知る勇気はあるか「まとめ」

今回は、2040年の未来予測。の書評でした。

 

今、話題の本。やはり、話題になるには理由があります。シンプルに読み物として、面白いです。

※個人的に一番のほめ言葉は「シンプルに読み物として面白い。」です。

 

・未来の変化を知る
・今の社会を知る

そういったことも大切ですが、読んでいて「面白いなー」と思える本を読むのが一番だと思います。

 

ぜひ、2040年の未来予測を読みながら、一緒に未来予想をしてみましょう。