ようの読書記録

読書家が考えるシンプルな暮らし

『人を許す方法』嫌なことをされた時こそ相手の気持ちを考えてみる。

PVアクセスランキング にほんブログ村

誰しも人間関係で嫌な思いをする時がある。

 

・信頼していたのに裏切られた
・悪意まみれの悪口を言われた

 

このような大きな痛みだけでは無く

 

・電車で肩をぶつけられた
・運転中に合流の邪魔をされた
・スーパーのレジで横入りされた

 

など小さな嫌なこともありますよね。

 

辛い出来事を許すことは難しいです。それでも、相手の気持ちを考えることで、気持ちが穏やかになります。

 

「相手の気持ちになって考えよ。」

 

この言葉を"嫌なことをされた時"にしてみよう。というお話です。

 

テーマは二の矢とリアプレイザルです。

相手の気持ちになって考えるべき2つのタイミング

f:id:koyoux:20210704152953j:plain

相手の気持ちを考えるべきタイミングは2つあります。

 

1.なにかをする時
2.なにかをされた時

 

子供のころ、親や先生に「相手の気持ちになって考えて。」と言われたのはたいてい前者でしょう。

 

もちろん相手に不快な思いをさせないためには、相手の気持ちを考える習慣が必要です。

 

つまり、これは相手傷つけないための習慣。

自分の心を守るのは、何かをされた時

f:id:koyoux:20210428180541j:plain

一方、相手に「何かをされた時」は相手では無く、自分を傷つけないようにする必要があります。

 

「起きる出来事は自分でコントロールできないから、不可能。」

 

そう思うかもしれません。

 

たしかに、相手の行動をコントロールすることは心理学者でも難しいでしょう。

 

しかし、相手に何かをされた事後に、自分自身の脳内で何を考えるか。は自由です。

 

ダメージを食らった時、どう考えるか。

 

この思考はストレス解消や人を許すために必要です。

2の矢を打ってはならぬ

f:id:koyoux:20210225221519j:plain

「2の矢」という言葉をご存じでしょうか?

 

これは、心理的なストレスがかかった時に「自分で傷口に塩を塗る。」という行為です。

 

まさか自分で自分を無意識に傷つける。なんてことはなかなか想像できないでしょう。

 

しかし、誰しも二の矢を打っています。

2の矢具体例

例えば、あなたがすれ違う時、誤って肩にぶつかってしまったとします。

 

その相手に「何をやっているんだ。鈍くさいな」と言われたどうでしょうか?

 

その瞬間も傷つきますが、その後もいろいろと考えてしまいませんか?

 

「なんであんなに言われるんだろうか。」
「自分は視野が狭くて鈍くさいのか。」
「言いたい放題言われる自分が情けない。」

 

そう、これが二の矢です。

 

自分であれこれ考えることで、結果的に自分の心を傷つけてしまいます。

つまり、いかに二の矢を放たないか。が大切

f:id:koyoux:20210126220213j:plain

なにか嫌なことがあっても、たいていはその瞬間だけがストレスになるべきです。

 

ストレスを受けた後も、自分で自分にストレスを与えていたのでは心が疲れます。

 

そのため、二の矢を放たない習慣を作ることが非常に大切です。

 

とはいえ、私自身も定期的に二の矢、三の矢を自分に放ってしまいます。

 

大切なのは「気づくこと」「辞めること」です。その方法は相手の気持ちを考えることです。

 

気付かなけば辞めることは出来ません。これからはあなたも「二の矢」という言葉を知ったので、気付けるようになります。

 

よって、ここからは二の矢を辞める方法をご紹介します。

相手の気持ちを考えると、人を許すことができる

f:id:koyoux:20210110100301j:plain

嫌なことをされた時に、相手の気持ちを考えるのはおかしな話に聞こえるかもしれません。

 

「あの人も急いでいたんだ。」
「もしかしたら、辛いことがあったのかもしれない。」
「言い過ぎてしまって後悔しているかもしれない。」

 

嫌なことをされた相手にそんなことを考えるのは、なんだか変な感じがしますよね。

 

それでも、そうやって考えることで少し心が楽になります。

 

私は、車を運転していた煽られたら「あの人はトイレが漏れそうなんだ。」と思うようにしています。

 

これを「リアプレイザル」と呼びます。※再解釈と呼びます。

 

相手の気持ちを考えることで、嫌な出来事を違う意味で解釈できます。結果人を許すことが可能です。

 

ちなみに「そうは言っても相手の気持ちが想像できないよ。」という人もいるでしょう。

 

その時におすすめなのは小説です。理由はこちらから。

www.yoblog.org

『人を許す方法』嫌なことをされた時は相手の気持ちを考える:まとめ

f:id:koyoux:20201226230830j:plain

今回は人を許すための方法として、相手の気持ちを考えることをご紹介しました。

 

この方法が最終的に自分のストレスを緩和する方向に作用します。

 

どうしても人と人が関われば、摩擦が生まれます。

 

その摩擦を上手く付き合うには、考え方を変える必要がある。

 

その方法として

・2の矢を撃たない
・リアプレイザルをする

 

という2つの方法をご紹介しました。

 

ストレス解消は誰しも抱える悩みの一つ。解決方法を学びたいなら、こちらの本がおすすめです。※2冊ご紹介します。

 

 

www.yoblog.org

www.yoblog.org