ようの読書記録

読書家が考えるシンプルな暮らし

お金の使い道に迷ったら、初手は「人に与えること」な理由

PVアクセスランキング にほんブログ村

「少しだけ貧乏になってみませんか?」

 

こんなふうに言われたら、あなたはどう感じるでしょうか。

 

「えっ、この人変わっているな。」
「いきなり何を言っているんだろう。」

 

と思うかもしれません。

 

ですが、この問いかけには間違いなく"イエス"と答える意味があります。

 

「では、なぜ少しだけ貧乏になるのが良いか。」

 

その理由についてご紹介します。※お金の使い道「向け先編」です。

 

もちろん、やみくもに貧乏になればいい。ということではありません。

 

賢い貧乏になってみましょう。

自分以外にお金を使う。

賢く貧しくなるには重要な法則があります。

 

それは、自分以外のモノにお金を使うことです。つまり、誰かを幸せにするために、お金を使いましょう。

 

これが、正しい貧乏になる方法です。※もちろん、ちょっとだけ。

 

お金の使い道について考えると「何に使うか。」ということを考えてしまいます。

 

しかし、その前に「誰に使うか」について考えてみませんか?

ウォーレン・バフェットは寄付で幸福を感じた。

世界一の投資家である、ウォーレン・バフェットさんは、自分の財産の99%を寄付することを誓っています。

 

そして、他の富豪に対しても資産の多くの部分を、誰かに与えることを推奨しています。

 

それは、お金持ちの矜持のようなものではありません。

 

単純に、寄付した人が幸福感を感じれるからです。

 

実際、ウォーレン・バフェットさんは、寄付をする。という選択に対して「これ以上ないほど幸福に感じている。」と言っています。

 

大富豪が「これ以上ない幸福」を感じたのは、スーパーカーでも、大豪邸でもありませんでした。

わずかな寄付には意味がない?

大富豪が寄付をして、幸福を感じている。というと

 

「それは、お金持ちで、たくさんのお金を寄付してたくさんの人を幸福にしているからだ。」

 

そう思いませんか?

 

しかし、実のところわずかな寄付で大丈夫です。

 

調査によると少ない金額でも、人にお金を使うと私たちは幸福感を感じれるようです。

 

こんな研究があります。

 

・まず、どのくらい幸福か聞く
・5ドルと短い手紙の入った封筒を渡す
・手紙には、2つのパターンの内容が書かれている
 ①自分にお金を使うように書かれている
 ②誰かに贈り物をするか、寄付するように書かれている

 

結果、2番目のパターンの人の方が、その後の調査で幸福度が高い。と回答する傾向にあったようです。

 

使ったのは、同じ5ドルです。

 

そう考えると「向社会的出費」と呼ばれる、誰かにお金を使う行動の方が、幸福度が上がるようです。

 

しかも、たったの5ドルです。

 

無理をして、人にほどこしをする必要はありません。

 

余剰なお金を、誰かのために使うだけで、私たちは満足できます。

誰かにお金を使う。と言うことは、お金に余裕のある証拠「根拠」

では、なぜ誰かのためにお金を使うと満足感が高まるのでしょうか?

 

それは「誰かに施しが出来るほどの金銭的な余裕がある。」と感じれるからです。

 

ちなみに、この考え方は時間の使い方(誰かの手助けをすると、時間的な余裕を感じる。)と同じ理由です。

www.yoblog.org

 

誰かのために、お金を支払うことができる。

 

これは、あなたの能力や資産に余裕がある証拠です。

具体的に寄付をすると、どのくらい幸福度があがるのか

寄付をすることには、大きな意義があります。

 

当然ながら、お金を受け取った人やコミュニティに良い影響があります。

 

さらに、チャリティーに寄付をすることは、家庭の所得が2倍になったのと同じくらい、幸福度に貢献しています、。

 

この効果は、こどもでもほぼ同じような効果が検証されています。

人とのつながりを感じれる寄付がベストっぽい

寄付をする相手は、友人でも(飲み物をおごるとか)、他人でも構いません。

 

しかし、今のところ有力な方法は「つながりを感じれるか。」を意識することです。

 

つまり、誰かにコーヒーをおごって一緒に飲む。のがおすすめです。

 

もちろん、食事でも他のアクティビティでも構いません。

 

たとえ他人でだったとしても「具体的にどんな貢献が出来たか。」を感じれる団体に寄付をするのもおすすめです。

 

そう考えると、対象が絞られている寄付の方が、あなたがつながりを感じやすくなるでしょう。

誰かに与える。という選択肢は常に上位に置いておくべし。「まとめ」

今回は、お金の使い方として「誰かに与える。」ということについて取り上げました。

 

なにも、慈善団体に寄付するだけが選択肢ではありません。

 

・友人
・家族
・同僚

 

など、身近な人におごることもあなたを幸福にするようです。

 

誰かと一緒に過ごす時、飲み物くらいはご馳走してみても良いかもしれませんね。

 

最後に参考書籍です。

www.yoblog.org

www.yoblog.org