ようブログ

読書家が考えるシンプルな暮らし

ブログ・読書用の机はスタンディングデスクがおすすめな3つの理由

ブログを書いたり、本を読む時、どんな体勢で行っていますか?

 

以前、読書の姿勢で触れたように、基本は3パターンだと思います。

①座る
②寝転ぶ
③立つ

www.yoblog.org

この中で私がおすすめしているのは、断然「立つ」です

・運動量が増える
・血流量が減りにくい
・内臓の負担が少ない
・眠くなりにくい
・腰や肩への負担が少ない

 

とはいえ、立ちながらブログを書いたり、本を読むには専用の机が必要です。※読書の場合は無くても大丈夫ですが、本が重いです。

 

そのため、スタンディングデスクを購入しました。

 

今回は、スタンディングデスクの魅力と、私が購入したスタンディングデスクのレビューです。

 

購入したのは、こちら。【タンスのゲン】

 

 

【スタンディングデスクがおすすめな人】
・テレワークがある
・自宅で読書や勉強をすることがある
・腰痛や肩こりがある
・集中力に自信が無い

 

なぜ、ブログを書いたり、本を読む時は立っている方が良いのか

f:id:koyoux:20201219110415j:plain

 まずは、立ちながら生活することのメリットです。

 

先ほど簡単に触れたのはこちら。

・運動量が増える
・血流量が減りにくい
・内臓の負担が少ない
・眠くなりにくい
・腰や方への負担が少ない

立ちながら過ごすことで、頭の回転が早くなる

「立ちながら頭脳労働するのは、効率が悪そう」

 

そう思うかもしれません。しかし、実際は立ちながらの方が生産性が上がる可能性があります。

 

その理由は、脳みそへの血流量が確保されるからです。

 

脳みそは非常に贅沢な臓器です。

・脳みその重量:約1.5kg
・必要とする酸素:全体の1/4
・使用する血流:2,000リットル
・必要とするブドウ糖:全体の1/2 ※脳はブドウ糖以外使わないため

 

これだけ多くのリソースが、脳みそには必要です。それらを運ぶのは「血流」です。

 

つまり、血流量が多くなる「立つ姿勢」が、頭脳労働にはベストと考えられます。

 

もちろん、ステッパーを使ったり、歩きながら読書するのもおすすめです。

偉人も立ちながら仕事をしていた

有名なところだとこちらの2人が、立ちながら仕事をしていたことで知られています。

 

・ヘミング・ウェイ
レオナルド・ダ・ヴィンチ

 

もちろん、偉人がやっていた=正しい方法。とは限りませんが、血流量の低下や、ついついだらだらしてしまう。などに気づき、立ちながら仕事をしたのかもしれませんね。

立つ生活は、健康にも良い効果が期待できる

f:id:koyoux:20201219110314j:plain

座っている時間が長いと、寿命への影響があるようです。

 

詳しくは、他のブログや書籍をご確認いただきたいのですが(健康関係は、信頼できる機関が発行している情報を基にしましょう。)座る時間は短い方が良いです。

 

私は、座っている時間を8時間以下にするように心がけています。

 

・食事
・休憩
・座って行う作業

 

これらの時間を考えると、ゆっくり座っていられる時間は少ないです。

 

そのため、ブログや読書など、一つの行動にかかる時間が長い作業を「立つ」ようにすることで、座る時間が減らせます。

スタンディングデスクと座り姿勢のバランス

スタンディングデスクがあるからといって、ずっと立ち続ける必要はありません。

 

座っている時間を減らすのは大切ですが、それ以上に意識したいのは「座り続ける時間」です。

 

もし、立っているのが大変な場合は、一時間に一度、立つ時間を確保しましょう。

 

もちろん、30分に一度の方が良いですが、それでは忙しいと思います。

 

あなたが、ちょうどいいと思うタイミングで、立つ時間を確保してみましょう。

スタンディングデスクを購入するメリット

f:id:koyoux:20201214182811j:plain

 ここまでは「立つ」という行為に対して、その魅力をご紹介してきました。

 

ここからからは、立つを実現するために、スタンディングデスクがおすすめな理由を3つご紹介します。


・椅子不要のため、スペースを取らない
・習慣化しやすい
・作業効率が上がる

 

スタンディングデスクは省スペース

まずは、場所を取らないところです。

 

