ようの読書記録

読書家が考えるシンプルな暮らし

「外出時の暑さ対策」僕が真夏の散歩で使っているおすすめアイテムと知恵

PVアクセスランキング にほんブログ村

早すぎる梅雨明けと共に、信じられないくらいの暑さがやってきました。

 

普段から散歩を心がけている私にとっては、冬よりも辛い時期です。

 

さらに言えば、真夏よりは雨の方が散歩に適しているとさえ感じています。

 

そんな酷暑の夏の散歩、少しでも快適になれるアイテムと知恵についてご紹介します。

 

実際に私が使っているアイテム以外にも「これは便利そう」と思っている最新デバイスについても触れていきます。

 

「散歩したいけど暑くて無理。」
「夏になると散歩が出来ない。」
「運動をして健やかに生活したい。」

 

一つでも対策を増やすことで、確実に暑さ対策ができます。

 

せっかくの夏。楽しく過ごしてください。

夏の暑さを侮るべからず

日本に住んでいればご存じでしょうが、夏の暑さは年々ひどくなっているように感じられます。

 

体温以上の気温になることもある夏。

 

何も対策をしないで外出するのは危険です。

 

「このくらい大丈夫だろう。」
「昔は運動部だったから。」

 

などと思わずに、きちんと暑さ対策をしてください。

夏の暑さ対策の基本「道具要らず」

夏の外出時の暑さ対策として、まずは道具要らずの方法を3つご紹介します。

1.時間帯を調整する

まずは、時間帯を調整することです。

 

・早朝
・夕方以降

 

などの時間であれば、比較的涼しく過ごすことができます。

2.太陽が出ていない時に歩く

2点目は太陽が出ていない時間帯に歩くことです。

 

曇りの日は全ての場所が日陰状態です。

 

太陽が出ている時はなるべく日陰を歩くのと同じように、曇りの日を選んで散歩してみましょう。

www.yoblog.org

3.水分

最後は水分です。

 

飲み水としての水分補給は当然として、体にも水を吹きかけておきましょう。

 

霧吹きなどで服を濡らしておくことで、気化熱で多少涼しくなります。

暑い夏の散歩にはこれを使っています。「4つのアイテム」

ここからが本題です。

 

夏に散歩するたび「暑すぎてこれでは無理だ。」と思い、いろいろと試していった結果、今はこの4つのアイテムがおすすめです。

1.手持ち扇風機「ハンディ」

まずは、手持ちの扇風機です。

 

主に顔を冷やすのに使っています。持ち運べる扇風機のメリットは室内でも使いやすいことです。

 

コンビニで飲み物を買う時や、どこかの施設に立ち寄る時、エアコンと相乗効果で体を一気に冷やすことが可能です。

2.腰に取り付ける扇風機

最近購入したのは、腰に取り付けるタイプの扇風機です。

 

こちらは主に上半身を冷やすために使っています。

 

服の中に風が通るので、想像以上に涼しく感じます。

 

注意点としては、上着のサイズ感によってはうまく風が入ってこない可能性がある事です。

 

扇風機が空気を吸いこむ場所を服がふさがないような、少し短めの服を着る必要があります。

 

丈感としては、ベルトがギリギリ隠れるくらいがベストかと思います。

3.日傘

日傘も厚さ対策におすすめです。

 

こちらは紫外線を防ぐこともできるので、日焼け対策にもおすすめです。

 

男性の場合は持ち歩くのが少し恥ずかしく感じるかもしれません。

 

それでも、圧倒的に涼しく疲れにくくなるのでおすすめです。

4.アームカバーかアンダーシャツ

肌にぴったりと張り付くタイプのアンダーシャツもおすすめです。

 

なぜなら、気化熱による冷却効果を最大限に受けることができるから。

 

さらに、長袖タイプのアンダーシャツを着用することで

 

・前進が涼しく感じる
・日焼け対策になる
・服に汗シミができにくい

 

などのメリットがあります。色は白がおすすめです。

さらに涼しくなれる3つのアイテム

最後に、さらに涼しさを感じることができる3つのアイテムをご紹介します。

1.REON POCKET「ソニーの着るエアコン」

まずは、着るエアコンとして有名になりつつあるこちら。

 

小型のエアコンなどに使われる冷却装置を利用し、肌に触れる部分を冷やすことが可能です。

 

扇風機などとは異なり「それ自体が」涼しくなるため、冷却効果が高い点がおすすめポイント。

 

さらに言えば

・扇風機より静か
・着用していることがわかりにくい
・スーツなどを着ていても着用しやすい

 

などのメリットがあります。

 

金額的には高めになるので、あなたのライフスタイルに本当に必要か。一度考えてから購入しましょう。

 

ちなみに、暖房モードもあるので冬でも使えます。

2.首に巻く保冷剤

最近はやっているように感じるのは、首に巻く保冷剤です。

 

この方法では、直接冷たいものを首に巻くことになるので冷却効果が高いことがおすすめポイントです。

 

また、冷やせば再利用できるので地球にも優しいでしょう。

 

・結露する可能性あり
・温まると荷物になる

 

などのデメリットがあるの点には注意が必要です。

 

いろんな種類のモノがありそうなので、検索してみてください。

3.扇風機付きの服

最後は扇風機付きの服です。

 

腰に装着するタイプの扇風機以上に涼しさを感じることができます。

 

とはいえ

・服の種類が限られる
・服が膨らむので目立つ

 

などのデメリットもあります。

 

散歩など、外に出るだけ(お店によることが少ない)場合には、最強のアイテムと言えます。

「外出時の暑さ対策」僕が真夏の散歩で使っているおすすめアイテムと知恵まとめ。

今回は、暑い夏の外出時、少しでも涼しく感じれるようなアイテムをご紹介しました。

 

暑いからといって、エアコンの効いた部屋にいるだけではもったいない。

 

たった10分でも、外を出歩くことで、気持ちが晴れやかになったりします。

 

暑い時に暑さを感じることが、季節感を感じて、一日一日を大切に過ごす秘訣です。

 

体に無理の無い範囲で、夏の外出を楽しんでください。