ようブログ

読書家が考えるシンプルな暮らし

内発的動機づけのやる気で読書量の自己ベストを目指す【読書量UP】

あらゆるモチベーションには2つの種類があります。

 

①外発的動機づけ
②内発的動機づけ

 

読書において意識すべきは「内発的動機づけ」の方です

 

私は内発的動機づけが上手くいったので、年間200冊の読書の達成ができるようになりました。

 

今回は、そんな内発的動機づけと外発的動機づけの違い。また内発的動機づけのメリットと身に付け方についてご紹介します。

 

内発的動機づけを身に付けることができたら、読書だけでは無く、あらゆることのやる気を一気に向上させることができます。

外発的動機づけとは

働くサラリーマン

外発的動機づけとは、これらの「外から与えられる報酬」によって起きるモチベーションです。

 

・賃金
・名誉
・地位
・優遇

 

これらの「与えてもらう」ことがモチベーションになることです。

 

子供の教育でも、テストで100点取ったら、ゲームを買ってあげる。などのご褒美は良く使われますが、あまりおすすめの方法ではありません。

 

なぜなら、外発的動機づけは「持続性が少ないから」です。

 

テストで100点を取ったら、次のテストの間までは努力のモチベーションが湧きません。

 

さらに、報酬がコンスタントに与えられることは少なく、成果の評価は何年も後に与えられる可能性もあります。

 

以上の点から、外発的動機づけは「自分でコントロールできない」「モチベーションが続かない」という理由でおすすめできません。

内発的動機づけとは

一方、内発的動機づけとは「自分の内側から」発生するモチベーションです。これらの特徴があります。

 

・金銭などの報酬が関係ない
・長期間のモチベーション維持につながる
・想像力が高まる
・自己成長を目的にできる

 

つまり、「努力したら、自分はどうなっているんだろう」そのように考えて、行動することで、モチベーションが起きます。

 

もしくは、なりたい自分の姿でいようと考えることです。

 

それによって、誰に褒められなくても、長期間のモチベーション維持ができます。

 

人から認めてもらえることの少なく「読書」などの学習においては、非常に重要なスキルです。

 

もちろん、仕事や副業のモチベーションも向上します。

 

内発的動機づけに必要な3つのこと

f:id:koyoux:20210220200056j:plain

そんな内発的動機づけに必要なのは3つの要素です。

 

・自立性を持つ
・有能感を高める
・つながりを感じる

 

これら3つの要素を身に付けることが出来れば、内発的動機づけを目指す土壌が生まれます。

 

しかし、ただ単に「自分の未来に期待」するだけでは、内発的動機づけの維持は難しいです。

 

不安点な机に物を積み重ねると崩れるのと同じで、動機についても、安定した土壌の上に積み重ねる必要があります。

 

その土壌づくりの方法を次の章でご紹介します。

内発的動機づけを身に付ける5つの方法

f:id:koyoux:20210131183150j:plain

ここからは、具体的に内発的動機づけを身に付けるための5つの方法をご紹介します。

 

全てをまんべん無くなる必要はありません。あなたに不足していると思うところから、取り組んでください。

 

・自分で目標を決める
・自分で自分を管理する
・成功体験を積みかさねる
マインドセットをしなやかにする
・社会とのつながりを感じる

自分で目標を決める

まずは、目標設定を自分で行いましょう。自立性の維持に必要です。

 

読書量の目標として、このブログでは「月4冊」をおすすめしておりますが、4冊にこだわる必要はありません。

 

「今まで全く読んでいないからまずは毎月1冊」
「外出時間が減って余裕があるから今年は月6冊」

 

など、あなたの環境に合わせて自分の頭で目標設定をしましょう。

 

月4冊がおすすめな理由はこちらから。(目標設定の参考にしてください。)

www.yoblog.org

自分で自分を管理する

また、自己管理も重要です。(こちらも自立性を育みます)

 

管理をするには、記録が必要です。読書なら、読書記録を付けることをおすすめします。

 

なんとなく本を読んでいるよりは、たとえ2,3行でも記録を残すことで、管理レベルが大幅に上がります。

 

・本の名前
・読んだ日
・一言の感想(習慣化の重要性を知った)

