ようの読書記録

読書家が考えるシンプルな暮らし

【樽出し生ワイン】シャトレーゼワインは心配になるほどコスパ高でおすすめ【レビュー】

PVアクセスランキング にほんブログ村

シャトレーゼの樽出し生ワインを、実際に飲んだので、レビューします。

 

最近では、テレビやネットで話題になるシャトレーゼ。実は美味しいワインも作っています。

 

結論はコスパが高いです。754円で飲めるワインとしては、かなり本格的だと言えます。

 

そして、シャトレーゼのことが心配になりました。

 

なぜなら、この価格で樽出し生ワインを販売した場合、他のシャトレーゼのワイン(瓶詰)を買う人がいなくなりそうだから。

 

当然ですが、コスパが高い=価格が安いではありません。

 

費用対効果なので、コストに対してのリターン(味)が美味しい。ということです。

 

今回は、そんなシャトレーゼの樽出し生ワイン(のレビューです。※白ワインは後半で。

シャトレーゼとは「みんなのお菓子屋」

f:id:koyoux:20201210195709j:plain

シャトレーゼとは、山梨県に本社を置く会社で、元々は和菓子の販売がメインだったようです。

 

スタートは4坪の焼き菓子屋でした。

 

現在ではこれらの製品の提供も行っています。基本的には、低価格帯で庶民的なお店です。

 

・ケーキ
・和菓子
・アイス
・ピザ
・ワイン

 

自社工場で生産し、中間業者を介さずに各店舗に送っているため、低価格が実現できています。

 

基本の考え方は工場直販。というイメージです。

 

シャトレーゼとは、「シャトー(城)」と「レザン(ぶどう)」を意味するフランス語の造語です。

 

こういったところからも、シャトレーゼがワインに高い関心がある事を伺えます。 

 

創業者が父親から「ブドウもちゃんとやれよ。」と言われていたようなので、その影響もあるでしょう。

www.yoblog.org

シャトレーゼの樽出し生ワイン。4つの特徴「赤白共通」

f:id:koyoux:20201210195628j:plain

シャトレーゼの蔵出し生ワインには、こんな特徴があります。

 

1.ボトルは持ち込み制で交換式
2.無濾過で非加熱の生ワイン
3.賞味期限は2週間
4.2種類のワインがある

 

シャトレーゼのワインが高コスパなのは、シャトレーゼが広告宣伝費を一切使わず、原価を最大限に下げているからです。

1.ワインボトルは持ち込み制で交換式

シャトレーゼで最初に生ワインを購入する時は、ワインボトルを購入する必要があります。(157円)

 

そのボトルに店員さんが樽からワインを入れてくれます。

 

「すみません。生ワインの赤が欲しいのですが」
「ボトルは持っていません。」

 

と店員さんに伝えれば、新しいボトルにワインを注ぎ、会計をしてくれます。

 

ボトルがリユースされるので、経済的で環境にも優しいです。ゴミを捨てなくていいのは、家事の面でも楽でありがたい。

 

ボトルのつくりはシンプルで、ワイヤーとプラスティックの蓋で、ワインボトルに栓ができるようになっています。

 

一本飲み切れなくても、簡単に保管できます。

 

とはいえ、一度しか生ワインを購入しない場合でも、ワインボトルの購入が必要なのはデメリット

 

しかし、樽から通い瓶にその都度補充するシステムのため、コストと環境負荷の軽減が出来ています。

 

シャトレーゼワインの価格を下げる方法として、通い瓶を採用しています。

 

この通い瓶システムを2000年ごろから行っている。というのが、先見の明を感じます。

2.無濾過で非加熱の生ワイン

生ワインとは、日本で生まれた言葉との説があります。日本のワイン全般に言えることですが、厳密な定義がある訳ではありません。

 

基本的には、これらの要素を満たしてます。

・無濾過
・無添加
・非加熱

 

通常、赤ワインは「澱(おり)」と呼ばれる沈殿物を、ろ過⇒加熱殺菌して販売されています。

 

生ワインでは、無濾過のため澱が残っています。そのため、ワインの特徴が生きている(加工されていない)状態になっています。

※シャトレーゼの赤ワインでは特に澱を感じることはありませんでした。

 

もちろん、生ワイン=良いモノ。では無く、あくまでワインのカテゴリーの一つです。

 

コーヒーで言えば、フレンチプレスとペーパーフィルターでの抽出と似ています。

 

どちらかが、優れている訳では無く、キャラクターが異なるだけです。

 

ですが、生ワインならではのフレッシュ感は他では味わえない魅力です。

3.生ワインの賞味期限は2週間

非加熱のため、賞味期限は2週間です。

 

ワインボトルの空気を抜いていないこともあるので、妥当な線だと思います。

 

シャトレーゼの基本の考え方として「無添加・減添加」という考え方があります。添加物を使えば長持ちするけど、それは企業のわがまま。

 

こう考えているからこそ、日持ちしないワインを販売しています。

 

バキュバンなどで、空気を抜けばもう少し長持ちするかもしれません。

 

生ワインは一度買って、寝かしておくことは出来ないので、その点は注意が必要です。

 

