ようの読書記録

読書家が考えるシンプルな暮らし

【雑記】いつも何かをしている。を辞めたら時間が増えたように感じた話。【時間の増やし方】

ふと「いつも何かをしているよなー。」と思う時があります。

 

スマホ
・読書
・音楽

 

などなど、やることが多くて、なにもせずに時間を過ごすことが減りました。

 

あなたも電車の待ち時間や人との待ち合わせ。たった1分の待ち時間でも「なにか」をしていませんか?

 

もちろん、選択肢がある事は良い事です。それでも、いつも何かをしている。というのは少しおかしい気もします。

 

全く何もしない。ということは出来ないと思います。それでもやることを減らして、退屈と一緒に生活すると時間が伸びたように感じます。

 

今回は、そんないつも何かをしている。を辞めようとしている話です。(過去最大にゆるいエントリーですみません。)

こどもの頃は、暇や手持ち無沙汰がいつもあった

f:id:koyoux:20210818183912j:plain

思い返すと、子供の頃は暇だったな。と思います。

 

正しくは、何もすることが無い時間がありました。

 

・親が友人と話している時
・夏やすみ
・親戚の家に行っている時

いろんな瞬間で、完全に暇だけどやることの無い時間がありました。

スマホが私から退屈を奪い去った

しかし、スマホが私から退屈を奪っていきました。

 

どんな時でも、何かをすることができる

・ニュースを見る
・天気を確認する
・ブログや本を読む
・動画を見る
・メールをする

 

などなど、何もしないでぼーっとしているよりも、有意義に感じることがたくさんあります。

 

今でも、ちょっとした待ち時間で何もしていないと、なんとなくもったいない感じがします。

 

結果、スマホ手に取っている。というのが完璧に習慣になっています。

何もしない。を楽しむ余裕

f:id:koyoux:20210126220213j:plain

多くの人が気付いているように、なんとなくスマホを見ている時。それが有益でない時間の時があります。

 

なんとなく、スマホを開いて、またしまう。そんなことを1日に何度かしてしまう。

 

それは「何もしない」を楽しめていないからだ。と最近改めて思いました。

 

退屈な時間は刺激が少ないですが、平和の象徴でもあります。

 

「今すぐ、何をしないと」

 

こういった感情なしに、過ごせるのは贅沢なのかもしれません。

やっぱり、マルチタスクから距離を取りたい

退屈を喜べなくなったのは、マルチタスクのせいでもあります。

 

・テレビを見ながら、ネットショッピング
・料理を作りながらYOTUBE
・部屋を掃除しながら、ラジオ

 

時にはいいと思います。ですが、それが日常化すると、いそがしさを感じます。

 

忙しい時、時間の経過感覚が変わります。つまり、あっという間に1日1日が過ぎていきます。

 

「こんな風に過ごしていたらもったいない」

 

こう思うことを辞められたら、穏やかに過ごせそうだな。と思います。

スマホから距離を取るのが最適解か

マルチタスクや、いつも何かしている。の対策としてはやっぱりスマホから離れるのが良さそうです。

 

これは、物理的な距離です。

 

普段自宅で過ごしている時は、別の部屋に置いておくのが、無難な気がします。

 

また、外出中はバック中に入れて、机の上やポケットに入れない。

 

これだけで、暇な時間が少し増える気がします。

目標:1日10分から、何もしない時間をつくりたい

f:id:koyoux:20210105223951j:plain

たった10分でも良いので、何もしない時間をつくりたいと思います。

 

例えば、電車の待ち時間。例えば、コーヒーを淹れるお湯が沸くまでの時間。

 

こういった短い時間を、退屈しながらのんびり待つ。そんな時間が、時間を増やすことにつながる気がします。

 

私はせっかちで、合理的なことが大好きなので、ぼーっとするのが苦手。

 

だからこそ、もっとゆったり退屈したい。そう思います。

 

最近、あなたはいつ退屈で平和な時間を過ごしましたか?

おすすめの方法があれば、教えてください。