ようの読書記録

読書家が考えるシンプルな暮らし

「雑記」最近、回転寿司が楽しく無くなった件「100円寿司」

PVアクセスランキング にほんブログ村

回転寿司って良いですよね?

 

魚はオメガ3脂肪酸の宝庫である。という点から、外食で迷ったら回転寿司に行くようにしています。

 

・安い
・早い
・一人でもファミリーでも行ける
・魚以外の寿司も美味しい

 

などなど、日本らしい最高のレストランが回転寿司です。

 

しかし、最近回転寿司に行くと「楽しくない。」と感じる頻度が増えました。

 

その理由は頭を使うことが増えたから。だと思います。(選択コストが上がっている)

 

今回は、そんな回転寿司が楽しく無くなった理由についてご説明します。※対象は100円回転寿司です。

回転寿司は最高のレストランである

統計学が最強の学問である。じゃないですが、回転寿司は最高のレストランです。

 

先ほど述べた点だけでは無く

 

通し営業をしているので、軽食の代わりに行くこともできるし、商品開発力には舌を巻くばかりです。

 

行くたび新商品があったり、旬の食材が食べられて最高です。

 

・安い
・早い
・上手い

 

これを完璧に実現しているのが、回転寿司と言えます。

僕が回転寿司を楽しめなくなった、たった一つの理由

そんな回転寿司ですが、最近楽しくありません。

 

「寿司は美味しくなっている。」
「ネタも新鮮で、好きなものを注文できる。」
「うどんやラーメンも美味しい。」

 

そんなメリットを感じています。しかし、回転寿司の楽しさは減りました。(あくまで主観)

 

その理由は

100円寿司以外が多すぎる気がする「均一料金でない」

回転すしを楽しめない理由はシンプルで、100円寿司以外が増えたことです。

 

普通に社会人として働いているので、100円以外のお寿司を好きに食べるくらいの経済力はあります。(たぶん)

 

しかし、100円以外の寿司を注文する時は「よしっ」という選択が必要になります。

 

だって、100円のお寿司を食べに行って、200円したら2倍高い金額を払うことになるから。

 

お寿司が100円とアンカリングされているため、200円の寿司は高く感じます。

 

・100円寿司:何も考えずに注文
・200円寿司:注文前に少し悩む

 

この「少し悩む」というのが、回転寿司の楽しさを減らす理由と思っています。

寿司を選ぶ。という手間が増えすぎた

最近は円安やら、海外情勢やら、海外での寿司ブームやらで魚の価格が上がっているように感じます。

 

「刺身定食の刺身が少ない。」
「スーパーの刺身が高くなった。」

 

そんな風に感じている人もいるかもしれません。

 

回転寿司にも同じ現象が起きていて、最近では

 

「100円以外の寿司の方が多いんじゃないか。」

 

と思うことさえあります。

 

その結果
・100円の寿司を選ぶ
・100円以外の寿司を選ぶ

 

という、どちらにせよ判断をする必要性が生まれています。

 

この小さな違いには、驚くほどの違いがあり、回転寿司に行くと疲れる・楽しめない。と言うことになりそうです。

 

私はだいたい12皿の寿司を食べています。

 

つまり、12回も選択が必要になります。これが選択疲れです。

ちなみに、一人席のカウンターの狭さも気になる。

完全に余談ですが

 

「回転寿司のカウンター席って、こんなに狭かったっけ?」

 

と思うことも増えた気がします。

 

おそらく、パーテーションによる影響だと思いますが、お寿司を5皿くらい頼むと非常に食べづらく感じます。

 

一人で手軽に行きやすい回転寿司だからこそ、もう少しだけくつろいで食べたい。と思ってしまいます。

最近、回転寿司が楽しく無くなった件「まとめ」

超低価格で美味しいお寿司を食べさせてもらっていながら、わがままなことを書きました。

 

私の回転寿司の記憶としては

 

100円寿司が存在しない時代⇒美味しくない100円寿司誕生⇒美味しい100円寿司誕生⇒今

となっているので、美味しい100円寿司だけの時代を懐かしく思います。(思い出補正)

 

なかなか食べることの無い、ウニやカニ、アワビなどを手軽に食べられる今の回転寿司も好きです。

 

ですが、選択コストの低い100%100円寿司もあれば良いな。と思います。