飲む前の日か当日に買いに行くのがおすすめです。

※普通のボトル入りワインのおすすめはこちらから。

www.yoblog.org

4.2種類のワインがある

樽出し生ワインは赤ワインと白ワインの2つの種類があります。

 

・カベルネソーヴィニヨン(赤)
・シャルドネ(白)

 

どちらも飲みましたが、個人的におすすめは「赤ワイン」です。

シャトレーゼの赤ワインを実際に飲んでみた「レビュー」

シャトレーゼ生ワイン

 では、シャトレーゼの赤ワインを実際に飲んでみた感想です。他の口コミをみても、評価は高そう。

スッキリとした飲み口だが、後味は本格派

まず、口に入れてすぐはブドウの香りがしっかりします。他のワインと比較して、ぶどうの果実感は高いと思います。

 

大げさに言えば、飲んで0.2秒くらいはブドウジュースの味がします。大袈裟ですが。

 

最初は非常にカジュアルで親しみやすい香りですが、後味は本格的です。

 

ワイン樽で熟成された、本格ワインの香りが後味でします。

 

ちなみに、シャトレーゼのホームページではこのように紹介されています。

 

    • 無濾過・非加熱の≪生ワイン≫のため、まろやかな口当たりです。重厚な味わいで、赤身の肉料理と非常に相性がよい。ハーブやベリー系の香りが印象的な、若々しい味わいのワインです。主体品種:カベルネ・ソーヴィニヨン(輸入ワイン使用)

    • シャトレーゼの生ワインは他の赤ワインと比べてどうか

    • 個人的に、コスパ最強ワイン(低価格部門)では、こちらが四天王ですが、味わいの満足度は同じくらいです。

これらのワインは1,000円超えするものが多いので、そういった意味でもコスパ最強に思えます。
 
コノスル(最初のリンク先)は、1,000円以下で購入可能なので、シャトレーゼに負けず劣らずコスパ高(費用対効果が高い)です。 

シャトレーゼのワインボトルは注ぎにくいので少しこぼす

    シャトレーゼ生ワインの形状

    あくまで個人の感想ですが、ボトルからワインが注ぎにくく感じました

     

    具体的には、普段ワインをこぼす量に対して、2倍くらいはこぼした気がします。

     

    ボトルの注ぎ口の形が理由と思います。(注ぎ口が厚い)

     

    こういったアイテムを使うと安心です。

    他にも、シャトレーゼでは瓶詰めワインを販売している

    シャトレーゼの店舗では、他にも多くのワインが販売されています。

     

    まだ飲んだことが無いので、レビューは出来ませんが、いずれ飲んでみたいものです。

     

    とはいえ、樽出し生ワインが美味しすぎたので、逆にハードルが上がっているのは事実。

     

    確実に美味しくて安い、樽出し生ワインがあるのに、他のワインを選ぶのには勇気が必要。

    オマケ:樽出し生ワイン(白)も飲んでみた「レビュー」

    f:id:koyoux:20210816153708j:plain

    あまりに赤ワインが美味しかったので、白ワインも飲んでみました。

     

    例によって、シャトレーゼホームページからの引用はこちら。

    • 無濾過・非加熱の≪生ワイン≫のため、まろやかな口当たりです。 白い花や、グレープフルーツのような柑橘系の香りとナッツのような香ばしい風味が特徴。魚介類の料理に相性抜群な白ワインです。主体品種:シャルドネ(輸入ワイン使用)

    爽やかな酸味と、フルーティな香りが、ブドウのうま味を感じさせました。

     

    日本食やパスタなどとの相性も良いので、日本人の食事と合わせるなら、白ワインの方が万能かもしれません。

     

    食事と一緒に飲みたくなる。爽やかで癖の少ない、フレッシュなワインです。

    ※個人的には、赤ワインの方が感動しました。

    シャトレーゼの樽出し生ワインを飲んだら心配になった話【まとめ】

    f:id:koyoux:20210104224754j:plain

     今回は、シャトレーゼの樽出し生ワインのレビューでした。

     

    ケーキやアイス、お菓子などが話題になるシャトレーゼですが、ワインの実力も非常に高い

     

    私は甘いものは、72%のチョコしかほぼ口にしないので、シャトレーゼとは縁がなかったのですが、これからは変わりそうです。

     

    もし、ワインが好きなら一度は試す価値があります。

     

    基本的に、生ワインを飲もうと思ったら国産しかありません。海外から輸送できるほど日持ちしないからです。

     

    これまで、1,000円くらいのワインだけを飲むことが多かった人は、美味しさにびっくりするかと思います。

     

    「安いのに、美味しいワインが飲みたい」

     

    そんな時におすすめです。初めてのワインにもおすすめ。

     

    1,000円以下でここまで美味しいワインは貴重だと思います。

     

    以上、シャトレーゼの樽出し生ワインのレビューでした。

    www.yoblog.org

    缶入りのワインは「一人で飲みやすい」「アウトドアで便利」「ごみの処理が楽」など、ボトル入りとは異なるメリットがあります。

     

    コストコ会員の人はこちらもご覧ください。

    www.yoblog.org