ようの読書記録

読書家が考えるシンプルな暮らし

【読書】仕事の悩みの解決策は99%書籍に書かれている【新入社員】

仕事をしていると、悩みばかりが増えますよね?

 

特に、異動になったり、新しい職場で働くことになった時、思いもよらぬ悩みが生まれます。

 

・人間関係
・仕事
・ストレス
・時間術
・パソコン操作
・報告、会話

 

くよくよと、自分の頭で考えても、なかなか正しい答えには出会えません。

 

だからこそ、仕事で悩んだら本を読むことをおすすめします。なぜなら、あらゆる悩みの解決策は、本に書かれているからです。

 

1日200冊以上が出版される日本の本。完璧に合致することは無くとも、悩みのほとんどの解決策は、そこに書かれています。

 

仕事の悩みは多岐にわたる

f:id:koyoux:20201226230621j:plain

仕事の悩みは非常に根深く、多岐にわたりますよね。

 

「こんなの前例が無いからわからない」
「どんなに頑張っても上手くいかない」

 

そんな風に思うことがあります。仕事とは、付加価値を生み出すことです。つまり、簡単にできたり、誰でもできる仕事はありません。

 

だからこそ、どうしたらいいかわからない状態に陥りやすいです。

www.yoblog.org

 仕事の悩みの99%は本に書かれている理由

f:id:koyoux:20210119221424j:plain

そんな仕事の悩みですが、ほとんどの問題は読書で解決できます。

 

もちろん、一冊、二冊の本を読むだけで解決できる訳ではありません。また、悩みそのものが、本に書かれていることはありません。

 

・3C分析について知りたい

 

この程度の問題であれば、いくらでも解決策を示す本はあります。

 

しかし「自社の強みを認識して、他者に追従できないブランディングをしたい」

 

こんな複雑な悩みの場合は、解決策を生み出すことが非常に難しいです。

 

それでも、こんな本を読むことで問題解決の糸口がつかめます。

コンサルティング関係
・他社のブランディング実績
・心理学
・バズりの方程式
・データ分析やデータマイニング

 

「これは新発見だ」

 

そう思ったことのほとんどは、すでに誰かが思いついていて、すでに量産化していたりします。

 

同じように「こんな悩みは初めて」と思ったことでも、すでに先人が悩んで解決策を示してくれています。

 

巨人の肩に乗る。という言葉の通り、あらゆる知識や知見は過去の巨人が生産しています。

 

それらの情報を活かすことができれば、新しい問題への対処法を生み出すことが出来ます。

 

「そんな簡単じゃないでしょ」そう思う人は、この本がおすすめです。

悩んだ時は読書がおすすめな理由

f:id:koyoux:20201221225342j:plain

・ブログ
・動画配信
・公演

 

など、あらゆる情報ソースがあります。そんな中でも、私が「本」をお勧めする理由は3つあります。

 

・成長を感じる(前進している感覚)
・解決策を知れる
・穏やかな時間を過ごせる

 

もちろん、最後は好みの問題になるので「自分は動画配信の方があっているな」と思うのであれば、その選択肢で問題ありません。

 

今回伝えたいのは「悩んだら、知識を得るのがベスト」です。手段や達成ルートはなんでも良いと思います。

成長を感じる(前進している感覚)

人が前向きな気持ちになれるのは「前進している感覚」があるからです。

 

どんなに素晴らしい状態にいたとしても、変化を感じれないのであればあまり価値を感じれなくなります。

 

つまり、成長を感じたり、変化を感じたりすることです。

 

それができると、仕事で悩んでいても少しだけ気持ちが楽になります。

解決策を知れる

先ほどからお伝えしているように、本はあらゆる知識を授けてくれます。

 

結果的に、問題解決の方法を知ることが可能です。

穏やかな時間を過ごせる

f:id:koyoux:20201216224921j:plain

最後に、穏やかに時間を過ごすことが出来ます。

 

読書で使う五感は、ほぼ視覚のみです。また、慣れ親しんだ場所で読むことができます。

 

結果的に読書なら、おだやかな時間を過ごすことができるので、仕事に悩んでいる時にはおすすめです。

 

「辛い時は、刺激が欲しい」

 

そんな人は、公演や討論会などの場に参加するのも一つの手です。

 

内向的な人:自宅で出来ること
外向的な人:人と関われること

 

このような判断基準で選ぶのがおすすめです。※外向性は場所や環境によって左右するので、一概には言えませんが。

 

仕事の悩みにおすすめの本

最後に、仕事の悩みにおすすめの本を5冊ピックアップします。

 

人間関係

 統計的な手法で生み出された、人間関係術

 

・人への影響を与える
・自分のコミュニケーション能力を高める

 

そんな方法について知れます。

www.yoblog.org

ひらめき

イデアとは、偶然生まれるモノではありません。意識的に、生み出すものです。

 

そのために必要なステップについて1時間で知れます。

 

継続力

継続は力なり。誰しもが理解しているのに、実行できる人はほとんどいません。

 

やり抜くために必要なのは、9つのステップです。その方法について、知れる本がこちら。

 

文章術

おそらく、誰しもが文章を書くという行為をしています。

 

・メール
SNS
・ブログ
・報告書

 

だからこそ、文章術について知っておくことには価値があります。

 

一生使うスキルだからこそ、一生学び続けるべきだと思います。

 

勉強法

誰しも勉強をしたことはありますが、なぜか勉強法だけは独学で行っています。

 

勉強法を知ることは、時間当たりの効率を上げることと同じです。もしくは、賢くなることと同じです。

 

100時間の勉強をした時、勉強法を知っているのと知らないのでは、雲泥の差があります。

 

仕事の悩みの解決策の99%は書籍に書かれている【まとめ】

f:id:koyoux:20201214204257j:plain

 今回は、仕事の悩みの解決はほとんど読書で実現できることについてご紹介しました。

 

働くことは非常に大変です。にも関わらず、私たちは、人生で最も活力のある時間を「労働」に捧げる必要があります。

 

そのため、ほんの少しでも働くことが楽になるように努力するだけで、大きな恩恵を得ることができます。

 

悩んだら、本を読んでみる。

 

この習慣は、働き方を改革するはずです。

 

【関連記事】

www.yoblog.org

 

www.yoblog.org