ようの読書記録

読書家が考えるシンプルな暮らし

影響や感化されやすい人の特徴は、成長速度が早いこと『全部治す必要無し。』

PVアクセスランキング にほんブログ村

「人の言うことを信じすぎてしまう。」
「世の中の意見に流れされ過ぎる。」
「はまってしまうと抜け出せない。」

 

そんな悩みを持つことがあります。

 

私も、一度はまってしまうとそれしかできなくなる時があるくらい、夢中になることがあります。

 

実際に、影響されやすい人は、損をすることがあります。

 

間違っていることを信じ過ぎて、誤った方向に全力疾走してしまうからです。

 

しかし、そんな「影響されやすい人」にも良い特徴があります。

 

それは、成長速度が圧倒的に早い事。

 

今回は、そんな影響されやすい人のメリット。治すべき点についてご紹介します。

影響、感化されやすい。とは

f:id:koyoux:20211117210956j:plain

影響、感化されやすい人にはこんな特徴があります。

 

「海外かぶれ。」
「本で読んだことを、そのまま人に教える。」
「憧れている人をそっくりそのままマネする。」

 

こう書いてしまうと、なんとなく影響されやすい人に良い印象を持ちません。

 

また、影響されやすい人はうわさやニュースに意見が大きく左右されたりします。

 

ですが、そんな影響されやすい人は素直です。

 

素直さは、成長に最も重要な性格のひとつ。

影響されやすいとは、他者から受け取る情報量が多い事。

影響されやすい人=素直。

 

人は他者から情報を受け取る時、自然と取捨選択をしています。

 

「将来はメタバースの時代になる。」

 

こう言われた時、人によっては反応が変わります。

 

Aさん「旧フェイスブックも全力で取り組んでいるし、正解かもしれない。」
Bさん「メタバースってなんだろう?」
Cさん「人がバーチャルな世界に生きるなんて信じられない。」

 

このように、同じ情報をインプットしても、実際に頭に残る情報には違いがあります。

 

影響されやすい人は、インプットできる情報が多い傾向にあります。

120%再現することで、大きな学びがある

f:id:koyoux:20210724155457j:plain

何かを教わったり、新たに習得する時「120%の再現」が大切だったりします。

 

ゴルフの指導を2人で受けています。講師のいうことを吸収しやすいのはどちらでしょうか?

 

・全力でオーバーに再現する人
・自分のスイングから、納得したことだけ変える人

 

変化量が大きいのは前者です。

 

もちろん、指導内容が間違っていれば、後者の人の方が成長します。

 

しかし、120%再現してやる。くらいの気持ちでいる人の方が、大きな学びを得る確率は上がります。

つまり、影響されやすいということは、欠点では無く個性。

f:id:koyoux:20210718175720j:plain

これまでご紹介したように、影響されやすいことは欠点ではありません。

 

あくまで、個性の一つです。

 

素直さは、リスクでもあり、特別な才能でもあります。

 

影響され無い人より、影響を大きく受ける人の方が高いリターンを得られる可能性があります。

 

「でも、それはリスクが高すぎないか?」
「素直さって、大人になると通用しないでしょ。」

 

こんな風に思う人も居るかもしれません。

 

そんな問題の対処法はこの後ご紹介します。

何に影響されるか。については見極めが必要。「クリティカルシンキング」

f:id:koyoux:20210628185008j:plain

素直さという個性を発揮するために必要なのは「疑う能力」です。

 

素直さと疑う力は相反するモノに思えるかもしれません。

 

しかし、これは両立します。なぜなら、素直さと疑う力には順序があるからです。

 

人が情報をインプットする時には3つの工程があります。

 

1.情報を得る
2.情報を信じるかどうか判断する
3.入手した情報を記憶する

 

疑う力(クリティカルシンキング)は、2番目の工程で、素直さは3番目の工程です。

 

「私は影響されやすくて困っている。」

 

こう思う人は、2番目の工程をすっぽかして信じてしまっているのが問題です。

クリティカルシンキングの磨き方

f:id:koyoux:20210624184602j:plain

以前もご紹介しているので、詳細はこちらのエントリーをご確認いただきたいのですが

 

www.yoblog.org

クリティカルシンキングは鍛えることができます。

 

必要なのはこちらの2つです。

1.嘘がどんなふうに作られるか知る
2.統計学について学ぶ

 

さらに言えば「心理学を知る」「経済学的な思考を学ぶ」といったことでも、クリティカルシンキングは鍛えられます。

 

今回は、クリティカルシンキングも学べる、経済学の名著についてご紹介して結びとします。

 

「ヤバい経済学」インセンティブ(特定の行動を選ぶことによって、得られる利益)が、人の行動を左右していることが、はっきりと理解できます。

 

最終的に、人の決断や行動はインセンティブの支配下にある。と思える本です。