ようの読書記録

読書家が考えるシンプルな暮らし

経済学的にサブスクを辞めた方が良い人は2パターン存在する【デメリット】

サブスクリプションサービスは、現代人の消費スタイルを大きく変えた、画期的な発明です。

 

これまでは使ったら使った分だけ。の費用が発生して、お金がもったいなくて、我慢をした経験はたくさんあると思います。

 

その理由は「所有が前提の消費」だったからです。

 

サブスクリプションは、消費⇒使用に人の時間やお金の使い方を変えました

 

・低価格
・使い放題
・無制限

 

そんなサブスクですが、今すぐやめた方が良いかもしれない利用パターンが2つあります。

 

①利用時間が短すぎる人
②利用時間が長すぎる人

 

その理由について、経済学的な観点から、この後ご紹介していきます。

 

サブスクリプションという、新しいサービス。上手に使うか、使われるか。この分かれ道の差は大きいと思います。

 今すぐサブスクリプションを辞めるべき2つの利用パターン

f:id:koyoux:20201201181541j:plain

 では、さっそく今すぐサブスクリプションを辞めるべき、2つの利用パターンをご紹介します。

 

①利用頻度が少ない
②利用頻度が多すぎる

 

①利用頻度が少ない

こちらは、当たり前のことです。

 

なぜ、サブスクリプションサービスは、圧倒的なレパートリーが自由に使えるのに、低価格か考えたことはありますか?

 

その理由は、サブスクをほとんど使っていない人が居るからです。

 

一般的に、サブスクは利用時間が長ければ長いほど、企業の金銭的な負担は増えます。

 

しかし、一部の「加入して放置している人」がいるおかげで、今の価格が維持できています。

 

もちろん「企業が儲けるのは嫌だから解約すべき」とは言いません。単純に費用対効果が合わなければやめた方がいい。という話です。

 

ほとんど利用していなくても、効用(満足感)が費用にあっていると考えているなら、辞める必要はありません。

 

逆に、たくさん利用していても「コスパが悪いな」と思うなら、辞めましょう。※個人的に、利用しすぎはおすすめしません。理由は後述します。

②利用頻度が多すぎる【今回伝えたいこと】

f:id:koyoux:20201209182913j:plain

費用対効果の観点で、サブスクの利用頻度が少ない人は解約がおすすめです。

 

しかし、利用頻度が少ないだけなら、月数百円~数千円の損出だけで済みます。

 

しかし、利用頻度が高すぎる人は、それ以上にもったいないことをしている可能性があります。

 

その理由は2つあります。

①機会損出
②限界効用逓減の法則

 

サブスクの使い過ぎは機会損出を生んでいる

機会損失とは「Aをするために、A以外のことができない」という損失です。トレードオフと考えてもらっても良いです。

 

つまり、サブスクで映画を2時間見れば、その2時間は他のことができません。

 

・家族との会話
・副業
・将来設計
・勉強

 

など、あらゆる選択肢が無くなります。もちろん、娯楽としてのサブスクを否定するつもりはありません。※私もAmazonプライムにお世話になっているので。

 

とはいえ、サブスクの利用時間が長すぎる。ということは、他に時間や労力を割くことができないです。

 

そのため「今日も海外ドラマを5時間見てしまった」と思う日が多いひとは、いっそのことサブスクを辞めるべきです。

 

その5時間があれば、もっと有意義なことがたくさんできます。

 

サブスクでは、見放題のため歯止めが効かなくなるのがデメリットです。

サブスクの使い過ぎは限界効用逓減の観点でコスパが悪い

f:id:koyoux:20201203214300j:plain

また、限界効用逓減の観点でも、サブスクの使い過ぎはおすすめできません。

 

限界効用逓減とは、消費する量が増えるごとに、効用(満足度)が下がることです。

 

例えば、こちらの2つを比較してください。

 

・チョコレート、一つ目を食べた時の満足感
・チョコレート、20個目を食べた時の満足感

 

ご想像の通り、一つ目がもっとも満足感が高いです。

 

つまり、サブスクも同様で、消費の量が増えれば触れるほど、満足感は低下していきます。

 

そのため、限界効用逓減の観点でも、サブスクの使い過ぎはおすすめできません。もし、5時間サブスクを見続けるならば

 

・海外ドラマ:1.5時間
・読書:0.5時間
・家族との会話:2時間
・家事:1時間

 

で5時間使う方が、充実感のある休日を過ごせると思います。

 
ちなみに、バレンタインデーにチョコをもらえる可能性のある、交渉に使える心理学10個まとめについてはこちらから。

例外的に、辞めない方が良いサブスクもある

f:id:koyoux:20201129162159j:plain

 

そんなサブスクリプションサービスですが、辞めない方が良いサービスもあります。

 

それは「自己研鑽」になるサブスクリプションサービスです。

 

・プライムリーディング
・教育系YOUTUBE会員
・オンラインサロン

 

このように、加入してサービスを消費することで、あなたの成長につながるサービスは別と考えましょう。

なるべく契約解除しない方が良い3つの理由

理由は3つです。

①再加入のハードルが高い
②もったいない精神で、やる気になる
③利用すればするほど、成長できる

 

サブスクの利用には、2つの面倒があります。それは「加入」と「退会」です。一度退会をすると、再加入の手間があるので、嫌になります。

 

また、「せっかくお金を払っているんだから」と思い、勉強のやる気にも活用できます。

 

最後に、たくさん利用しても「知識がふえるだけ」なので、デメリットが少ないです。※もちろん、機会損失は発生します。

 

そのため、自己研鑽になるサブスクについては、なるべく続けることをおすすめします。

 

そう考えると「クラウドサービス」「本」「動画」「配送料」「音楽」などのサービスを網羅している、Amazonプライムは良くできている(辞めにくくなってる)と思います。

 

便利さや快適さと引き換えに、失うものがある事を念頭において、あらゆるサブスクリプションサービスは、利用すべきと思います。

 

プライムリーディングについてこちらから

www.yoblog.org

経済学的にサブスクを辞めた方が良い人は2パターン存在する【まとめ】

f:id:koyoux:20201128231127j:plain

今回は、経済学の観点からサブスクリプションサービスを辞めるべき人を、2パターンご紹介しました。

 

当たり前ですが、あらゆる選択はトレードオフです。何かを掴むということは、何かを手放すことです。

 

どんな便利なサービスも「機械損失」と「限界効用」から逃れることは出来ません。

 

そのため「この選択は経済学的にどうなんだろう」と考える癖があると、どんな新しいサービスにも適応できます。

 

経済学は、教養として学ぶメリットの非常に多い学問です。「経済学がなんだかよくわからない」そう思う人は、まずはこの本を試してください。

 

※経済学関係の学部の人には、簡単すぎます。しかし、なんとなく全体の概略を知るにはおすすめです。難易度も低めで親しみやすいと思います。