ようの読書記録

読書家が考えるシンプルな暮らし

読書趣味の判定基準は、楽しめているか。読書を趣味にする方法【理由】

PVアクセスランキング にほんブログ村

読書が趣味かどうかを決めるのは何か。について考察します。

 

読書が趣味と言うと、どんなことを想像するでしょうか?

 

・月5冊以上読んでいる
・月10冊以上読んでいる
・毎月一万円以上読書に費やしている
・毎日読書をしている

 

様々な考え方があると思います。

 

とはいえ、読書が趣味かどうかを決めるのは「読んだ本の数」では無く、「楽しめているかどうか」で決まると思います。

 

今回は、その理由についてご紹介します。

 

ちなみに、読書量がある程度多いか。どうか。の判定基準は月4冊です。詳しくはこちらから。(統計的な根拠あり)

 

なぜ、読書量が多くても本を読むのが趣味と言えないのか

 

f:id:koyoux:20201210195628j:plain

まずは、なぜ、読書量が多くても本を読むのが趣味と言えないか。についてご説明します。

 

それは、趣味の定義の問題です。趣味の定義はこちらです。

 

①興味があること。
②仕事では無く、余暇で行うもの。
③物事の持っている味わい。

 

つまり、量が多いことは趣味とは関係ありません。興味があることで、結果的に読書量が増えることはあります。

 

しかし、たくさん読んでいるから趣味とは言えません。

 

あなたも学生時代は毎日何時間も勉強していたと思います。しかし、勉強を趣味を思えなかったのと同じように、読書についても同様です。

 

・月に10冊読んでいる
・毎日1時間読書をしている

 

これらは趣味とは関係ありません。ただ、読書に割く時間が多いだけのことです。

 

なぜ、楽しめているかどうかが、趣味の判断基準になるか【理由】

f:id:koyoux:20201210195805j:plain

先ほどもご紹介したように、趣味とは「興味がある」「楽しみを感じる」ことが判定基準になります。

 

そのため、楽しめていればそれを趣味と呼んで良いです。

 

・月に一冊しか読書をしない
・たまに、気が向いて本を読むだけ

 

これだけでも、趣味は読書だと思って良いのです。

 

大切なのは、読書を楽しめているかどうかです。

 

どんなに読書量を増やしても、楽しむことができなければ意味がありません。

 

当たり前のことですが、「読書量を増やしたい」と思っている時こそ、忘れがちなことです。

 

楽しむことを忘れたら、それは趣味では無く義務です。

 

もちろん、義務としての読書も大切な時があります。読書量を着実に増やしたい人はこちら。(読書を習慣化する方法がわかります。)

 

読書を楽しめなくなった場合の対策【読書を趣味にする方法】

本を読むながら考える女性

もし、読書を楽しめなくなった時、どうしたら良いでしょうか。

 

・いつの間にか、めっきり本を読んでいない
・本を読むことに義務感しか感じない
・読書がつまらなくなってきた

 

読書を趣味にできなかった時の対策を3つご紹介します。

 

①自分で、本を読むことを禁止する
②昔好きだった本を読む
③気楽に読める本を読む(娯楽本)

 

自分自身で、本を読むことを禁じる

まず、おすすめなのは本を読むことを、あえて禁じることです。

 

人は禁じられたことについては、逆に考えるようになる傾向があります。

 

そのため「今週は読書禁止」と思うと、これまで以上に本を読みたくなるはずです。

 

もし、信じられない人はこれから5分間「ピンク色のペンギン」のことを、絶対に考えないようにしてください。

 

5分間思い出すことができなかった人には、おすすめの方法です。

 

昔好きだった本を読んでみる

昔読んで面白かった本を読むと「読書を楽しめていたころの記憶」が返ってきます。

 

・読書は面白い
・本を読むことに夢中になる

 

そんな気持ちを思い出すことができれば、もっと本を楽しめるようになるはずです。

 

絵本でも、小説でもかまいません。もし、自宅にそんな本があるなら、10ページだけでも読んでみてください。

 

読書が趣味だった時の記憶が、瞬く間に戻ってくるはずです。

 

気楽に読める本を読む

最後におすすめの方法は「気楽に読める本を読むこと」です。

 

読書に疲れたり、飽きる理由はシンプルです。

 

「読んでいる本が難しいから」
「本の内容がよくわからないから」

 

こういった理由で、読書が趣味で無くなります。

 

そのため、気楽に読める小説を読むのが解決方法としてベストです。

 

私のおすすめはこちらの2冊です。

 

珈琲店タレーランの事件簿:気楽に読める推理小説

 

旅猫リポート:猫好きはみんな楽しめる。心の温まる話

 

趣味の読書で無理をする必要はありません。ハイパフォーマーは総じて、休憩上手です。

 

読書が趣味かどうかの判定基準は、楽しめているかどうか「まとめ」

今回は、読書趣味についての判定基準をご説明しました。

 

無理やり読書を趣味にする必要はありませんが、無理やり本を読む必要もありません。

 

出来ることなら、楽しい思い出と共に本を読んでください。たとえ、内容を忘れたとしても、問題ありません。

 

それが趣味です。