私を含めて、多くの人は「部屋が余っている」ということは無いと思います。日本の地価は高いからです。

 

自分専用の机を用意しようと思うと、ある程度スペースが必要になります。

 

しかし、スタンディングデスクなら椅子が要らないため、省スペースです。

 

・普通の机:机の大きさ+椅子を置く場所
・スタンディングデスク:椅子の大きさ

 

デスクを使用していない時も、部屋に机しかないので、圧迫感がありません。もちろん、椅子を買わなくて良いことも魅力です。(お金がかからない)

立つ習慣を作りやすい

習慣化については、このブログで何度かご紹介しました。スタンディングデスクは、立つ習慣を作りやすい性質があります。

 

それは、「この場所にいったら、これをする」という、if then プランニングになりやすいからです。

 

if then プランニングとは「もし ○○になったら **する」というものです。

 

つまり「もし スタンディングデスクの前に立ったら 立ったまま作業する」になります。

 

if then プランニングについて、詳しくはこちらから。(人に働きかける習慣術で最強と言われています。)

www.yoblog.org

ブログや読書の効率が上がる

先ほどご紹介した「脳へのエネルギー補給」以外にも、スタンディングデスクにはメリットがあります。

 

・立っているのが大変なため、集中して進める気になる
・邪魔な情報をシャットアウトしやすい
・ダラダラ休憩になりにくい

 

「ブログを書いているのに、ついサボってしまう」
「ちょっとの休憩のつもりが、30分もyoutubeを見てしまった」
スマホが震えると、スマホに意識が行く」

 

そんなブロガーにもおすすめです。読書でも効果はありますが、作業効率の観点では、ブログや仕事に対して効果的です。

 

テレワークをしている人にも、もちろんおすすめです。

立っているのが大変なため、集中して進める気になる

f:id:koyoux:20201212113358j:plain

そもそも、立っている姿勢は座っているより大変です。

 

だからこそ「早く終わらせてゆっくりしたい」と考えるはずです。

 

結果、集中して終わらせる気になります。快適な作業場では、まったりするのが人情です。

邪魔な情報をシャットアウトしやすい

スタンディングデスクを置く場所にもよりますが、壁際に机を設置することで、無駄な情報をシャットアウトできます。

 

・目の前にテレビ
スマホが近くにある
・そばに漫画がある

 

こんな環境で、集中することは出来ません。

 

スタンディングデスクを「仕事」「ブログ」「読書」にだけ使うようにすることで、目の前の邪魔ものを排除できます。

ダラダラ休憩になりにくい

人の集中力は長続きしないもので、マックスの集中は20分程度と言われます。

 

私はまさにその通りで、20分程度しか集中できません。つまり、ちょこちょこ休憩を挟んでいます。

 

しかし、立ったままの休憩は楽では無いので、休憩時間が短めに終わります

 

私の休憩はこちら

YOUTUBEを5分見る
・部屋の中を歩く
・ラジオ体操をする
・ストレッチをする

 

休憩時間が減れば減るほど、効率は上がります。

私が買ったスタンディングデスクのレビュー【タンスのゲン】

 最後に、私が購入したスタンディングデスクのレビューです。

 

ここからは、サクサク行きたいと思います。

これまでは、キッチンカウンターで代用していた

これまで、私は立ちながら作業したいので、キッチンカウンターでブログを書いたり、読書をしていました。

 

しかし、その状態ではこんなデメリットがありました。

・目の前の景色が煩雑(目の前がキッチン)
・高さが微妙に低い(90cm)
・キッチンカウンターが散らかる

 

まず、立つ習慣を作るために、手ごろな物で代用するのもおすすめですが、スタンディングデスクによって、これらの悩みが無くなったのが最大の魅力です。

タンスのゲンスタンディングデスクの概要

・外寸:幅89×奥行45×高さ100(cm)
・重さ:12kg
・耐荷重:15kg
・色:ブラウンorオークorホワイト
・生産国:台湾
・自分で組み立てが必要

 

ちょうどいいサイズ感だと思っています。

タンスのゲンスタンディングデスクの良いところ

タンスのゲン天板の厚み

・デザインがおしゃれ
・造りがしっかりしている
・価格が安い
・省スペース

 

デザインは好みですが、私はシンプルで好きです。

 

また、造りがしっかりしています。

・厚めの天板
・ねじ締め部分の寸法がちゃんとしている
・安定感がある

 

