ようの読書記録

読書家が考えるシンプルな暮らし

【時間術】スマホの利用時間を減らせる8つの方法「忙しい人向けのアイデア」

PVアクセスランキング にほんブログ村

スマホって便利ですよね?

 

私たちは、スマートフォンを手にしてからたくさんの機能を利用しています。

 

・天気予報
・道案内
・電話やメール
・メモ
・ゲーム
・通販

 

などなど、スマホによって出来ることはたくさんあり、スマホ一台あればいくらでも時間がつぶせます。

 

「これから3時間の空き時間があります。」
「何か一つだけ暇つぶしのアイテムを貸します。」

 

そういわれたら、ほとんどの人がスマホを選択するのではないでしょうか。

 

そんな便利なスマートフォン。

 

あなたの時間をビックリするほど奪っています。

 

「時間が無い。」
「毎日いそがしい。」
「気づけば寝る時間になっている。」
「気づけば休日が終わっている。」

 

こんな風に思っている人は、正しくスマホの利用時間を減らしてみてはいかがでしょうか。

 

あなたはスマホを利用していますか?それとも依存していますか?

スマホは時間泥棒だから、1日が短くなる。

あなたはどのくらいスマホを利用していますか?

 

ある調査では、スマホの利用時間で最も多いのは、1日2時間~3時間のようです。

 

またスマホを起動させる回数は50回~80回くらいが多いようです。

 

1日は24時間です。その間、あなたの余暇はどのくらいあるでしょうか?

 

仕事や通勤、家事の時間を除けば1日5時間もあれば多い方でしょう。

スマホさえ使わなけば、1日はぐっと長くなる

つまり、スマホの利用時間さえ減らせば、1日がぐっと長くなります。

 

例えば、スマホの利用時間を2時間減らせば何ができるでしょうか?

 

・読書や勉強
・運動や筋トレ
・家族と語り合う時間
・資産運用について考える時間

 

など、たくさんの時間を作り出すことができます。

 

もちろん、スマホだけが時間を奪っている訳ではありません。

 

ですが、まずは最も手軽なデバイスであるスマホから距離を取ってみましょう。

 

どんな人でも、1日が長くなる感覚を味わえます。

スマホの最大の欠点は集中できなくなること「集中力が切れる」

スマホの欠点は、長い利用時間ではありません。

 

それ以上に、集中力が細切れになることの方が問題です。

 

・読書中にスマホを見る
・テレビを見ながら、スマホを眺める
・人と会話しながら、ラインを送る

 

これでは、何にも集中できていないのと同じです。

 

マルチタスクが出来る人は居ません。タスクを高速でスイッチしているだけです。

 

結果、集中もできず、頭も疲れることになります。

www.yoblog.org

スマホと正しく付き合って利用時間を減らす4つの方法「お手軽」

ここからは、スマホの利用時間を減らすための方法をご紹介します。

 

まずは、お手軽なアイデアからです。これだけでも、30分~1時間くらいは利用時間を減らせるでしょう。

1.ホーム画面にアプリを置かない

まずは、少しだけスマホを使いにくくしましょう。

 

あなたは良く使うアプリをスマホのホーム画面のどこに置いていますか?

 

おそらく、スマホを起動してすぐに操作できるようにしているでしょう。

 

ですが、それが問題です。

 

よく使うアプリこそ、ホーム画面から遠くに設置しましょう。

 

たったこれだけで、アプリの利用時間が減ります。

 

スマホのホーム画面に置いて良いのは「ツールアプリ」だけです。

 

ツールアプリとは

・マップ
・メモ
・時計
・カメラ
・電話

 

などです。

 

これらのアプリは便利ですが、長時間利用しないからです。※一日中グーグルマップを眺められる人は除く。

2.アプリの通知を極限まで減らす

次におすすめな方法は、アプリの通知を極限まで減らすことです。

 

私は、アプリをダウンロードしたら最初に「通知を拒否」の設定にしています。

 

