ようの読書記録

読書家が考えるシンプルな暮らし

僕がkindleアンリミテッドを2年ぶりに再契約した3つの理由【コスパはあなた次第】

PVアクセスランキング にほんブログ村

読書が好きだとどうしても気になるのが「本にかかるお金」です。

 

読みたい本をいくらでも買えるのであれば苦労しませんが、現実問題としてそれは不可能です。

 

・実用書一冊2,000円
・文庫本一冊:800円

 

月に1冊しか本を読まないのであれば、問題ありません。しかし、このブログで推奨している、月に4冊を目指すと、それなりの金額になります。

www.yoblog.org

 

だからこそ、読書のサブスクであるkindleアンリミテッドには魅力があります。

 

とはいえ、万人におすすめできるサービスでは無いと思います。

 

私も、一時期加入していましたが、一度解約しました。そして、キャンペーン期間中に再契約し、今は続けています。

 

今回はご紹介することはこちら。
・私がkindleアンリミテッドを再契約した理由
kindleアンリミテッドのメリットとデメリット
・契約すべき人、しなくても良い人
・私のkindleアンリミテッドの使い方

僕がkindleアンリミテッドを再契約した3つの理由

f:id:koyoux:20210515121439j:plain

まずは、私がkindleアンリミテッドを再契約した理由について触れます。

 

最初のきっかけは、月99円のキャンペーンでしたが、継続契約にはこちらの3つが関わっています。

 

1.本を読むのが楽になる
2.アンリミテッドで読める良書が増えた
3.ブログと相性が良い

1.本を読むのが楽になる

まずは、本を読むのが楽になります。

 

・経済的負担
・時間の負担
・移動の負担

 

これらが、大幅に軽減されました。

 

実用書一冊買う値段で、約2か月契約できます。年間200冊の読書を目標にしている私にとっては、非常に魅力的です。

 

また、図書館なら無料で本を借りることができますが、時間がかかります。もちろん、移動が必要になります。

 

健康のため、なるべく図書館まで自転車移動していますが、夏や冬。季節が厳しい時ほど、kindleアンリミテッドのありがたみがわかります。

 

こういったデメリットを月1,000円程度の金額で解決できるのが、私にとってはコスパが高いと思いました。

2.アンリミテッドで読める良書が増えた

ここからは、個人の感想ですが、kindleアンリミテッドで読める本の質が上がった気がします。

 

簡単に言えば、図書館で予約待ちを何か月かしないといけないような本が、kindleアンリミテッドで読めるようになっている気がします。

 

無料だったり、サブスクならお得。ということはありません。ただ、求める本が読めるかどうか。それが問題です。

3.ブログと相性が良い

この辺は、いつか書きたいブログネタですが、電子書籍とブログは相性が非常に良いです。

 

・ハイライトをつけた場所だけ検索できる
・単語で検索が出来る
・メモを手軽に残せる

 

正直、書評ブログを書くなら、電子書籍の方が楽かな。と思っています。

 

例えば、検索機能を使えば「この本に、ピカソの作品数の表現があったなあ。」と思った時。"ピカソ"を入力すれば、ピカソに関する場所が検索できます。

 

単純なことですが、非常に便利です。もちろん、読書効率も上がります。

 

そういった意味で、私にはコスパが高いです。

kindleアンリミテッドのメリット

f:id:koyoux:20210515121536j:plain

ここからは、多くの人が感じれるkindleアンリミテッドのメリットをご紹介します。

 

・価格が安い(月額980円)
・読める本の数が多い
・契約開始と解除がカンタン
・いろんなデバイスで読める

 

良い本が一冊見つかれば、それだけで元が取れる設定です。

 

ちなみに、個人的には「100冊読んだから、一冊10円以下」みたいな考え方は間違っている気がします。

 

あくまで、良い本(買っても良いくらい価値を感じる本)を読まなければ意味が無いので、価格と本の数だけで判断すると失敗します。

 

とはいえ、手軽に契約できて、スマホでも、パソコンでも読める便利さは、流石Amazon。という印象。

 

まずは、無料お試し期間を活用して、使い勝手や相性を判断してみるのがおすすめです。

kindleアンリミテッドのデメリット

f:id:koyoux:20210304203249j:plain

続いて、kindleアンリミテッドのデメリットをご紹介します。

 

・新刊は読めない場合が多い
・漫画を読むには不向き
・読みたい本が決まっている場合は不向き
電子書籍でしか読めない

 

基本的に、本のサブスクの場合「紙で売れにくくなった時」に対象になる場合が多いです。

 

出版側としては、紙の本で売った方が利益が出るので当然です。つまり、新刊の本を読むことはほとんどできません。

 

新刊本には、先行者利益があるので、kindleアンリミテッドだけの読書だと少しもったいないかもしれません。

www.yoblog.org

また、漫画もラインナップが少なかったり、最終巻まで読めない場合が多いです。漫画目当てで契約する必要は無いでしょう。

 

最後に、読みたい本だけ読みたい人には合いません。

 

「経済学についてなんとなく知りたい」

 

こんなニーズには、kindleアンリミテッドは合います。特定のテーマで本を探すなら、ある程度選択肢が残っています。

 

「ヤバい経済学を読みたい」

 

このように、特定の本を読みたい場合は、kindleアンリミテッド対象外の可能性があるので、おすすめできません。

Amazonprime会員なら、ある程度は読み放題

念のため、触れおきますが、prime会員の時点である程度の本は読み放題です。

 

prime会員についてくるオマケと侮れないほどの本が読めます。

 

もし、prime会員になっているなら、まずは、prime reading(プライム会員用のサービス)を試してみましょう。

 

これなら、追加費用無しで、本のサブスクが可能です。

kindleアンリミテッドを契約すべき人は

f:id:koyoux:20210423182308j:plain

ここまでご紹介してきた特徴を加味すると、こんな人にkindleアンリミテッドはおすすめです。

 

・乱読で読書量を増やしたい
・読みたい本は実用書や小説
・興味の範囲が広い
・月に一冊以上気になる本に出会える人

 

繰り返しになりますが、読める本が多い=コスパが良い。ということではありません。

 

あなたが読みたいと思う本、それも買っても良いと思える本に、月1冊以上出会えないのなら、意味がありません。

 

なんとなく眺めるように、月5冊読むだけなら、契約しなくて良いでしょう

 

とはいえ、興味のある分野がたくさんあって

「今日は心理学について知りたい」
「この作者の他の本が読みたい」
「とりあえず、おすすめ本を読んでみよう」

 

このように本を選べる人におすすめです。繰り返しになりますが、まずは試してみましょう。

 

・無料お試し期間
・○○か月お得

 

このような時期は定期的にあるので、その際に試しましょう。いきなり980円で契約するのはもったいない気がします。

www.yoblog.org

私の使い方

f:id:koyoux:20210127185110j:plain

最後に、私の使い方です。

 

kindleアンリミテッドでは、10冊までダウンロードできます。

 

そのため、定期的に掲載されている本を眺めては、とりあえずダウンロードしています。

 

サブスクサービスで気を付けるべき点は「機会損出」です。

www.yoblog.org

 

つまらない本を読む30分は、面白い本を読む30分を犠牲にすることになります。

 

まずは、何ページか読んでみて

・読むのを辞める
・飛ばし読みでポイントだけ読む
・じっくり読む

 

この3パターンの選択を行っています。

 

こういった考え方については、こちらを参考になるかもしれません。

www.yoblog.org

www.yoblog.org

 

なにわともあれ「キャンペン中に」試してみてはいかがでしょうか。