ようの読書記録

読書家が考えるシンプルな暮らし

勉強

どうしてもやる気が出ないから、努力する気持ちになれる4つの原則を整理する。

やる気には、5つの段階があります。やる気が出始めている時期は良いのですが、一番怖いのは「減衰期」です。なぜなら、どこまでやる気が落ちるかわからないからです。私自身、現在やる気が減衰期に入っています。その対策として、努力をする気になる4つの原…

子どもが本を読まない時の対策のモチベーションUP方法全まとめ【親が出来る】

子どもにもっと本を読んでもらいたいな。そんな風に思う時はありませんか?読書は健全な趣味のイメージがありますし、将来にわたって大きな価値を与えてくれる習慣です。そんな「子供に本を読んでもらいたい」という要望を叶えるための方法を、年間200冊自発…

自己投資が最強な3つの理由。負けず・薄れず・自己成長【挫折しないで】

とにもかくにも、自己投資は大切だな。と思っております。その理由は3つあります。1.絶対に負けない唯一の投資2.価値が薄れない稀有な投資3.複利が期待できる自己成長効果。世界一運動神経の良い人でも、練習をしたうえで、世界一になっています。何をするに…

【自己成長】人生100年時代で一番重要なことは学び直しだと思う2つの理由【1.4%】

突然ですが、学校を卒業してから「学び直し」をしていますか。日本で調査された、25歳~64歳で、大学や大学院で学び直した、日本人の割合はどのくらいか想像してみてください。答えは、1.4%です。「えっ、そんなに少ないの」と思った人もいると思います。で…

【やる気】本が読み切れない理由はシンプル。興味のある本を選んでますか?

せっかくなら、本を読もう。そう思って、本を手に取ったのに最後まで読み切れない。そんな経験はありませんか?実際に、自宅で過ごす時間が長い今は、読書に限らず趣味を増やしたり、勉強をする良いチャンスです。これを力に変えるか。それとも浪費するか。…

【雑記】無知の知を知るために、宇宙について考えてみる【学び】

人間は、3種類に分類できます。①知識があると思っている②知識が無いと思っている③調べれば何でもわかると思っている。ですが、実際は②ですし、調べてわかることは、世の中の本のわずかです。今回はそんな無知の知について、宇宙をテーマに考えていきたいと思…

【特徴】知識がある人になるたった一つの方法【触れる情報の違い】

「同じように生活をしているのに、あの人知識があるな」そう思う人は、あなたのまわりにいませんか?それは、知識がある人が確実に触れている情報の特徴があるからです。そして、その情報に触れる頻度が低いからです。今回は、そんな同じように勉強していて…

資格試験なんて無駄だと思う私が、今年は資格を取りたいと思う5つの理由【民間資格】

個人的な意見ですが、資格を取るなら「国家資格」だと思います。なぜなら、同じ資格でも「国が認めた資格」と「民間で設定された資格」では価値が変わるからです。「民間資格に価値が無いの?」と聞かれればもちろん価値があります。私も最近、民間資格は良…

記憶の定着には検索学習による復習がベストな理由とおすすめ本【勉強法】

記憶の定着については、様々なアイデアがありますが、汎用性と記憶の定着率を考えると、検索学習がベストだと思います。検索学習は、復習の一種ですが、通常の復習よりも魅力的な選択肢です。なぜなら、圧倒的に記憶の定着効果が高い可能性があるからです。

内発的動機づけのやる気で読書量の自己ベストを目指す【読書量UP】

あらゆるモチベーションには2つの種類があります。①外発的動機づけ②内発的動機です。この中で、意識して磨くべきは内発的動機づけです。今回は、そんな内発的動機づけの身に付け方を5つご紹介します。

読書の理解力を向上させる本の読み方【自分のリズムで読む】

本を読む時に意外と忘れがちな「リズム」についてご紹介します。読書含む、文字を読む時にあなたはリズムを意識していますか?ここで言うリズムとは、文字を読む早さのことです。これまで何度か触れているように、速読にはメリットはほとんどありません。

知識を得る読書と考えるための読書【2つの読み方と違い】

読書には2つの読み方があります。それは、考えるための読書と、知識を得るための読書です。2つの読み方をマスターすれば、もっと豊かな知識と思考を手にすることができます。せっかくの読書、片方の読み方しかしていないのであれば、本の魅力は半減します。

難し過ぎる本を読んだ時に起こる消化不良3つのデメリット【専門書】

「この本難しいなあ」「作者のレベルが高すぎてついていけない」そんな風に思うことはありませんか?私はあります。難しすぎる本に出会い、消化不良になった時、3つの大きなデメリットがあります。今回は、そのデメリットと対処法についてご紹介します。

勉強している社会人が最強な訳【能動的に学ぶことのメリット】

社会人になった時、私が思ったのは「もう授業を受けなくていい」でした。一方、社会人になると学びたいことを、学びたいだけ勉強できます。しかし、以前ご紹介したように、日本人のほとんどは月に1冊も本を読みません。今回は、そんな社会人で勉強する人が最…

【読書のコツ】読書の集中力を高める3つのステップ【捨てる読書法】

今回は、読書のコツである「捨てる読書術」についてご紹介します。捨てる。と言っても、本を捨てることではありません。読書以外の選択肢を捨てることを、捨てる読書術と私は呼んでいます。捨てる読書術により、圧倒的な集中力と意志力を読書に向けることが…

失った自信を取り戻す3つの方法【ダニング・クルーガー効果を乗り越えろ】

ダニング・クルーガー効果についてご紹介します。あなたは自信を喪失する時はありませんか?また、思っていたよりも上手くいかなかった経験がある人もいると思います。何かを初めてすぐ、自信を失うのは普通です。それは、ダニング・クルーガー効果です。ダ…

【2つの学習環境】変化の多い社会で必要な知識を手にする方法【知識の幅】

今回は、学習効率UP方法です。普段から思っているのは、「学習」をする人はたくさんいるのに「学習方法」の勉強をする機会が少ない事です。また、社会の変化が大きい時こそ必要なのは「知識 」です。今回は、2つの学習環境から考える、必要の知恵を手に入れ…