アプリから通知があることで

・必要が無いのにスマホを見る
・ついでに他のアプリを見て時間が無くなる
・集中力が削がれる

 

などのデメリットがあります。

 

私は読書が好きなので、通知によって集中力を阻害されないように意識しています。

3.スマホを物理的に遠くに置く

物理的に効果があるのが、スマホを遠くにおくことです。

 

当然ながら、スマホを机の上に置いておくのは最悪の選択肢です。

 

・バックの中に入れる
・違う部屋に置く

 

などによって、スマホに意識が向かなくなります。

 

他にも

・スマホを箱の中に入れる
・誰かに預かってもらう
・そもそも持ち歩かない

 

などにより、スマホ利用時間が減ります。

www.yoblog.org

4.おやすみモードを使う

ほとんどのスマートフォンでは、おやすみタイマーが使えます。

 

これは、一定の利用時間になったら

・通知を全てシャットダウンする
・画面の色合いを変更する

 

などの機能があります。

 

私は、この機能をつかうことで

「夜にスマホをついつい触る可能性を無くす。」
「画面の色が変わったから寝る体制に入る。」

 

など、スマホとの関り方を変えるトリガーにしています。

スマホの利用時間を劇的に減らす4つの方法

ここからは、さらにスマホを利用する時間を減らす方法をご紹介します。

 

「たくさん時間をつくりたい。」
「スマホ依存をなくしたい。」
「やりたいことがたくさんある。」

 

そんな人は是非試してください。

1.アプリの利用時間を制限する

まずは、スマホ(特にアプリ)を使える時間を制限する方法です。

 

これは
・19時~21時はスマホを使わない
・タイマー付きのボックスに入れる
・スマホを持たずに外出する

 

などの方法により、スマホを確実に距離を取ることができる方法です。

 

スマホを使っている時間帯で、あえてスマホを使わないようにすることで、大きな効果を感じれます。

2.SNSを辞める(スマホでは使わない)

最もおすすめな方法は、SNSを使わないことです。

 

そもそも、SNSの利用時間が増えると

「他人と比べてむなしくなる。」
「投稿のリアクションが気になり過ぎる。」
「誘われていない飲み会にがっかりする。」

などの問題が起きます。

 

もちろん、これまでの人間関係を維持するために、SNSは有効な選択肢。

 

しかし、それならブラウザ上で閲覧すれば良いので、アプリ自体は削除しましょう。

3.アプリの使い道を絞る

アプリにはたくさんの機能があります。

 

・コミュニケーション
・ニュース
・天気
・交通情報

 

など、一つのアプリでたくさんの機能を持っている物があります。

 

こういったアプリは「あえて」利用する機能を絞ってしまうことをおすすめします。

 

それぞれのアプリに「これしかしない」というルールを作ってみましょう。

4.ニュースアプリを見ない

最後におすすめの方法は、ニュースアプリを見ないことです。

 

勉強熱心な人は、ニュースダイエットという言葉を聞いたことがあるかもしれません。

 

一般的に、ニュースを見ることで得られる利益は少ない。

 

本当に重要な情報は、専門家が先に知っていてすでに利用しています。

 

また、悲しいニュースを見てもメンタルに良いことはありません。

 

そして、悪いニュースを見ても、あなたが出来ることは非常に限られてしまいます。

 

ならば、ニュースアプリ自体を削除してみましょう。

 

私は、ニュースを全く見ないで、本を読んでいます。(重要な情報は知人が教えてくれるモノです。)

スマホの利用時間を減らせる8つのアイデア「まとめ」

今回は、スマホの利用時間を減らせる8つのアイデアをご紹介しました。

 

私たちは便利さと引き換えに莫大な時間を失っています。

 

これまで、なかなか時間をつくることができなかった人も、この方法を使えば驚くほどたくさんの時間をつくりだせます。

 

全ての人に24時間という時間が与えられています。

 

私たちは、時間を無為に過ごすことも、充実した時間を過ごすこともできます。

 

まずは、時間をつくる。という概念で、スマホを触る時間を減らしてみましょう。

www.yoblog.org