ようの読書記録

読書家が考えるシンプルな暮らし

シンプルな暮らしを実現する捨て方【9つのルールと基準】

PVアクセスランキング にほんブログ村

今回は、シンプルな暮らしを実現する「捨て方のルールと基準」についてご紹介します。

 

シンプルライフに最も重要なのは、マインドセットです。しかし、次点は捨てることだと思います。

 

※シンプルな暮らしのを実現する「マインドセット」については、こちらから

 

ものが減れば、それだけ掃除の時間も、選択肢も減ります。また、シンプルに部屋がきれいになることも魅力です。

 

とはいえ、いざ捨てる時になるとこんな悩みが出てきます

 

「思ったより捨てられない」
「もったいないと思ってしまう」
「思い出があるから残したくなる」
「捨て方の基準がわからない」

 

今回は、そんな時に使えるルールと基準についてご紹介します。全てを使う必要はありません。

 

使いやすそうなルールだけを採用して、今すぐゴミ箱を用意しましょう。一つでも、使えそうなテクニックを身に付ければ、今より部屋がきれいになります。

 

 

シンプルな暮らしを実現する9つの捨て方ルール

f:id:koyoux:20210121220812j:plain

 ここからは、シンプルな暮らしを実現するための捨て方を9つご紹介します。

 

今回ご紹介する項目はこちらです。

 

①迷ったら捨てる
②捨てる数のノルマを作る
③ワンシーズン着ていない服は捨てる
④買った時の値段でもう一つ欲しいか考える
⑤相場から値段をつける
⑥一度ゴミ袋に入れてみる
⑦使えそうは捨てる
⑧試供品は今日試す
⑨思い出はデータに残す

 

詳細は、この後ご紹介していきます。

①迷ったら捨てる

捨て方としても、最もシンプルなルールです。

 

「これはいるかな」
「いつか使うかな」

 

そんな風に思った時点で、捨てましょう。

 

捨てるか、捨てないか判断する材料は「要らないか」「要るか」ではありません。

 

・どうしても必要=残す
・あってもいい=捨てる
・悩む=捨てる
・要らない=捨てる

 

この方程式に当てはめて、捨てるかどうかを判断する基準にしましょう。

 

②捨てる数のノルマを作る

f:id:koyoux:20201210195628j:plain

「捨てたいけど、なかなか勇気が出ない」

 

そんな人は、「何を捨てるか」を決めるより前に「何個捨てるか」を決めてしまうのがおすすめです。

 

なぜなら、捨てる数のノルマが決まっていれば、少なくとも何かを捨てる義務が発生するからです。

 

自由意志で捨てるものを選ぶのは、精神的に辛い時があります。だからこそ、捨てることを義務にしましょう。

 

捨てる数や方法については、あなたの好みで良いですが、おすすめはこちらの3択です。

 

①毎日1個捨てるのを一ヶ月~3ヶ月続ける
②毎日10個捨てることを1週間続ける
③一日に50個捨てる

 

短期決戦でも、長期決戦でも構いません。大切なのは、自分にあう方法で、捨てる行為を義務化することです。

 

・捨てた数を数える
・捨てる数を明確にする
・捨てる数の目標値を紙に書いて見えるようにする

 

こちらの方法を取り入れると、今までより捨てやすくなります。

 

③ワンシーズン着ていない服は捨てる

服を捨てるのは、思いのほか大変です。

 

それには、こんな理由があります。

 

・価格を覚えている
・いつか着れそう
・もったいない感がある

 

ですが、服の維持には精神的にも、スペース的にも大きな負担になります。

 

・服を選ぶ
・服を整理する(衣替え)
・服をしまう
・服を管理する(選択やクリーニング)
・服を保管する

 

だからこそ、服を捨てる時は明確なルールが必要です。おすすめなのは、ワンシーズン着ていない服を捨てることです。

 

冬に一度も着なかったダウンジャケットは、次の冬も着ることはありません。今年の自分の選択も、来年の自分の選択もほとんど変わらないからです。

 

まずは、ワンシーズン着た服を着ていない服を仕分けしましょう。着なかった服の90%は捨てても影響ありません。

 

④買った時の値段でもう一つ欲しいか考える

f:id:koyoux:20201207212617j:plain

 服を捨てにくい理由として「価格を覚えていること」を挙げました。

 

「この服2万円もしたからもったいない」

 

そんな風に思う時は、捨てるか悩んでいる服を、同じ値段で買いたいか考えてください。

 

2万円で購入したダウンジャケット。もし、穴が空いて着れなくなったら同じ服を買いますか?

