ようの読書記録

読書家が考えるシンプルな暮らし

【悩み】人間関係術って難しすぎる。私はこうして折り合いをつけています。【嫌われたくない】

人間関係に悩みのない人はいません。(いたら教えてください。)

 

いろいろと、人間関係に関する本を読んだり、自分で試しながら今に至ります。しかし、人間関係はどうしても正解がわからない。

 

正解がわからない。というよりは、正解が無いのが正解だと思っています。

 

もともと内向的な私ですが、社交的に振る舞うことはできるようになりました。

 

しかし、考えれば考えるほど、人間関係術は難しいです。そして、社交的に振る舞えても失敗をすることは多々あります。

 

今回は、そんな私の悩みを割と赤裸々に吐露します。

 

・人間関係術ってなんで難しいのか
・自分にあった人間関係術とはなにか
・どうやって、正解が無い正解に折り合いを付けるか

 

この3本立てです。最後におすすめ本もご紹介します

人間関係術にはある程度の正解がある

f:id:koyoux:20210628185008j:plain

 そもそも論でいえば、人間関係を作るための正解に近い方法はあります。

 

詳しくは、このエントリーをご覧いただきたいのですが、特におすすめの方法はこちらです。

www.yoblog.org

 

・自分らしく振る舞える場所で会話する
・共通点を探し出す
・弱みをさらけ出す

 

こういったことを心がけるだけで、ある程度人と良い関係を築くことができます。 

統計外の人に出会うと大変

f:id:koyoux:20210716190817j:plain

先ほど、人間関係には「ある程度」正解がある。という表現をしました。ある程度という表現をしたのは、統計外の人がいるから。です。

 

「この表現をすれば完璧」
「誰とでも信頼関係が築ける」

 

そんな方法はありません。いくつかの選択肢の中で、最も可能性が高い方法があるだけです。

 

だからこそ、人間関係術を勉強してチャレンジしても失敗する場合があります。

 

人はそれぞれ違いますし、シチュエーションや気分によっても変動します。

人間関係術には、人それぞれ適正がある

f:id:koyoux:20210516105423j:plain

人間関係術と一言でいっても、そのアプローチは多々あります。

 

・共感をメインに、人を否定しない
・率直な意見を述べて、リーダーリップを発揮する
・与える人になり、感謝される

など、人間関係を築く方法はたくさんあります。

 

では、あなたや私はどんな方法を取るべきでしょうか?

 

答えは「自分の長所や特徴を活かす人間関係術を採用する」です。

 

つまり、内向的でお人よしの人が

・強くて頼りがいのある、マッチョな人

 

を目指すのは非常に難しいです。

 

ラソンランナーが、相撲をしているようなものです。

 

何かに優れている。ということは、何かに劣っています。

 

結果「なりたい自分」と「自分の特性」とのギャップに苦しむ。ということが、人間関係術を知っているほど陥る症状です。

トレードオフが悩ましい

人間関係術に、複数のアプローチがあり、その適正は人それぞれ。ということをお伝えしましたが、それ以外にもトレードオフ。という問題もあります。

 

例えば

・強い人=部下には慕われるが、同僚とは距離が出来る
・優しい人=たくさんの人に愛されるが、自己主張がしにくい

 

など、どの選択肢(人間関係のアプローチ)を選んでも、必ず失うものがあります。 

 

何かを選べば何かを失う。トレードオフは人間関係においても付きまとう問題です。

www.yoblog.org

全てを求めることはできない「万人に好かれる人は居ない」

f:id:koyoux:20210506141040j:plain

つまり、人間関係において、全てを求めることは出来ません。

 

たとえ、みんなの憧れの人でも、心のどこかで孤独を抱えています。

 

それは、100人の村だとしたら、99人に好かれても、1人には好かれない。という現実があるからです。

 

どの選択肢を選んでも、誰かに好かれない。それが事実。

美人で仕事が出来る人は嫌われる?

f:id:koyoux:20210716190914j:plain

目を見張るような美人。仕事も出来る。そんな人はかっこいいですよね?

