ようの読書記録

読書家が考えるシンプルな暮らし

ナイトルーティンで寝る前の習慣を作れば明日もっと良くなる。【3つの理由】

寝る前の習慣化って、大切だな。と思います。

 

その理由は3つあります。

・朝より時間が多い
・睡眠の質が上がる
・疲れている

 

朝の行動で、一日が変わるのであれば、夜の行動で明日が変わるのではないか。私はそう思っています。

 

ナイトルーティンを決めることで、こんなメリットがあります。

・時間を有効活用できる
・疲れている時でも、やるべきことができる
・眠りの質が向上する

 

「さて、今日の仕事頑張ったし、今日はゆっくりしよう。」

 

毎日そう思って帰宅するのに、なぜかゆっくり過ごせた時間が無い。そんな経験はありませんか?

 

もしくは、やるべきことがあるのに後回しにしていることはありませんか?

 

それは、夜にすべきことをいちいち自分で決めているからです。それでは、無為に時間を過ごすことになりかねません。

 

夜こそ、やるべきことをルーティン化しましょう。

ナイトルーティンってなに

f:id:koyoux:20210404184022j:plain

まずは、前提条件。

 

ナイトルーティンとは、夜にすべきことを習慣化することです。

 

毎日の習慣の中で、朝はすべきことが習慣化できている人は多いと思います。

 

ですが、夜になると帰宅後そのままソファーに直行して、テレビをつける。そんなルーティンの人も多く、まだまだ改善できる場所が多いのが、ナイトルーティン。

 

毎日の生活を有意義にしたいなら、長時間使える夜を改善するのが最も効率が良いです。

ナイトルーティンを行うべき3つの理由

「ナイトルーティンなんて、わざわざ作る必要があるのか。」

 

そう思う人も多いと思います。確かに、夜は食事をして寝るだけなので、プレッシャーの少ない時間帯でもあります。

 

それでも、夜もルーティンを取り入れた方良いのは3つの理由があるからです。

1.朝より時間が多い

まずは、朝よりも自由に使える時間が多いこと。

 

ある程度早起きしても、通勤前で自由に使える時間は1時間程度です。モーニングルーティンも大切ですが、夜が重要でないことにはなりません。

 

一方、夜なら2時間くらいの時間を自分のために作ることも可能です。

 

改善をしたり、なにかを変えるなら「大きいところから」が基本です。長く時間が取れる夜を改善する方が効率は良いでしょう。

2.睡眠の質が上がる

f:id:koyoux:20210404183958j:plain

寝る前にあれこれと考えていると、脳みそが興奮状態になります。

 

「寝る前に30分読書したい」
「ストレッチをしておかないと」
「洗い物が終わっていない」

 

このような状態だと、焦ってしまうのですんなり睡眠に入れません。

 

ですが、ルーティン化することで、心が穏やかになります。結果、睡眠の質が上がります。

3.疲れている

最後は疲れていることです。

 

・体の疲れ
・心の疲れ
・意志力の疲れ

 

意志力については、消耗しないんじゃんか。という説もありますが、時間と共に消耗する可能性も当然あります。

 

疲れている時に生産的な行動をするのは難しい。誰だって休みたいから。

 

ですが、疲れている時でも、効率よく休むことできちんと回復できます。

 

むしろ、疲れている時こそルーティンの助けが必要と言えます。

具体的にナイトルーティンでは何をすべきか

f:id:koyoux:20210723190738j:plain

ナイトルーティンをやる意義についてご説明したので、ここからは具体例です。

 

ナイトルーティンですべきことはどんなことでしょうか。

 

それは大きく分けると4つに分類できます。

 

1.家事
2.娯楽
3.勉強
4.休息

 

これらを組み合わせて、ナイトルーティンを作ってみましょう。

ナイトルーティンのつくり方

ナイトルーティンを作るには、基本のスケジュールを作っておくのがおすすめです。

 

仕事をしている場合は、このような2パータンあると便利です。

・仕事が早く終わった日
・仕事が遅く終わった日

 

また、やるべきことの順番づくりの肝は「娯楽を最初と最後に入れない」ことです。

 

具体的にはこのようなイメージです。

 

18時:帰宅。部屋の掃除と夕食の準備
19時:夕食
20時:洗い物と入浴
21時:読書
22時:テレビを見る
23時:ストレッチと瞑想後、読書

 

最初に、生活に必要なことを終わらせておくと、気持ちが楽になると思います。

 

また、寝る前はブルーライトをなるべく浴びないように工夫しましょう。娯楽の時間も「固定」することで、歯止めが効きます。

ナイトルーティンで寝る前の習慣を作れば明日もっと良くなる「まとめ」

f:id:koyoux:20210718175720j:plain

今回は、ナイトルーティンについてご紹介しました。

 

一番大切なのは、ナイトルーティンを作ることです。もちろん、好みによって、がっちり日程を組んだり、ある程度フレキシブルにしても良いと思います。

 

ですが、やることの順番を決めておくことで、無駄にだらだらする時間が減るのでは無いか。と思っています。

 

また、寝る前にやることを決めておくのも、入眠しやすくなるのでおすすめです。

 

まずは少しだけ、ナイトルーティンを作って試してみてはいかがでしょうか?

www.yoblog.org