ようの読書記録

読書家が考えるシンプルな暮らし

読書の幅を広げる方法【図書館が最適だと思う4つの理由と活用方法】

PVアクセスランキング にほんブログ村

 今回は、読書の幅を広げるためには、図書館がおすすめな理由についてご紹介します。

 

「いつも同じような本を読んでしまう」

「同じ作者の本ばかり読む」

「新しい知識を取り入れたい」

「もっと、いろんなことに興味を持ちたい」

 

そんな人には図書館がおすすめです。理由はこちらです。

 

①普段買わない本を読める

②他者に影響されにくい

③乱読しやすい

④ジャンル縛りで本を読める

 

今回は、図書館の活用方法も含め、あなたの読書の幅を広げるきっかけを作りたいと思います。

 

 

図書館が読書の幅を広げる理由①「普段買わない本を読める」

本を読んでいる女性

図書館の最初の魅力は「普段買わない本を読めること」です。

 

当たり前ですが、図書館にはたくさんの本が置かれていますし、一般の本屋には無い本も置かれています。

 

また、無料で何冊も借りれるので「一冊くらい変わった本を借りてみよう」と思いやすいです。

 

本屋さんで購入する時に、10冊買うことは難しいですが、図書館なら可能です。

 

その中の1~2割程度なら、いつも読まない本をラインナップに加えやすいと思います。つまり、チャレンジがしやすい環境が整っています。

 

図書館が読書の幅を広げる理由②「他者に影響されにくい」

図書館はネット・実店舗の本屋と比較して「おすすめ本が少ない」というメリットがあります。

 

図書館では、本は平等です。

 

お店では「○○特集」「人気ランキング」「店員おすすめ」などのポップがあり、つい、そういった情報に誘導されます。

 

一方、一部のコーナーを除き、図書館でおすすめ本はほとんど紹介されていません。

 

そのため、他の人の影響を受けずに本を選ぶことができます。結果的に「売れている本」以外の本を読みやすい環境が整っています。

図書館が読書の幅を広げる理由③「乱読しやすい」

図書館では、たくさんの本を借りることができます。

 

そのため、たくさんの本を一気に借りて、一気に読むことができます。

 

こちらでもご紹介しましたが、「面白いと感じない本は読まなくていい」です。図書館なら、無料でいつでも借りれるので、乱読の環境が整っています。

 

たくさんの本と出合いやすい環境が、図書館には整備されています。

図書館が読書の幅を広げる理由④「ジャンル縛りで読書できる」

「新しい本と出会いたいけど、どんな本を選べばよいかわからない」

 

という人にも、図書館はおすすめです。図書館ではこんな風にジャンル分けされていると思います。

 

・小説

・生物

・工業

・心理学

・哲学

・経済

・地域

・政治

 

等々、大きなジャンルで本が選ばれています。

 

そのため、気になるジャンルをいくつか選び、その棚から本を借りれば、自然と幅広く本を読みことができます。

 

例えば、今日は「政治」「哲学」「生物」に関する本を1冊ずつ借りる。など、事前に決めておくと計画通りに読書の幅が広がります。

 

※この方法は大型書店も活用できます。

図書館をもっと楽しむ3つの活用パターン

最後にご紹介するのは「図書館の活用方法」です。

 

図書館ならではの特徴を活かして、こんな風に図書館を活用してみてください。

 

図書館おすすめの活用パターン1「お気に入りの本を探す」

最初におすすめのパターンは「お気に入りの本探し」です。

 

図書館なら、一冊まるまる試し読みができます。その特徴を活かして「最高に気に入った本を探す」ことをやってみましょう。

 

私も、図書館でたくさんの本を読み、気に入った本を購入するようにしています。最新の人気本は借りれないので、読む前に購入が必要です。

 

しかし、超人気本以外なら、図書館で試し読みして、気に入った本だけを買うことができます。

 

図書館おすすめの活用パターン2「廃盤の本を探す」

続いてのおすすめパターンは「廃盤の本探し」です。

 

図書館では、古い本もたくさんあります。そのため、ネットでも購入できない本を読むことができます。

 

「古いけど良い本」

知名度は低いけど、面白い本」

 

こういったものを探しやすいのも、図書館の魅力です。

図書館おすすめの活用パターン3「地元の本を探す」

最後におすすめのパターンは「地元の本探し」です。

 

図書館では、地域に関する本も取り扱っているので、ネットでさえ見つからないような本があります。

 

是非、今後図書館に行ったら「郷土コーナー」に行ってみてください。

 

自分の住んでいる場所を知れば、もっと地元が好きになるかもしれません。図書館だからこそ出会える本が、そこにあります。

読書の幅を広げる図書館活用方法「まとめ」

今回は、読書の幅を広げるための方法として「図書館」をご紹介しました。

 

ECサイトや書店には無い魅力が図書館にはあります。

 

せっかく税金を納めているなら、図書館を利用しない手はありません。もちろん、自分のお金で買う本の魅力は計り知れません。

 

それでも、図書館には図書館ならではの魅力があると思います。