ようの読書記録

読書家が考えるシンプルな暮らし

読書をする時はどんな姿勢が良いか【座る・うつ伏せ・寝る・立つ】

今回は、読書をする際にどんな姿勢で読むべきか。についてご紹介します。

 

読書は、そもそもの本を読むという行為を楽しめたり、勉強になることがあります。しかし「どの姿勢や恰好で読むべきか」については、悩むことがあると思います。

 

私もまだまだ悩んでいる所ですが、少しずつやり方のルールが決まってきたのでご紹介します。

 

「本を読むと疲れる」
「腕が疲れてしまう」
「読書中によく寝てしまう」

 

そんな悩みを解決していきたいと思います。

 

読書中の姿勢には、それぞれ良い点と悪い点があります。それを理解して本を読めば、今以上に集中できたり、疲れにくくなります。

 

ちなみに、読書を習慣化したい人はこちらをご覧ください。習慣化の方法を7つご紹介しています。

読書中の姿勢にはどんなものがあるか【4つの種類】

寝ながら本を読む女性

 まずは、読書中の姿勢についてご紹介します。

 

人によって、無限にパターンがあると思うので代表的?な物を4つ上げます。

 

1.座って読む

2.寝転んで読む

3.立って読む

4.歩きながら読む

 

基本的に最も多いパターンは「座って読む」だと思います。ですが、個人的には「立って読む」がベストだと思っています。

 

逆に、座ったり、寝ながら本を読むのはおすすめしていません。その理由はこのあと。

立ちながら本を読むのがベストな4つの理由

立ちながらメモを取る女性

では、先ほどお伝えした「立って読むのがベストな理由」を4つご紹介します。

 

①肩こりになりにくい

②眠くなりにくい

③脳みそに血が回る

④運動になる

 

立ち読みは肩こり対策になる

まずは、体の疲れの対策になる点が立ちながら読むメリットです。

 

座っていると、姿勢が固定されるので筋肉が緊張します。また、血流量も減ります。結果的に肩こりや腰痛の原因になります。

 

ケガの時以外には動いているくらいの方が、体にとっては自然なようです

 

座って本を読むと眠くなる

座って本を読むとついつい眠くなります。

 

立っていて眠くなることはほとんど無いので、読書効率の観点でもおすすめです。

 

・食後の眠気
・難しい本を読んでいる時の眠気

 

こういった、ついつい本を読みながら寝てしまうシチュエーションを避けることができます。

 

もちろん、立っていても眠い時はよっぽどなので、寝てくださいね。

頭の回転が良くなる

3点目は血流量です。座っている時よりも、立っている時の方が血流量が増えます。

 

座った体制では、体が曲がるので血の巡りも悪くなりがちです。

 

立ったまま本を読むことで、脳みそへの酸素供給量が増えて集中力を維持しやすくなります。

読書をしながら運動量を稼げる

最後に、立ちながら本を読むと運動量が増える点です。

 

座っている時に比べて立っている時は1.1倍程度カロリーを消費するようです。

 

本を読む時だけ立つだけでも、少しダイエットにつなげることができるかもしれません。

 

私は、ブログを書く時も立ちながら書いています。

www.yoblog.org

なぜ、座ったり寝ながら本を読むことはおすすめできないか

ソファーの上で寝る人

 座る・寝るの状態で本を読むことがおすすめできない最大の理由は「眠くなること」です。

 

私も座りながら本を読むことがありますが、そういう時は眠くなることが多いです。

 

せっかくの読書時間で、むやみに寝てしまうのは読書量が減るためおすすめできません。

 

どうせ寝るなら、しっかり睡眠時間が取れる寝方がおすすめです。

 

ちなみに、私は寝る前に本を読んで眠くなったら寝るようにしています。睡眠の質が上がった気がするのでおすすめです。

読書中の姿勢でおすすめの3パターン【選べる姿勢】

ピースする女性

とはいえ、毎回毎回立ちながら本を読むのは疲れます。同居している家族からも、変な目で見られます。

 

「立ちながら本を読みたいけど、つかれてしまう」

「ずっと立っているのは辛い」

 

そんな立って読書するのに抵抗がある人に、おすすめな方法は「立つ」と「座る」を順番に繰り返す方法です。

 

おすすめのパターンを3つご紹介します。

読書姿勢パターン1「ストイック」

まずは、最もストイックなパターンです。私はなるべくこのパターンで読書しています。

 

・立って読む時:80%

・座って読む時:20%

 

基本的には、座らないで本を読みます。そして、疲れた時に5分~10分程度座って本を読みます。

 

もしくは、椅子に軽く腰かけて、すぐに立ち上がります。

 

この方法が最も読書効率が高いと思いますが、体力的には一番キツイです。

読書姿勢パターン2「バランス型」

続いては、バランスパターンです。

 

・立って読む:60%

・座って読む:40%

 

多少、立ちながら読むことがベースとなります。イメージとしては30分立って読んだら、30分座って読みます。

 

時間の割合を自身の体調を相談しながら、大体1:1になるように調整します。

 

スマートスピーカーや携帯のアラームで時間設定すると、より正確にバランスが取れます。

読書姿勢パターン3「まずはここから」

最後のパターンは、基本的には座っているスタイルです。

 

・立って読む:5%

・座って読む:95%

 

基本的には、座って本を読みます。立ちながら読むのは、こんな時です。

 

・30分経過したら

・眠くなったら

・集中が切れたら

 

このタイミングで、数分程度立って本を読みます。この時に歩きながら本を読むと、より血流量が増えるので、おすすめです。

 

「立ちながら本を読むのが苦手」

 

こう思う人におすすめです。たった少しでも、やらないよりは確実に効果を感じれると思います。

読書をする時におすすめの姿勢「まとめ」

今回は、読書をする時におすすめの姿勢について整理しました。

 

今、座るか、寝ながらしか本を読んでいない人は「1分でも良い」ので、立ちながら本を読んでみてください

 

これまで以上に、すっきりした脳みそで読書が出来ると思います。

 

意外と、人は体を少し動かしている方が、疲れにくいです。

 

ソファーでぼーっとテレビを見ていると、体がだるくなるのは、体を動かさなすぎるせいです。

 

本を読んでいて、眠くなる・集中力が続かない。そう思う人は効果を感じれると思います。

 

ぜひ、自宅で立ち読みをためしてください。

www.yoblog.org