ようの読書記録

読書家が考えるシンプルな暮らし

【児童書のおすすめ】子供の頃に大好きだった本まとめ【読書家の道】

今回は、私が子供の頃に好きだった本についてご紹介します。

 

私自身、読書が好きになったのは「子供の頃に面白い本に出会えたから」です。

 

子供の頃に、たくさんの面白い本に出会えていなかったら、今のようにたくさん本を読もうと思うことは無かったと思います。

 

実際に、学校の国語の授業は正直退屈でわかりにくく、本嫌いになった人も多いと思います。(読書嫌いが増える理由が国語の授業だと思う理由はこちらから

 

だからこそ、子供のころに面白いと思った本をご紹介していきます。今回ご紹介する本がきっかけで、一人でも多くのお子さんが本を好きになってもらえれば幸いです。

 

 

大好きだった絵本

外で本を読む子供

まずは、大好きだった絵本を3冊ご紹介します。

 

どんな人も、一番最初に本と出合ったのは「絵本」だったと思います。もしかしたら、名作の絵本は子供の子供(孫)の時代にも残っているかもしれません。

 

子供も、孫も同じ絵本で育ったら素敵ですね。

はらぺこあおむし

 絵が特に好きでした。色彩豊かな表現。どんどん大きくなるあおむし

 

幸せなエンディング。ページに空いた穴が子供心をくすぐったことを覚えています。

ぼくを探しに

絵本では一番好きな本です。

 

一部、かけらが足りない「ぼく」が、足りないかけらを探していくストーリー。

 

最後、かけらを見つけるものの、結局手放してしまいます。

 

「足りていない自分でいい」

 

そんな風に言われた気がしました。

 

ぐりとぐら

2匹のネズミの物語。

 

絵本らしく、仲良しのネズミの物語ですが、いくつもバリエーションがあります。

 

私は「森の中でカステラを焼く話」が好きだった記憶があります。

 

大好きだった小説

本を読む男性

続いて小説です。

 

小説の世界は不思議に満ちていて「本当にこんな世界があるかもしれない」とワクワクしながら本を読んだことを覚えています。

 

バーティミアス

若い魔術師と中級の妖霊が大活躍する物語。本当に、こんな世界があったら良いな。と思うほどワクワクしました。

 

若くて優秀だけど、経験不足の魔術師と経験豊富で、実力のある妖霊のコンビは最高でした。

 

とはいえ、妖霊自体も「最強では無い」ので、あらゆる戦略を活用し、泥臭く勝利を納める所に胸を躍らせた記憶があります。

 

スケールが大きく、どこまでも没入できるファンタジーの世界。お子さんと一緒に、大人も楽しめるファンタジー小説です。

 

 

勇者の剣(レッドウォール伝説)

 ネズミが主人公のファンタジー。児童書とは思えないほどの大ボリュームですが、動物たちの描写がかわいらしく、世界観の作りこみも素晴らしいです。

 

あくまでネズミなので、非力で日陰者です。そんなネズミたちの勇気に、強い敵に立ち向かっていく姿に、勇気をもらえます。

 

あまり有名な本では無いかもしれませんが、本が好きなお子さんなら、確実に楽しめると思います。

 

ダレン・シャン

子供の頃に夢中になって読みました。吸血鬼になってしまった青年の物語。

 

後半にかけては少し内容が難しく、過激になってきた印象がありましたが、没頭して読み込んだ記憶があります。

 

漫画や映画化もされている、超人気作です。

セブンスタワー

ザ・ファンタジーな本で、ワクワクが止まりません。

 

闇の世界で、唯一光を発しているのは「タワー」だけ、そこは虹色に輝いていて、澄んでいるのは選民のみ。

 

父親が亡くなった主人公は、選民の地位を維持するために「サンストーン」を探す旅に出る。

 

主人公と一緒にした冒険の思い出は、今でも輝いています。

 

かいけつゾロリ

主人公のゾロリが旅をする物語。

 

ギャグや下ネタがあったりして、こどもからすると刺激が強い。と思った記憶があります。

 

夢のあるストーリーで想像力を掻き立てる本でした。

カラフル

日常系小説・漫画のおすすめ14選でもご紹介した本です。(詳細はこちらから

 

他人の人生を突然生きることになった少年の物語。強く、たくましく生きることの大切さを学びました。

 

学生時代にこの本に出会い、幸運でした。ですが、この本に、人生のどこかで出会えただけでも幸運だと思うような本です。

その他「14歳からの哲学」

 個人的に今も忘れられないのが、この本です。

 

哲学の入門書ですが、私の人生観に大きな影響を与えました。哲学が何か。もわからない子供に対して、哲学的に考えることの大切さと魅力を教えてくれます。

 

道徳の授業も大切でしたが、哲学は「正解を教えない」ところが非常に興味深かったです。

 

若い時に、人生かけて考えるようなこと「人生・愛・正義」などについて、思考することは何物にも代えがたい価値があります。

 

【児童書のおすすめ】子供の頃に大好きだった本「まとめ」

今回は、子供の頃に大好きだった本を整理しました。

 

読書が楽しい。という感覚自体は一度身に付けてしまえば、半永久的に続きます。

 

これからどんどん成長していく期間に、面白い本とたくさん出合わせてあげることができれば、きっと本への抵抗感は減ると思います。