 

この3つは少なくとも記録をすることをおすすめします。

 

読書記録について、詳しく知りたい人はこちらから。(5つのおすすめ方法)

www.yoblog.org

成功体験を積みかさねる

続いて、成功体験です。これは有能感に効果ありです。

 

どうしても、自信を持てない人は「成功体験」が少ない可能性があります。

 

もちろん、大会で優勝したり、資格を取ることができればベストですが、他にも成功体験を得る方法はあります。

 

・友人、家族に褒めてもらう
・自分で設定した目標を達成する
・小さなチャレンジをクリアする

 

家族に今月何冊読むかを宣言して、読み切ることができたら褒めてもらったり、自分の読書量の目標を記録し、達成しているかを確認する。

 

これらの活動だけでも、成功体験を作ることは出来ます。

マインドセットをしなやかにする

マインドセット(考え方)が硬直していると、努力するのが苦手になります。

 

・音楽や絵はセンスがほとんど
・自分は数学のスキルが無い
・勉強しても、記憶が苦手

 

このように考える人は、マインドセットが硬直している可能性があります。

 

マインドセットがしなやかになると、努力すれば成長する。という当たり前のことを当たり前に行うことができます。

 

どんなことでも、確実に進歩することができます。自分の成長に期待できない人は、自分の未来を変えることは出来ません。

 

おすすめ本はこちら「マインドセット」科学が証明した、やればできる。の理論を学ぶことができます。

 

社会とのつながりを感じる

また、社会とのつながりを感じることも大切です。

 

人の欲求は5つあります。

 

①生理的欲求(食べる・飲む・出す)
②安全欲求(安全が確保されている)
③社会的欲求(なにかに属している)
④承認欲求(自分を認めてもらいたい)
自己実現欲求(なりたい自分でいたい)

 

この中で、つながりを感じるのは③~⑤。これらが内発的動機づけにもなります。

 

読書が好きな友人を見つけたり、誰かに褒めてもらう経験を増やしたり、目標達成を続けることが大切です。

 

内発的動機づけを得る最も重要なこと

最後に大切なのは、あなたの成長した姿にワクワクすることです。

 

先ほどもお伝えしたように、土壌づくりは大切です。しかし、それ以上に重要なのは「どんな種をまくか」です。

 

良質な土でも、種を植えなければ雑草しか育ちません。あなたの内発的動機づけを意識して、考えてみましょう。

 

・これだけ本を読んだらどんな考え方になるんだろう
・この資格の勉強をしたら、どんな未来になるんだろう

 

このように、未来に思いを馳せながら、モチベーション維持をしてみましょう。

 

内発的動機付けを自分で設定できれば、読書量は思うままになります。

それでも、ご褒美が欲しい時は?

「内発的動機の重要性はわかったけど、ご褒美が欲しい」

 

そんな時におすすめなのは、小さなご褒美です。

 

意外にも、大きなご褒美よりは、小さなご褒美の方が恩恵が大きい可能性があります。

 

なぜなら、大きすぎるご褒美では「達成感がありすぎる」ので、継続力が無くなります。

 

本を年間100冊読めたから、ロレックスを買った。では、達成感がありすぎます。

 

内発的動機づけと外発的動機づけでは、モチベーションの大黒柱は「内発的動機づけ」です。

 

大黒柱には向かない、外発的動機づけも、無いよりはあった方が良いです

 

そのため、ご褒美が欲しい時は小さなご褒美を自分にあげましょう。

 

具体的にはこんなものがおすすめです。

・ラーメンのトッピングをつける
・チョコを2個食べていい
・好きな炭酸水を飲んでいい

 

このような小さなご褒美を与えるのがおすすめです。

内発的動機づけのやる気で読書量の自己ベストを目指す【まとめ】

f:id:koyoux:20210127185136j:plain

今回は、内発的動機付けによるやる気UPで、読書量の自己ベストを目指す方法をご紹介しました。

 

結局、自分の行動を決めるのは「感情」です。

 

テクニックやライフハックはその補助輪にしかなりません。

 

どんな自分でいたいか。どんな未来を目指したいか。

 

その目標設定さえできれば、どんな未来でも切り拓けると思います。