ようの読書記録

読書家が考えるシンプルな暮らし

【メンズ】ワインポイントで夏のファッションは失敗しない【モテ】

夏が近づいてくると、シンプルな服装になりますよね?

 

・Tシャツ
・ポロシャツ

 

などのファッションが増えてきます。

 

もし、オシャレにそこまで関心が無く「ほどほどでいいや」という人におすすめの服があります。※もしくは、好感度を高めたい場合。

 

それは、ブランドロゴがワンポイント入った服です。

 

対外的には、このようなメリットがあります。(心理学的な裏付けアリ)

・信頼できる人だと思われる
・社会的な地位の高さを証明できる
・モテる

 

また、あなた自身にとっても

・服の管理が楽になる
・コーディネートに悩まない
・服を買う時間が短縮できる
・ダサいファッションにならない

 

といった、4つのメリットがあります。

 

なんだかんだ、買うのも選ぶのもめんどくさい服選び。この機会に、もっとシンプルで、あなたの生活を良くする服を選んでみませんか?

 

もちろん、何万円もする服を買う必要はありません。1万円程度の予算で大丈夫です。

 

ちなみに、ブランドロゴが大きすぎる服では、逆にデメリットがあります。(傲慢に思われる)詳細は、後半で。

なぜ、服装に気を付ける必要があるのか

f:id:koyoux:20210304203249j:plain

初対面の印象は7秒で決まり、半年ほど維持されます。(ハロー効果があるため、見逃せないポイント)

 

つまり、初対面で好印象なのは、マリオのスター状態です。

 

最初の印象付けで失敗すると、その後半年は周回遅れでスタートする羽目になります。

 

万人受けするファッションは、素早く、着実に相手と距離を縮めることができます。

 

※男のモテの理由を突き詰めると「生存能力+繁殖能力」です。詳細はこちらから。

www.yoblog.org

そもそもモテを意識する意味

f:id:koyoux:20210111210143j:plain

私を含めて、既婚者からすると「モテ」にあまり価値は無いように感じられます。

 

しかし、実際はどんな男性でもモテを意識するメリットはあります。

 

・恋人ができる(フリーの人は)
・恋人と良い関係が築ける
・人口のおよそ半数に嫌われにくい
・清潔感を維持できる

 

これらの理由によって、モテは重要です。

 

当たり前ですが、人口の半分は女性(異性)です。その半数から第一印象やコミュニケーションで「嫌な人」と思われない。

 

これをないがしろにする必要はありません。この発想を見過ごしている人は案外多いかもしれません。

 

もちろん、パートナーとの関係性向上にも重要です。釣った魚にこそ、エサは与えるべきですよね?

 

また、特に女性は「清潔感」を重視する傾向があるので、モテを意識するだけで清潔感を維持しやすいです。(原始時代からの名残)

 

例え同性でも、清潔感が無いよりはある方が好感を持てますよね?

 

つまり、モテはいくつになっても多少は意識すべきです。

 

「モテを意識しすぎたら、モテすぎた」

 

そんなウソのような話は当然ウソなので、そんな心配不要です。

 

「あの人清潔感あるから、一緒に出張行くのは嫌じゃない」

 

頑張ってもこんなもんです。でも、それで良いと思います。

今回の夏ファッション選びの目的

f:id:koyoux:20210108215042j:plain

今回はシンプルにたった2つの到達点を目指します

 

【ワンポイントロゴ ファッションの目的】

・手軽で生活がシンプルになる
・考えなくても、それなりに好感を持たれる

 

ファッション好きの人が、高価な服や珍しい服を選ぶことを否定するつもりはありません。

 

趣味は趣味で、貴重ですし素晴らしいと思うからです。

 

そのため、このブログを読んで価値があるのはこんな人です。

・ファッションへの関心度が中程度以下
・服選びで悩みたくない
・人から好印象を持たれたい
・努力して、オシャレになるのは嫌
・どんな服を選べばよいかわからない

 

ブランドのワンポイントロゴの3つのメリット

f:id:koyoux:20201216225311j:plain

では、モテの価値をお伝えしたところで、ブランドのワインポイントロゴの服を着るメリットをご紹介します。

 

信頼できる人だと思われる

2人の人がいます。

 

・ノーブランドの服
・ブランドのロゴがワンポイント入った服

 

どちらの人を信用しますか?

