ようの読書記録

読書家が考えるシンプルな暮らし

結婚や出産をしたら妻や夫が変わる理由は経済学で説明出来る。「不満の理由」

PVアクセスランキング にほんブログ村

「結婚してください。」

 

「はい。」

 

結婚をしたいと思っている、多くの男女が夢を見る瞬間がプロポーズだと思います。

 

結婚前には両目を開いてみよ。結婚後は片目を閉じよ。(トーマス・フラー。英神学者

 

この言葉を胸に刻み、結婚を申し入れても(受け入れても)「結婚してから妻(夫)が変わったよ。」と感じる人は多いと思います。

 

あなたも、結婚してからこんな風に思うことはありませんか?

「今まで文句を言わなかったのに。」
「趣味を自由にさせてくれると思ったのに。」
「料理を美味しく食べてくれていたのに。」
「ちょっとしたことで怒られるようになった。」

 

この変化は経済学的に考えれば「当たり前」かもしれません。という話をします。ゲーム理論で効用を比較すれば。

 

・結婚をしている人
・今後結婚をしたい人

 

現実とその理由をご紹介します。

 

経済学的に。というテーマなので、少しドライな表現もありますが、あくまで傾向値として、気軽に読んでください。

このブログで分かること1.結婚をすることで最も変化すること。
2.妻や夫が変わる理由と根拠。
3.どんな夫婦を目指すべきか。

 

参考書籍はこちらです。

結婚をすると、妻や夫が変わる理由「ゲーム理論

ウェディングドレス

結婚をしたことによる、最大の変化は何だと思いますか?

 

「一緒に生活する。」
「お財布が一緒になる。」
「公の場に夫婦として出席する。」

 

違います。正解は「分かれるために必要なコストが増える。」です。

結婚とは、関係解消に必要なコストが増えること

交際中(未婚)の時、結婚と比べると別れるのは簡単です。LINE一つで関係を解消することさえできます。

 

一方、同棲をしていると、別れるコストは増えます。

 

家具の配分、引っ越し、新居探しなど、別れるために必要なコスト(手間・時間・お金)が増えます。

 

そのため、結婚前の同棲はダラダラと付き合う関係になるリスクもあり、おすすめできません。

※この辺については、こちらで詳しくご紹介しています。

www.yoblog.org

結婚は、同棲以上に関係解消のコストが必要になります。

 

・離婚届の提出
・住居
・家具の配分
・名前の変更
・各種名義変更
・知人への連絡
・親や親せきと気まずい

 

等々、挙げればきりがありません。

 

離婚するのは、心身共に大変です。つまり、結婚による最大の変化は「関係解消が大変」と考えることができます。

 

関係解消のコストは、交際<同棲<結婚。です。

結婚後夫や妻はこんな風に変わる可能性があります。

モノクロ夫婦

では、結婚して関係解消のリスクが増えた時、妻や夫はどのように変わるのでしょうか?

 

大きく2つの方向性があります。(悪い方の変化のみ記載しています。)

1.結婚後は小さな不満を言いやすくなる

まずは、「小さな不満を伝えるようになる。」という変化です。

 

関係解消のコストが高くなるなら、相手を変えるコストの方が相対的に低くなります。

 

例えば、付き合っている時の関係解消コストと、相手に文句を言うコスト(負担)はこちらです。※大変さのイメージを数字で示しています。

・関係解消:2
・相手に文句:4

 

一方、結婚後はこのようになります。

・関係解消:9
・相手に文句:4

 

どうでしょうか?合理的に考えれば、嫌なことを相手に伝えるようにする方がお得ですよね?

 

離婚して、他の人と結婚する大変さよりは、相手に変わってもらう方が楽に感じます。

 

つまり、結婚すると、付き合っている時以上に不満を言われる頻度が上がります。

2.結婚後は相手が努力をしなくなる

f:id:koyoux:20210820183240j:plain

関係解消コストが自分も相手も高い。

 

この場合は「自分の関係解消コストが高い。」と思っている人は、相手に変化を求めるようになります。(最初の変化)

 

逆に「相手の関係解消コストが高い。」と思っている人は、フラれるリスクが低くなるので、努力をしなくなります。

 

・家事をしなくなる
・身だしなみを気にしない
・生活習慣が乱れる

 

など、これまで相手に良く思われるように努力していたことを、辞めてしまう可能性があります。

 

これも、フラれるリスクと、努力する手間を比較すると「フラれるリスク<努力する手間」となるからです。

 

もちろん、全ての人が合理的な訳でもないですし、リスク許容度は人によって異なるので、傾向値です。

余談:コストの定義

ここで伝えているコストとは、時間・手間・お金などのわかりやすいコストだけではありません。

 

・寂しい気持ち
・恥ずかしい気持ち
・悲しい気持ち
・恐怖

など、感情面の負担もコストととらえています。

 

一言でいえば、大変さ。と思ってください。

www.yoblog.org

子供が出来るとパートナーはもっと変わる。

f:id:koyoux:20210818183912j:plain

「えー。結婚って大変だなあ。」

 

そう思ったかもしれません。そんな人にはさらにバットニュースがあります。

 

それは「子供が出来るとさらに変わるよ。」ということ。

 

それもそのはずで、結婚以上に関係解消のコストが増えるからです。(これには、こどもと別れてしまう寂しさも含みます。)

 

「結婚したら、夫(妻)が変わった。」

 

以上に、子供が生まれたら相手が変わった。というのは、良く聞く言葉です。

 

これは、経済学的な観点だけでは無く、結婚すると女性も男性もホルモンの比率が変わるため、生物学的にも人は変わります。

 

つまり、子供が出来ると、経済学的にも、生物学的にも相手は変わる。と思っておいた方が良さそうです。

 

もちろん、良い方向に変わる可能性もあります。

替えが効かない関係は「楽しむ・成長する」気持ちが大切かも。

木とカップル

関係解消のコストが増えた。ということは、お互いに変化をする方が楽。とも言えます。

 

「結婚したら、お互い文句を言うばかりになってしまった。」

 

こんな風になる可能性は確かにあります。

 

しかし、結婚によって、さらに良い関係になれる可能性も、もちろん残されています。

 

何かが変わる時、それは良い方向にも悪い方向にも変化します。

 

変化=悪ではありません。あくまで変化するだけ。

 

大切なのは、その変化を自分や相手にとって、良い方向に変えること。

 

夫婦、カップルの関係に大切なのは「メンタルの安定性」とも言われています。

 

大変な時、辛い時、少しでもリラックスできたり、心を切り替えるような鍛錬が必要かもしれませんね。

 

強いメンタル(レジリエンス)におすすめの本はこちらです。大切なのは、折れない心では無く、立ち直れる心。

 

 

関連エントリー

www.yoblog.org

www.yoblog.org