 

しかし、統計的には美人でバリバリ仕事が出来る人は

・傲慢
・わがまま
・鼻持ちならない

 

などという、感想を持たれる場合があります。(不思議です。)

 

理由として想像できるのは、未だに女性は献身的で、他人を支えるのが理想。と思っている人が一定数存在するからです。

 

見た目も、脳みそもハイスペックでも、人に嫌われることがあります。

 

※この辺の悩みを持つ人は、この本が支えになるかもしれません。

www.yoblog.org

それでも、僕は嫌われたくない

そんな現実を知っている(知識をしてある)私ですが、それでも人から嫌われたくないな。みんなに好かれたいな。と思うことがあります。

 

合理的な思考と感情は相いれない存在です。

 

全てのものが壊れることを知っていても、お気に入りの車や服が傷んだ時は悲しい気持ちになります。

 

それと同じように、手にすることができないとわかってる、好感についても同様です。

 

つまり、僕は嫌われたくないという感情を捨てられない。という悩みを持っています。

www.yoblog.org

前向きに好かれることを諦める【人間関係への悩み対策】

f:id:koyoux:20210429183546j:plain

最後に、対策です。

 

人に嫌われるのが怖い私ですが、前向きに諦めることにしています。

 

世界中の人から好かれることができなくても、好きな人から好感を持たれなくても、それでも私たちは誰かから愛を受けています。

 

それは、親かもしれないですし、パートナーかもしれません。学生時代の友人や後輩、職場の先輩かもしれません。

 

トレードオフは、失うことばかりに着目してしまいますが、確実になにかを得ています。

 

私たちに必要なのは、失ったもの(好感)を数える代わりに、目の前にある友人の優しさやぬくもりを感じること。

 

私はそう思っています。

 

その代償として、人に嫌われているとしても、それでもいいんじゃないかな?

 

幸せは感じるものでは無く、見つけるモノ。何事にも、良いところを探す。

 

難しすぎる人間関係について、今の結論はそれです。

人間関係に関するおすすめ本 

最後に、おすすめ本のコーナーです。

 

悩みごとに、5冊ご紹介します。(もちろん、全ての本を読み、おすすめできると判断しています。)

人間関係術を知りたい「最強の人間関係術」

人間関係術については、幅広く知れます。統計的に裏付けのある情報が多いので、懐疑的になりがちな人におすすめ。

 

雰囲気だけの人間関係術本とは、一線を画す本です。

内向的な自分や繊細な自分に悩んでいる「鈍感な世界に生きる敏感な人たち」

内向的だったり、繊細過ぎる人。そんな人は、自分が繊細なのではなく、周りが鈍感。

 

そんな風に考えることもできます。

 

精細さを活かしつつ、鈍感な社会で生きるヒント。

女性ならではの人間関係やキャリアに悩みがある「LEAN IN」

女性のキャリアウーマンが書いた本。※フェイスブックCOO

 

女性ならでは、大変さ。女性がどうやって男社会で生きていくか。そんなことへのアイデアをもらえる本。※男性も読むべき。

オンラインの人間関係が苦手「オンラインでの伝え方ここが違います」

オフラインの打ち合わせが減っているからこそ、重要な本。

 

オンラインならではの人間関係術を知れます。仕事でweb会議をする人は、読んで損しない本。

オンラインコミュニケーションスキルが必要な3つの理由【オフラインの人間関係術】 - ようの読書記録

嫌われたくない「嫌われる勇気」

言わずと知れた、嫌われる勇気。人に嫌われるのは、自分らしく生きている証拠。

 

嫌われたく無くても、どうせ嫌われることがあります。

 

なら、その現実に立ち向かう勇気と知識を持つ方が効率が良いでしょう。

 
以上です。共感してもらえる場所が一つでもあれば、嬉しいです。