ようの読書記録

読書家が考えるシンプルな暮らし

【正しく使う】満足感が上がるお金の使い方「モノより経験編」

PVアクセスランキング にほんブログ村

あなたはお金を使う時、どんなことを考えていますか?

 

一生懸命働いて得たお金を使う場合、最大限の満足感を得たいと思いますよね?

 

「お金を使ったけど意味が無かった。」
「後で出費を後悔した。」
「上手にお金を使うことができない。」

 

こんな経験をしている人も多いでしょう。

 

今回は、そんなお金を使って損をした。と思う経験を減らせる方法をご紹介します。(今回は、経験を買う重要性についてです。)

 

世の中にある商品やサービスに支払う金額は、得られる効用(メリット)に依存します。(あくまで概念的には)

 

100円のモノ:100円分の価値
1,000円のモノ:1,000円の価値

 

考えてみれば当たり前ですよね?

 

100円の価値しか感じられないものに、200円払う人はいないはず。

 

でも、あなたの満足感は毎回支払ったお金の額に比例していますか?

 

1,000円支払って、1,000円分の満足感をえていますか?

 

毎回そう感じれている人はいないと思います。

お金は使い方次第で満足感が変わる。

まずは、前提条件。

 

お金は使い方次第で満足感が変わります。

 

ここまでは、あなたもご承知のとおりでしょう。

 

さらに言えば、そもそも、お金を得ることを目的にするだけでは、人は他人を遠ざけてしまう傾向があります。

 

「お金を大切にしたい。」
「たくさんお金を稼ぎたい。」

 

こんな風に思ってしまうと、むしろ不幸になる可能性があります。

 

大切なのは、お金とどう付き合うか。です。

 

お金に夢中になることには、害しかありません。

新しい家を買っても満足感は低い

人生で最大の買い物と言えば、マイホームでしょう。

 

誰もが憧れるマイホーム。残念ながらあなたの満足感を上げることは出来ません。

 

買って5年程度は高い満足感を得ることができます。

 

しかし、その後はあまり大きな満足感を得られないのが現実。

 

マイホームでさえ、買い物の満足感は低い。では、何が人生の満足感を上げてくれるのでしょうか。

経験にお金を使うと満足感が上がる

お金を使うなら、まずは経験に使う。というのが、現時点の最適解です。

 

具体的な内容は後述しますが、モノよりは経験に対してお金を使うようにしましょう。

 

なんとなく、形がある。長く使えるモノに対して、お金を使う方がコスパが良く感じますよね?

 

例えば、カタログギフトを選ぶ時

「食べ物は消えものだから。」
「どうせなら、長く使える食器が良い。」

 

そんな風に思ったりしますよね。

 

しかし、満足感の観点だけで言えば、経験を得る方がコスパが良いです。※カタログギフトで経験出来るものがコスパが良いとは言っていない。(つもり)

www.yoblog.org

物質的な買い物の満足感は時間と共に低下する

「なぜ、モノでは無く経験を得るべきか。」

 

その質問への回答はシンプルです。

 

モノは長く使えるが、満足感は知らず知らずのうちに低下しているから。です。

 

なぜなら、物質的な所有物(モノ)は、だんだんと日常の背景の一部となってしまうからです。

 

一方、経験は何度も繰り返し満足感を味わうことができます。

 

良い例が、ゲームセンターの景品でしょう。※ぬいぐるみなど。

 

クレーンゲームで景品が取れた時、とてもうれしく感じます。しかし、その景品を家に持ち帰る時には

 

「やっぱり、こんなに大きなぬいぐるみはいらない。」
「家に飾っておくのは、インテリアの邪魔になる。」

 

こんな風に感じてしまいます。

 

モノが与えてくれる満足感の賞味期限は非常に短いのです。

お金を使うなら、レジャーに使うべき

ということで、お金を使うならなるべくレジャーに使いましょう。

 

ここでいう、レジャーの定義はこちら

 

・旅行
・映画
・スポーツイベント
・ジムの会員権

 

これらの経験は、長時間満足感を得られることが統計によってわかってきています。

レジャーの定義をもう少しちゃんと

「レジャー(経験)にお金を使えっていうけど、定義があいまいだ。」

 

そう思う人に、一言でレジャーの定義をお伝えします。

 

それは、あなたが「これは経験である。」と感じたら。です。

 

例えば、本を買う時には2つのパターンがあります。

 

・本という商品を買おう
・本との出会いや読書体験を得よう

 

後者の場合は、本を買うことが消費では無く、レジャーになるようです。

 

他にも

・思い出に残るご飯屋さんに行く
・記録を残してくれる商品を買う

 

などにより、買い物をレジャーにすることができます。

 

※こんな商品は、レジャーと言ってもいいかもしれません。

最大の満足感を得られるお金の使い方4つの基準

最後に、最大の満足感を得られるお金の使い方の基準を整理します。

 

あなたが買い物をする時、これらの基準に当てはめてください。

 

満たす項目が多ければ多いほど、お金の使い方の満足感が上がる可能性があります。

 

・社会的なつながりを感じることができる
・何年にもわたり、楽しい気持ちを感じれる思い出
・自分の理想像に近づく経験
・他の選択肢と比較できないレアなチャンス

 

最後に今回の参考書籍をご紹介して、結びとします。

www.yoblog.org