ようの読書記録

読書家が考えるシンプルな暮らし

【在宅勤務は未来のスタンダード】テレワークを導入すべき4つ理由について考察します。

テレワークは、思った以上に浸透していないなあ。と感じます。

 

どうしても新しい変化に対応するのは難しい。また、実際にテレワークを経験していると

 

「会社に出社した方が仕事がしやすい」と思う人も多くいるでしょう。

 

それでも、個人的にはテレワークは積極的に推進すべき。と考えています。

 

どうやっても時代は変わります。もはや、通常のビジネスではがきを送ることがほとんど無いのと同じです。

 

コミュニケーションも次の時代に差し掛かっています。そんな未来について考察します。

 

「テレワークって、なんでやるべきなんだろう?

そう思う人は、ご覧ください。

 

【ご紹介すること】

・テレワークを導入しないとどうなってしまうのか
・テレワークを導入するメリットはなにか
・働き方の未来はどうなってるのか

テレワークを導入導入すべき4つの理由

f:id:koyoux:20210827175253j:plain

本題です。なぜ、テレワークを導入すべきなのでしょうか?

 

たしかに、テレワークでは

・コミュニケーションがとりにくい
・阿吽の呼吸が出来ない
・なんとなく疲れる

 

などのデメリットがあります。ですが、これらのデメリットは克服すべき課題です。

 

「テレワーク大変だから、やらなくていいや。」そう思っていると、時代の変化に取り残されていきます。

1.社会の変化に対応すべき【普通は変わる】

まずは、社会の変化に対応する必要があります。

 

すでに、大手の企業でテレワークが積極的に推進されている会社もあります。(トヨタYahoo!など。)

 

それには、これからご紹介する3つの理由が関係していると思っています。

 

他の企業がテレワークで仕事が出来ている(より良い働き方を使っている)のに対して、全員出社している場合は、それだけで対他競争力が低下します。

2.テレワークというコミュニケーション形態になれるべき

f:id:koyoux:20210804184422j:plain

そもそも、テレワークが一般化していった場合、テレワークが苦手。という状態では、仕事になりません。

 

「お伺いします」
「直接お話させてください」

 

こういったアプローチが出来なくなった時、必然的に打ち合わせの選択肢にweb会議が入ります。

 

そんな時に、web会議が上手く回せないと、当然仕事も上手くいきません。

 

結果、同じ言語(web会議)で会話が出来ないので、コミュニケーションの問題が生まれます。

3.雇用と人の変化に合わせるべき【人材確保】

今後の働き方のニーズとして「在宅で働ける」が強くなるでしょう。

 

・介護
・子育て
・通勤が大変

 

などの理由で、在宅で働けることが、一つの福利厚生になります。

 

また、今後社会人になる若い世代(Z世代)は、デジタルなコミュニケーションに慣れているので、今まで以上にwebのコミュニケーションが得意になるでしょう。

 

おじさんと若者の、タイピング速度が違うのと同じように、若者の方がwebでは上手に立ち振る舞えるかもしれません。

 

今後、良い人材を獲得するには、テレワークが出来ることも条件になります。

4.テレワークのメリットを最大限活用すべき

 

デメリットもあるテレワークですが、当然メリットもあります。

 

・固定費が下がる(オフィスや交通費)
・遠くの人を雇える
・生産性の向上(モノによる)

 

これらについても、簡単にご紹介します。

固定費の低下

まずは、固定費が下がります。家計でも、スマホの料金や、保険費が減らせれば楽になるように、毎月固定でかかる費用を減らすことの価値は大きいです。

 

・オフィスの費用
通勤手当
・光熱費

 

こういった費用を、在宅勤務になれば減らすことができます。

人材確保

f:id:koyoux:20210704212444j:plain

先ほどもお伝えしたように、新しい世代の人は「在宅勤務」をしたい人が増えるでしょう。

 

コミュニケーションの一つの方法として、ネット上のやり取りが確立されているからです。

 

また、遠くに住んでいる人を雇うこともできます。とくに、地方においては、在宅勤務によって、人材確保が出来るケースが増えるでしょう。

 

田舎にあるけど、事業としての競争力がある。でも、人が居ない。そんな問題を解決する糸口になり得ます。

生産性向上

最後に、生産性の向上です。

 

・書類の作成
・戦略を作る
・会議

 

これらの生産性が向上する可能性があります。どうしても、直接会話していると、雑談が増えます。

 

また、気が散りやすい人は、他の人の雑談で集中力を消耗するケースもあります。

 

さらに
・会議もアイスブレイクの会話が不要
・ピンポイントで出席できる

 

などにより、効率が上がる場合もあります。特に、全体への連絡事項など、議論が少ない打ち合わせについては、会議効率が上がる可能性があります。

 

こういった点も、テレワークを経験していけば習熟していくでしょう。

テレワークを導入すべき4つ理由について考察します。「まとめ」

f:id:koyoux:20210704152953j:plain

今回は、テレワークを導入すべきだな。と思っている4つの理由についてご紹介しました。

 

色々と整理してきましたが、最大の理由は「他者に遅れないようにすること」です

 

テレワークによる働き方の効率は、やればやるほど良くなるでしょう。とくに、現在ではテレワークスキルが低い人が多い。

 

どんなことでも、初心者から、中級者までは努力で達成するのは比較的容易です。

 

だからこそ、今はテレワークで差がつきやすいタイミングです。

 

・今からテレワークに慣れていく企業
・テレワークなんて不要。と思っている企業

 

将来性があるのは、前者です。やみくもに取り入れるべきではありませんが、チャレンジする必要はあります。

 

もし、就活をしている人なら、同条件の場合は、テレワークに取り組んでいる企業の方が、将来性はある気がします。

 

「とはいえ、web会議が苦手なんだよな」

 

という人は、こちらをご覧ください。脱初心者は、一朝一夕でできますよ

www.yoblog.org