ようの読書記録

読書家が考えるシンプルな暮らし

大人の趣味といったら読書。と思う5つの理由【読書は大人の趣味】

今回は、「大人」の切り口から読書について考えていきます。

 

大人の趣味と言えば、どんなことが思いうかぶでしょうか?パッと思いつくのはこんな趣味です。どれも大人らしい趣味だと思います。

 

・お酒
・車
・ゴルフ
・音楽
・釣り
・キャンプ

とはいえ、読書好きな私の偏見では、大人の趣味は読書だと思います。その理由は5つあります。

 

①知識が増える
②落ち着いた雰囲気がある
③時間や心にゆとりがある
④俗っぽく無い
⑤内向的である

 

今回は、そんな大人の趣味といったら読書。と思う理由をご紹介します。

 

・読書を趣味にしたい
・趣味の読書を愛せるようになりたい

 

そんな人は、引き続きご覧ください。

読書が大人っぽい趣味だと思う5つの理由

本とクッキー



 ここからは、読書が趣味な人が大人っぽいと、個人的に思う理由をご紹介していきます。

 

私が読書好きなので「読書よりの目線」となりますが、ご容赦ください。

 

今回ご紹介する5つのことをまとめると「余裕」に着地します。つまり、余裕がある人こそ、大人に見えると思います。

知識が多い人は大人【知能の余裕】

 まずは、知識量です。子供は大人に「なんて空は青いの?」や「どうして車は早く走れるの?」と聞きます。

 

子供は大人がその解答を持っていると思い、聞いています。

 

つまり、大人=知識の多い人。こどものころ、あなたもそう考えていたと思います。

 

もちろん、単純に疑問を口にしているだけの可能性もありますが、知識量が多い人は大人に見えます。

 

「大人=経験を重ねている=知識が多い。」この公式が成り立つからです。

 

読書をすることは、知識をインプットする最も効率の良い方法の一つです。

 

先輩に質問して、詳しく知っていると「流石、大人だなー」と思ったことがある人も、少なく無いと思います。

 

・マナー
・常識
・原理
・ニュース

 

あらゆることに対しての、知識量の多さは大人を感じます。逆に、無知は子供っぽさを感じます。

www.yoblog.org

ゆっくり本を読める人は大人【時間の余裕】

カレンダー

 読書に確実に必要なのは、時間です。日々の生活に追われていると読書が難しいです。

 

どんなにモチベーションがあっても、自分のために時間をつくるのは非常に難しいことです。

 

もちろん、こちらでご紹介したように、忙しくても読書量を増やす方法はあります。

 

それでも、スケジュールを立てて、読書時間をつくれる人は大人だと思います。特に、家庭があり、忙しい中で読書ができる人。

 

素直に凄いと思います。時間をマネジメントできないと、読書は出来ないからです。

 

本を読む時間のゆとりを作るのは、簡単では無いからです。

時間と心にゆとりのある大人は本を読む【心の余裕】

悩みや不安があったり、生活が乱れていると読書をする心の余裕が無くなります。

 

ゆっくり座って、本を読めるということは「読書中に悩みや不安が出てきにくい人」です。

 

時間以外にも、心の余裕が無い人が読書をすることは難しいです。つまり、読書が趣味な人は、心にも余裕のある「大人」だと思います。

 

あれこれと悩みや不安がある時に、腰を据えて本を読める人は少ないと思います。

読書は俗っぽくない?【独立している余裕】

 読書趣味自体が、どちらかと俗っぽくない趣味だと思います。

 

もちろん、趣味に良いも悪いも無いと思います。しかし、大人っぽい趣味と、子供っぽい趣味はあると思います。

 

そのため、他の趣味と比較して、読書趣味は大人に感じます。少し地味なところも、大人を感じるポイントです。

内向的な人は大人【自己に満足する余裕】

「人からほめられたい」
「みんなに凄いと思われたい」

 

そんな気持ちは、誰しも持っています。しかし、読書はどちらかと言うと地味で、人から褒められる趣味ではありません。

 

少なくとも、カッコ良いと思われる趣味ではないと思います。

 

もちろん、年間500冊くらい読んでいれば、びっくりされることもあると思います。

 

しかし、そんな人はほとんどいません。つまり、読書趣味とは「自分が満足できるかどうか」が判断基準になっています。

 

人から褒められたい。といったモチベーションで読書をする人は少ないと思います。

 

自分自身に関心があり、人からの評価を気にしすぎないところは、大人に感じます。

 

人から褒められたり、自慢できることではない読書を趣味にできる。ということは、それだけ自分自身に満足できている証拠の一つです。

 

www.yoblog.org

大人の趣味といったら読書。と思う5つの理由「まとめ」

タブレットで本を読む人

 今回は、「余裕」の観点から、読書をする人は大人だと思う理由についてご紹介しました。

 

大人になるということは、あらゆる点で余裕を感じる人だと思います。

 

・心の余裕
・金銭的な余裕
・時間の余裕

 

その、余裕があるか、それとも無いか。を判断するリトマス試験紙として「趣味が読書か」というのは、一つの方法として使えると思います

 

読書したいけど、どんな本が良いかわからない。そんな人は、おすすめ本を20冊まとめているので、こちらをご覧ください

 

長く、深く楽しめる「シリーズもの」の小説はこちらから。※11シリーズご紹介しています。

 

私自身、生活がある程度安定していないと読書時間が作れないので、よりそう思います。

 

今週のお題「大人になったなと感じるとき」