 

「次は買わない」 

 

そう思うなら、その服は捨てても大丈夫です。

⑤相場から値段をつける

 価格をつけることで、簡単に捨てられるものがあります。

 

それは、こんなものです。

・試供品
・ショップの袋
・ゲームセンターのぬいぐるみ
・記念品
・使いかけの化粧品
・食料品

 

これらのモノに、だいたいの相場で価格をつけてください

 

例えば、試供品やショップの袋は数十円ですし、ぬいぐるみは中古で100円程度だったりします。

 

価格をイメージすれば「捨ててこまったら、また買えば良い」と思えます。

 

なんとなくもったいなくて捨てられていないものは、価格をつけて判断してください。

⑥一度ゴミ袋に入れてみる

f:id:koyoux:20201130220636j:plain

 「これなら捨てても良い」

 

そう思っても、いざとなると捨てられないものがあります。そんな時は、とりあえず捨てるかどうかは置いておいて、ごみ袋に入れてみましょう。

 

そして、一日そのまま放置します。

 

どうしても、残したくなったら捨てる必要はありません。しかし、「まあいいや」と思ったら、そのままゴミとして出します。

 

一度捨てた姿を想像することで、捨てた後の現実を想像しやすくなります。

⑦使えそうは捨てる

「これ、まだつかえるんだよなー」

 

そう思う時は、捨てましょう。実際に、まだ使えそうと思う程度のものは、すでにお気に入りではありません。

 

お気に入りのものに囲まれた生活に、まだ使えそうな物は不要です。

 

もし、それでももったいない場合は、しばらくの間、その使えそうなものを毎日使いましょう。

 

「もう使えない」

 

そんな風に感じるまで、使ってしまえば気持ちよく捨てることができます。

 

⑧試供品は今日試す

f:id:koyoux:20210121221007j:plain

買い物をしたり、お店に行くと試供品をもらえる時があります。

 

貰った時は得した気持ちになりますが、なかなか使うことができず、どんどんたまっていきます。

 

その対策としては、「すぐ使うこと」です。試供品は真っ先に消費をしましょう。

 

捨てるのも、使うのももったいないと思っていると、どんどん物が増えていきます。

 

試供品=すぐ使う。と考えるだけで細かいモノを減らすことができます。

 

⑨思い出はデータに残す

 

学生の時の思い出の品などは、なかなか捨てることができません。

 

しかし、思い出としては残っているもののほとんどは、実用性の無いものがほとんどです。

 

・学生の時の作文
・ランドセル
・当時着ていた服

 

こんなものが残っていると、ついついもったいなくて使えなかったりします。

 

そんな時は、写真や動画にして残す。のがベストです。

 

思い出が振り返ることができるという、保証があればすっきり捨てることができます。

 

思い出の品を写真にとって、ごみ袋に入れてみましょう。先ほどご紹介したように、1日立って、「残したい」を思ったものは残して構いません。

 

シンプルな暮らしを実現する捨て方【9つのルールと基準】まとめ

今回は、シンプルな暮らしを実現するために必要な、捨て方のルールと基準をご紹介しました。

 

お気づきの方もいると思いますが、今回の方法は組み合わせることで、さらに大きな効果が期待できます

 

①迷ったら捨てる
②捨てる数のノルマを作る
③ワンシーズン着ていない服は捨てる
④買った時の値段でもう一つ欲しいか考える
⑤相場から値段をつける
⑥一度ゴミ袋に入れてみる
⑦使えそうは捨てる
⑧試供品は今日試す
⑨思い出はデータに残す

 

どうしても、捨てられないものは、ルールを組み合わせてください。

 

思い出を残したい気持ちや、もったいないと思う気持ちは素敵です。ですが、過ぎたるは猶及ばざるが如し。です。

 

適度に思い出やもったいない精神を活かしながら、シンプルな暮らしのために「捨てるルール」を確立しましょう。もっと快適に生活できるはずです。

 

まずは、一つ。どんなルールでも良いので、試してください。