ようの読書記録

読書家が考えるシンプルな暮らし

インテリアに緑を増やすなら「切り花」がおすすな5つの理由『観葉植物のある暮らし』

PVアクセスランキング にほんブログ村

観葉植物を置く。インテリア好きの定番ですね。

 

「おしゃれな部屋にしたい。」

 

と思った時に真っ先に思いつくのが観葉植物です。

 

とはいえ、インテリアを素敵にするアイテムは世の中にたくさんあります。

 

・オブジェ
・間接照明
・ロウソク
・アロマ
・革張りのソファー

 

しかし、リラックス効果やメンタルの安定を考えると、迷ったら植物を置く。というのが、最適解です。

 

観葉植物がおすすめな理由は、見た目以外のメリットがあるからです。

 

では、インテリアに観葉植物を取り入れるにはどうしたらいいか?

 

おすすめは、生花(切り花)です。その理由についてご紹介します。

インテリアに緑を増やそう。

観葉植物のある部屋

インテリアに緑を増やすことのメリットはこちらです。

 

・おしゃれに見える
・ストレス感が減るかも
・疲労感が減るかも
・アイデアが出るかも

 

などの効果が期待できます。(参考書籍はこの後。)

 

自然音でも同じような効果が期待できます。

 

つまり、自宅や職場に観葉植物を置く。ということは、見た目以外の実利がある。と考えることができます。

 

他にも、1989年のNASAの調査では、植物は有害物質を吸い込んでくれる。という調査をしています。(植物の種類によって効果は異なります。)

観葉植物をインテリアに取り入れる3つの選択肢

そんな魅力たっぷりの観葉植物。

 

どんな選択肢があるのでしょうか。定番の選択肢を3つご紹介します。

観葉植物「生きている植物」

いわゆる観葉植物。

 

・パキラ
・ゴムの木
・モンステラ
・オリーブ
・サボテン

 

などが代表例です。多くのお店で販売されているので、手軽に観葉植物がある暮らしを実現できます。

 

100均でも購入できるので、手軽さも抜群。

 

また、生きている植物が自宅に置いてある。と言うのは、愛着もわくのでおすすめです。

 

少しずつ伸びていく枝や葉に親しみがわきます。

 

観葉植物のデメリットはこちらです。

・大きいものは価格が高い
・管理が必要
・捨てる時手間がかかる

 

インテリアのイメージを大きく変えるには、それなりにお金がかかります。

 

また、枯れてしまうリスクもありますし、家を空ける時間が長い人にはおすすめできません。

 

さらに、土は意外と捨てるのが大変です。

フェイクグリーン「人工植物」

観葉植物を置いている部屋

最も手軽な選択肢としては、フェイクグリーンでしょう。

 

特徴としては、こちらです。

 

・管理が要らない
・置く場所を選ばない
・成長しない

 

「フェイクグリーンだと、ストレス解消効果が無さそう。」

 

と思うかもしれませんが、多くの実験でフェイクグリーンでも、生きている植物と同じような効果が期待されています。

 

光触媒のフェイクグリーンは空気をきれいにする効果があるようです。(私はこちらを部屋に置いています。)

 

切り花(生花)

スーパーなどで販売されている花です。

 

花瓶にさして使うことができます。

 

観葉植物も、フェイクグリーンも自宅に置いている私がおすすめしているのがこちらです。

 

観葉植物の中で切り花が一押しな5つの理由

f:id:koyoux:20210901183731j:plain

なぜ、数ある選択肢から、観葉植物の候補として切り花がおすすめなのか。

 

その理由についてご紹介します。

1.価格が安い

まずは、価格が安いこと。

 

スーパーでは200円~400円くらいで購入することができます。

 

花瓶も100円均一のもので充分でしょう。

 

だいたい2週間~4週間くらいはきれいな状態を保てます。

 

適度に管理すれば、そのままドライフラワーとして再利用することもできます。

2.手間が少ない

切り花は水を交換するだけなので、手間がかかりません。

 

特別な技術もいりません。

 

捨てる時もゴミ袋に入れるだけなので、ゴミ処理の負担も少なめです。

 

長く切り花を楽しみたい。という人にはこんなアイテムもあります。

3.部屋を圧迫しない

広いお部屋に住んでいる場合は問題になりませんが、大きな観葉植物を置こうと思うと、スペースを圧迫します。

 

しかし、切り花ならわずかな隙間に置くことができます。さらに、切り花は存在感もあります。

4.圧倒的に素敵

f:id:koyoux:20210628185008j:plain

個人的には、素敵さで言えば、切り花が最強。と思っています。

 

たった一輪の花がテーブルの上に置いてあるだけで、豊かな暮らしをしている気持ちになります。

 

素敵さや優雅さに対して、最も少ない費用で効果があるのが切り花だと思っています。

 

スペースと見た目の変化量で比較すれば、最もインテリアの印象を変えてくれるアイテムの一つ。

5.どこでも買える

最大のメリットともいえるのは、買うのが楽なこと。

 

切り花はスーパーで購入できるので、普段の買い物のついでに入手できます。

 

わざわざ足を運ぶ必要が無いので、継続しやすい。といえます。

 

「わざわざ植物を買いに行くのが負担。」という人にも切り花はおすすめ。

インテリアに緑を増やすなら「切り花」がおすすな5つの理由『まとめ』

f:id:koyoux:20210430181143j:plain

今回は、観葉植物好きな私が「やっぱり切り花は素敵だな。」と思ったことをきっかけに、その魅力を整理しました。

 

もちろん、切り花は枯れてしまうので長く一緒に過ごすことは出来ません。

 

しかし、その儚さに「いとをかし」を感じます。

 

いつでも切り花を置く必要はありません。

 

「最近疲れているなあ。」
「仕事が上手くいった。」
「パートナーを励ましたい。」

そんな時は、買い物ついでに切り花を買ってみてはいかがでしょうか。

www.yoblog.org

www.yoblog.org