また、価格も安く、私の購入時点では約7,000円で購入できました。楽天で購入したので、ポイントもついてお得でした。

 

スタンディングデスクの特性上、場所を取らないので、圧迫感も少ないです。

タンスのゲンスタンディングデスクの悪いところ

・コンセントの設置スペースが無い
・引き出しが無い
・高さが100cm
・天板に凹凸があるので、直接文字を書けない
・使っていると、がたつく時がある(対策アリ)

 

オフィス用のデスクにある、机の中に電源タップが入る仕様ではありません。網棚部分を活用して、電源を確保する必要があります。

 

また、引き出しや収納スペースはありません。個人的には、場所を取らないので、むしろ長所ですが、不便を感じる人もいると思います。

 

※収納スペース付きのモデルもあります。

 

最後に、高さが低い点です。一般的に、スタンディングデスクの高さは100cmが主流ですが、個人的には後10cm欲しいところです。※私は身長175cmです。

 

そのため、今は台を置いています。

 

また、天板が木目調のため、凹凸があります。直接文字を書くには適していません。

 

スタンディングデスクががたついた時

スタンディングデスクの足元

このボルトを緩めるとガタつきが抑えられます。

使っていて気づいたのですが、たまにがたつきを感じます。

 

そんな時は、デスク足(ボルト)をまわすことで解決します。※ボルトを緩める方向に手で回します。

 

デスクには、4つのボルトがありますが、それを一つずつ緩めます。

 

簡単に回るボルトががたつきの原因なので(ボルトが伸びる余地=隙間がある)これをまわすことで、簡単にがたつきを抑えることができます。

スタンディングデスクに追加したいアイテム

 スタンディングデスクに追加するなら、このアイテムです。

 

・カウンターチェア
・マット

 

カウンターチェアを置いたら、座りっぱなしになる。という人には本末転倒なので、おすすめできません。

 

しかし、私は休憩時間用にいつか買いたいと思っています。

 

あとは、マットです。立っているのは、足の裏への負担が大きいです。ヨガマットなどを敷くと、足の負担がかなり軽減できます。

 

立つ習慣を始めると「足の裏が痛い」となりやすいです。その対策として、マットはおすすめです。

 

わたしは、こちらの玄関マットを敷いています。

 

筋トレやHIITの時に使えるので、将来的にはヨガマットを買ってみたいですね。※HIITについては、こちらから。

www.yoblog.org

タンスのゲンスタンディングデスクの組付けは簡単(20分でできる)

最後に組付けです。

 

非常に簡単で、ブログ用の写真を撮りながらでも30分かからずにできました。私は不器用なので、早い人は20分かからずに組付けできるはずです。

 

・足に組み付けるボルト:4本
・網を組み付けるボルト:4本
・天板を組み付けるボルト:4本

 

計12本のボルトを組み付けるだけです。

 

スタンディングデスク組付け前

この状態で届きます。

 まずは、このボルトを足に組み付けます。

足用のボルト(4本)


 

スタンディングデスクにボルトを組み付ける図

手で組み付けます。

続いて、網を取りつけます。こちらを組み付けることで、自立します。

スタンディングデスクに網を取りつける図

寝かせた状態で組み付け

使うボルトはこちら

天板・網用のボルト

天板・網用のボルト

最後に、天板の取り付けです。

天板の組み付けの図

・対角線上に締める
・最初は緩く組み付ける
・なるべく手でしめる
・最後だけ、工具でしめる

 

この方法で組付けましょう。

 

完成するとこちらです。

スタンディングデスク完成形

 

作業スペースとしては、必要十分かな。と思っています。

 

ブログ・読書用にはスタンディングデスクがおすすめな理由。まとめ

今回は、ブログを書いたり、本を読むのにおすすめの机。「スタンディングデスク」をご紹介しました。

 

・健康に良い
・脳みそのパフォーマンスが上がる
・集中できる
・場所を取らず、価格が安い

 

作業効率を上げようとする時、人はついつい「モノのスペック」に投資します。

 

しかし、パフォーマンスを最も左右するのは、あなたの脳みそと体です。

 

もし、自宅で仕事や作業をするなら、買って損しないアイテムだと思います。

 

お家時間の運動量低下対策にもおすすめです。

 

お題「#新生活が捗る逸品」