ようの読書記録

読書家が考えるシンプルな暮らし

Amazon プライムデーのおすすめ本19冊。私が買った6冊【電子書籍】

年に一度のAmazonプライムデー。

 

基本的に、セールだからと言って買いこみ過ぎるのは、お金のたまらない買い方です。

 

www.yoblog.org

とはいえ、確実に今後消費をするものについては、まとめ買いが賢い選択になります。

 

その点、電子書籍をセールで買うのは正しい判断だと思っています。物は増えないですし、本はいつ読んでも良いからです。長期保存に向いています。

 

投資の基本は、安い時に買うこと。この機会に電子書籍をまとめ買いしてみませんか?

 

今回は、そんなAmazonプライムデーで開催している、電子書籍セールのおすすめ本を19冊と私が買った6冊をご紹介します。

※なぜ、中途半端に19冊を紹介するか。については、最後に触れます。

 

おすすめする本は、全て私が読んだことのある本です。スマホスクロースする手が痛くなるほど、検索しました。笑

※開催期間:2021年6月2日~22日

 

Amazonプライムデーでおすすめできる19冊の本

f:id:koyoux:20210506141004j:plain

さっそく、おすすめ本をご紹介していきます。

 

どの本も、定価で買って損しない本です。後半は小説です。

 

特におすすめな本は、タイトルの後ろに「☆」をつけておきます。

1.科学的な適職☆

まずは、鈴木裕さんの本を3冊。

 

仕事選びは、生涯でもっと重要な選択の一つです。人生で過ごす時間のほとんどは「仕事」だからです。

 

そんな仕事選びを科学的に正しく選ぶ方法がわかります。科学的に「良い職場」と「悪い職場」あなたは知っていますか?

 

2.最高の体調☆

健康管理なら、この1冊あれば大丈夫でしょう。

 

色々と間違いや、勘違いが多い健康法。何をするにも大切な体調。それを決めるのは、正しい知識です。

 漫画版もあるので、気軽に読みたい人はこちらから。

3.ヤバい集中力☆

何をするにも、集中力がないといけませんよね?

 

「もっと集中できれば、結果がでるのに」
「なかなか一つのことにのめり込めない」

 

それは、集中するための方法を知れば解決します。

 

4.人を動かす

古典です。教養として読んでおいても良いと思います。

 

長い期間売れ続けている本は、時代というフィルターを乗り越えています。

 

5.日本再興戦略

日本を再興するために何が必要か。落合陽一さんが考える、日本が再び力を持つための方法。

 

テクノロジーや教育をベースに、日本について考えることができます。

6.Winny

かつて、日本中が話題にした、Winny。その結末をご存じでしょうか?

 

若干脚色はあるかもしれませんが、事実に近いことを知れます。この本でわかるのは「テクノロジーへの拒否反応の残酷さ」です。

 

 

7.2025年人は買い物をしなくなる

人は買い物をするのですが、その方法が変わります。

 

個人商店⇒スーパー⇒百貨店⇒ショッピングモール⇒ECサイト

 

その次の変化について、考えることのできる本。

 

 

 

8.ファスト&スロー☆

行動経済学ならコレです。あらゆる行動経済学の本で引用されています。

 

とはいえ、少し内容が難しいので、チェンジする気概のある人だけ選んでください。

 

9.腸科学☆

腸内環境や腸内細菌は、これまで何も意識されていませんでした。

 

・食物繊維は腸内細菌の栄養になっている
・栄養の無い腸内細菌は腸の粘膜を食べている
・腸内環境が健康に大きな影響を与えている

 

では、その腸内環境を良くするにはどうしたらいいか。こたえはこの本にあります。

 

10.予想どおりに不合理

行動経済学でいえば、こちらもおすすめです。ファスト&スローよりは読みやすいので、最初のとっかかりにおすすめ。

 

11.お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方

こちらも長い間読まれている本です。

 

この本を読んですぐ、黄金の羽根を拾うことは出来ません。しかし、黄金の羽根を拾っている人について知れます。

 

12.RANGE☆

このブログでたびたび紹介している本。

 

もちろん、おすすめです。知識の幅の価値を知っている人。知らない人。その差は開くばかりです。

www.yoblog.org

 

13.投資で一番大切な20の教え

投資に関心がある人は、この本を読みましょう。

 

少し難しく感じるかもしれません。しかし、読み切れる知識とやる気がないと、個別株などへの投資はおすすめできません。

 

まずは、自分が投資に向いているか。それを試すきっかけにしてください。

 

14.多動力

ドンドン行動しようぜ。というメッセージがひたすら繰り返されます。

 

「最近行動力が減ってきた」
「チャレンジが苦手になってきた」

 

そんな人におすすめです。

 

 

15.作家の収支

全てがFになる。の森博嗣さんの本。

 

人気作家の収支について暴露している本です。

 

16.そして誰もいなくなった

ここからは、アガサ・クリスティーの名作3つです。

 

クローズドサークル系でいえば、この本が一番有名かと思います。

 

17.ABC殺人事件

こちらもアガサ・クリスティーさんの本。

 

18.オリエント急行の殺人

こちらもです。

 

19.新世界より

書店に行くと、良く特集をされているイメージ。

 

3部作ですが、全てセールしているので、この機会に読破してみましょう。ファンタジーが好きな人におすすめ。

Amazonプライムデーで私が買った6冊

f:id:koyoux:20210112223813j:plain

ここからは、私がプライムデーのセールで買った6冊をご紹介します。

 

6月22日まで開催なので、もう少し購入しておこうと思っています。

 

1.それをお金で買いますか

読み始めていますが、面白そうです。

 

あらゆるものが購入できるようになりました。世界では、日本以上に買えてしまうものがたくさんあります。

 

・一流大学への入学
・行列への割り込み
二酸化炭素の排出権

 

それは正しい事なのか。そんなことが考えられそうです。

2.ずる

予想どおりに不合理の作者の書いた本。

 

誰しもずるをします。ですが、その心理は複雑です。

 

3.孤独の価値

こちらは森博嗣さんのエッセイ。孤独を感じることの多い今。読んでみたい本。

 

4.頭をアイデア工場にする20のステップ

仕事もブログも、普段の生活も。

 

イデアはあらゆるものを解決する力だと思います。

 

5.やる気が上がる8つのスイッチ

やる抜く人の9つの習慣。が面白かったので、買いました。1時間あれば余裕で読める薄さ。

 

6.麦本三歩の好きなもの

佐野よるさんの小説。「君の膵臓を食べたい」の作者です。

 

なぜ、19冊紹介したのか

今回、紹介する本の数を20冊では無く、19冊にしたのは理由があります。

 

それは「ちゃんと選んだように見えるから

 

もちろん、今回は、時間をかけすぎた。と思うほどリサーチしました。とはいえ、それを伝えるのは難しい。

 

「このアプリによって、書類管理コストが20%節約できます。」

「このアプリによって、書類管理コストが19.8%節約できます。」

 

同じようなことを書いていますが、どちらがちゃんとしたデータに思えますか?

 

端数をあえて残す。ということは精度を示したりします。

www.yoblog.org

 

この辺については、影響力の武器を読めばわかります。

 

www.yoblog.org