 

「どっちも同じでしょう」

 

そう思うと思います。しかし、実際のテストではワンポイント入った服の方が信頼されていました

 

つまり、あなたが気づいていないうちに、服装によって相手の印象が操作されています。

 

警察官に「この道は通行止めです」と言われれば、なんの標識も無いのに信じますよね?

 

それと同じです。

社会的な地位の高さを証明できる

当たり前ですが、高い服を着ている=資産家=社会的な地位が高い。

 

の公式が成り立ちます。

 

少しだけ高価な服を着ていることで、社会的な地位を証明できます。

 

・車の購入
・家の購入
・レストラン
・ホテル

様々な場所で、ステータスを証明することには意味があります。

 

「ステータスなんてどうでもいい」

 

そう思うかもしれませんが、上位の資産家がお金を使う項目として「ステータス」

があるようです。

 

社会生活を送るうえでは、意識しても良い点です。

モテる

最後に、モテます。

 

・社会的な地位が高い
・信頼感がある

 

そんな人が好感を持たれやすいのは当たり前だからです。

 

他にも、服装がシンプルで清潔感をPRしやすい点も魅力です。 

どんなブランドが良いのか

f:id:koyoux:20201219110415j:plain

では、実際の服選びではどのようなブランドが良いのでしょうか?
 
答えは単純で、下記の3つの特徴を持つブランドです。

 

・有名なブランド
・少し高いと思われるブランド
・入手しやすいブランド

有名なブランドで無いと気づかれない

当たり前ですが、ある程度有名である必要があります。

 

コアなファンだけが知っているブランドでは、あまり意味がありません。

 

今回のファッションの目的は、最大多数へのPRだからです。

少し高いと思われるブランドは必須条件

ブランド名がわかっても、カジュアルブランドはダメです。(今回の目的では)

 

ラコステ
・ラルフローレン
フレッドペリー

 

などがおすすめです。ハイブランドである必要はありません

入手しやすいブランドで無いと買いづらい

 最後に入手性です。

 

好みで選ぶ服なら、入手しにくい方が魅力的だったりします。しかし、普段のファッションで、楽にモテる服選びが目的の場合は別です。

 

・通販で買える
・どこにでも売っている

 

そんな服を選ぶ方が楽です。これによって、服選びが圧倒的に快適です。

ブランドロゴが入った服のデメリット

 とはいえ、ブランドロゴの入った服にもデメリットがあります。

 

特に、今回はシンプルな服装を目指すのでなおさら

 

・価格が少し高め
・差別化しにくい
・飽きる

 

これらのデメリットを挽回する方法はほぼ無いので、許容してもらう必要があります。

服選びをシンプルにするメリット

f:id:koyoux:20201219141754j:plain

ワンポイント入った夏服によって、服選びがシンプルになります。

 

そのメリットはこちら。

 

・服の管理が楽になる
・コーディネートに悩まない
・服を買う時間が短縮できる
・ダサいファッションにならない

 

ファッションに時間をかけたり、整理整頓に時間を使いたくない人におすすめです。

 

大きなロゴの入った服はなるべく避ける

大きなブランドロゴの入った服を着ていると

 

・傲慢
・嫌味

 

に思われる傾向があるようです。ファッションとして、好きな場合を除けば、ロゴは小さ目がベターです。

 

ブランドロゴは小さくても、人にインパクトを与える力があります。

 

その力が強すぎると、かえってデメリットになる可能性があります。

悩んだらこの中から選んでください

概要はわかったけど、具体的にはどうしたらいいの?

 

そんな人は、参考にリンク先を張っておきます。

ラコステ:私はだいたい、ラコステにしています。なぜなら、実験に使われて、結果が出ているのが、ラコステだからです。(サイズ感がちょうどいいのも理由です。)

 

ラルフローレン:何着か持っていますが、丈が長生きがするような。

 

フレッドペリー:さわやかでおしゃれな印象。

 

トミーヒルフィガー:比較的安く購入できるのでおすすめ。

 

ほかには、お店に行って、セールの時にまとめ買いするのもおすすめです。

 

実物を見れますし、まとめ買いによって、服選びがシンプルになります。

 夏以外はどうしたらいいの?

最後に夏以外の対策です。

 

結論は、フォーマル感のある服装がおすすめです。

 

つまり、オフィスカジュアルが無難です。

 

これも、ワンポイントロゴのファッションと同じで、信頼性や清潔感を強調できるからです。

 

この辺の服装心理学については、また別のエントリーでご紹介しようと思います。

 

www.yoblog.org

www.yoblog.org