ようの読書記録

読書家が考えるシンプルな暮らし

【雑記】スキーマ散歩がくだらないけど意外と面白いのでご紹介します【散歩の楽しみ方】

今回は、自己流、散歩の楽しみ方をご紹介します。

 

散歩をするのは、運動量の観点でも、リラックスの意味でも良い効果が期待できます。

 

散歩などの運動をしてから、知的労働をするとパフォーマンスが上がるんじゃないの?という研究もあったりします。※朝が一押し

 

つまるところ、とりあえず運動をしておくことは良い選択。そして、散歩は誰でも負担が少なくできるのでおすすめです。

 

・初期投資がかからない
・真夏や真冬でもできる
・体への負担が少ない
・短時間でもできる

 

そんな散歩の楽しみ方として、私が行っている「スキーマ散歩」についてご紹介します。

 

くだらないけど意外と楽しいですよ。

 

【こんな人におすすめ】
・散歩に飽きた人
・なにか運動をしたい人
・つまらないことが嫌いな人
・認知の偏りに気づきたい人

散歩が良いことはわかっているけど、少し退屈

散歩する双子

運動をしようと思っている人は皆さんご承知でしょうが、運動自体はやって損することはありません。(超ハードな場合を除く)

 

しかし、散歩はそのシンプルさゆえに退屈ですよね?

 

また、家の近くの歩きやすい場所を考えると、散歩ルートもある程度固定されてしまいます。

 

新しい道も良いですが、信号が多かったり、歩道のスペースを考えると、散歩ルートの選択肢は少ない。

 

結果、散歩が良い事はわかっているけど、同じ道ばかりで退屈を感じます。

 

その対策として、スキーマ散歩をおすすめします。(私の造語なので、他の媒体でもし紹介されている場合は、このエントリーと内容が異なる可能性があります。)

スキーマ散歩とはなにか

では、スキーマ散歩とは何でしょうか?

 

それはスキーマ」による知覚の変化を楽しむ散歩です。スキーマとは、あなたが着目する領域です。

 

例えば、ポストについて考えていると、街中に意外とポストがある事に気づく。みたいなことです。

 

歯医者のことを考えながら、街中を歩くと、歯医者がいたるところにあって、驚くのもスキーマが理由です。歯医者がコンビニよりも多いのは有名な話ですよね。

 

つまり、スキーマ散歩とは特定の何かを探す散歩です。その何かをスキーマと呼んでいます。

 

・散歩中に黄色のものを見つける
・散歩中に広葉樹を見つける
・散歩中に「゜」や「゛」のある看板を見つける
・錆びているものを見つける

 

このように、思いつく何かを探しながら散歩をすることが、スキーマ散歩です。

スキーマ散歩は何が楽しいの?

では、そんなスキーマ散歩ですが、何が楽しいのでしょうか。

 

これだけだと、退屈に思えるかもしれません。実際はやってみないとわからないものですが、まずは文章で魅力を3つご紹介します。

1.スキーマの効果そのものを楽しむ

まずは、スキーマの効果そのものを楽しみましょう。

 

まだまだ、あなたは懐疑的だと思いますが、スキーマを一度設定すれば本当に目に入る情報が変わります

 

・看板の裏側のシール
・スーパーのロゴ
・車のホイール
・家の屋根の色

 

など、これまで意識していなかったものが目に入ります。これまでいかに自分が観察をしていなかったか。が理解できます。

 

シャーロックホームズはこのように言っています。

 「君は見ている。でも観察していない。その違いは明らかだ。」

2.新しい発見を楽しむ

次は、スキーマ設定による新しい発見を楽しむことです。

 

スキーマを設定することで、これまで見つからなったものが目に入ります。

 

「こんな場所に公園があるんだ」
「ここに、喫茶店があるんだな」

 

このように、新しい発見が生まれることで、散歩道が変わって見えます。

 

新しい発見をして、実際にそこに行くことによって、これまで以上にあなたの街を身近に感じるでしょう。

3.視線の違いを楽しむ

f:id:koyoux:20210723190738j:plain

最後は視線の違いを楽しむこと。

 

視点が変われば、見える世界が変わります。

 

これまで、散歩をしている時は、なんとなく歩く人や街並みを眺めていることが多いかと思います。

 

つまり、普段の散歩にあなたの意志はありません。受動的に、見える景色を見ています。

 

しかし、スキーマという概念を入れることによって、視点が大きく変わります。

 

「こんな風に、世界が変わって見えるんだな」
「いままでは漫然と街中をあるいていたんだな」
「知らなかったことが、たくさんあるな」

 

そんな自分の変化に気づけることも一つの楽しみと言えます。

スキーマ散歩がくだらないけど意外と面白いのでご紹介します「まとめ」

f:id:koyoux:20210625175201j:plain

今回は、非常にくだらないエントリーでしたが、個人的に面白いと思った、スキーマ散歩についてご紹介しました。

 

運動をすることは大切。でも、めんどくさい。

 

結局、飽きというものは、インプットする情報への慣れが原因です。であれば、強制的にインプットされる情報が変わる、スキーマを活用してみてはいかがでしょうか。

 

散歩以外にも活用方法はあると思います。

・待ち合わせをしている時
・実家に帰った時
・電車に乗っている時
・つまらない話を聞いている時

 

そんな時に暇つぶしに、ぜひ、スキーマを使ってみてください。

 

人の認知というものは、思っている以上に習慣で固定されていることが理解できると思います。

 

バイアス排除の助けにもなるかもしれませんね。

 

運動のモチベーションになる本と言えば、こちら。

 

自宅でトレーニングと体調維持がしたい人は、こちらから。

www.yoblog.org

散歩も立派なスポーツだと思います。私は、趣味は散歩と言うこともあります。(不思議がられることも多いですが。)

今週のお題「好きなスポーツ」