ようの読書記録

読書家が考えるシンプルな暮らし

本を読む意味は知識を身につけることでは無く教養を身につけること【読書の目的】

PVアクセスランキング にほんブログ村

今回は、本を読む意味について考察していきます。

 

結論は教養を得ることこそ、本を読む意味だと考えています。

 

「資格が取りたい」
「今の仕事で成功したい」
「悩みがある」

 

様々な目的をもって、読書をすることが多いと思います。しかし、読書の意味とは「知識を得ることだけじゃない」です。

 

知識を身につけることももちろん大切です。

 

しかし、それ以上に教養を身につけることの方が、価値があると思う理由についてご紹介します

 

知識と教養の違い

f:id:koyoux:20201221225319j:plain

まずは、知識を教養の違いについての意見です。

 

定義は様々かもしれませんが、私の考える定義はこちらです。

 

・知識:目的を持って仕入れる情報
・教養:目的を持たずに仕入れる情報

 

ここでは、こちらの内容で知識を教養を定義をし、考察を進めていきます。

 

つまり、目的の有無が知識と教養の分かれ目です

なぜ、教養を身につけることに意味があるのか【メリット】

f:id:koyoux:20201221225342j:plain

まずは、教養を身につけるメリットです。

 

教養を身につけることはには、こちらの3つの利点があります。

 

・人間の幅が広がる
・仕事や生活で活かせる場面を期待できる
・そもそも勉強することは、読書の意味の極一部だから

 

ここから、具体的なご説明をします。 

読書による教養は人間の幅を広げる

教養がある事で、人間の幅が広がります。ここでいう人間の幅とは「知識の幅」と「視点の幅」です。

 

「知識なんて必要な分だけあればいい」

 

そのように思うかもしれません。確かに、知識を何かを実現するための道具とみなせばその通りです。

 

しかし、いつ・どんな知識が必要になるかわかりません

 

転職、結婚、家を買う、引っ越し、子育て、老後。

 

あらゆる人生の分かれ道や重要なイベントは、何が起こるかわかりません。

 

そんな時に、教養があれば対応できる幅が広がります。今必要でない知識は、いつか必要な知識になるかもしれません。

 

もちろん、ちょっとした雑談でも使えますし、ニュースを見たり、新しい情報を知った時の考え方も広がります。

 

様々な物の見方が出来れば、一つの考え方に固執することなく、理性的に考えることができます

 

教養という土台があって始めて、知識や経験が活きます。

 

教養は仕事や普段の生活で活かせる場面が期待できる

f:id:koyoux:20201221225603j:plain

先ほどもお伝えしたように、教養とは、幅のことです。

 

つまり、狙えるレンジが広がることになります。その結果、仕事でも、普段の生活でも教養を活かせる場面があります。

 

読書によって、教養を広げた結果、長い人生で活用できる場面は無限にあります

 

もちろん、全く使わない知識もあるかもしれません。それでも、知っていることと、知らないことの差は大きいです。

 

例えば、旅行に行った時のことを想像してください。どちらが楽しめるでしょうか。

 

①観光地の歴史や名産物を知っている
②観光地について全く知らない

 

もちろん、①の方が楽しめると思います。教養があることで、もっと人生を楽しめると思います。

 

さらに、人と会話する時にも教養は有効です。

 

・年の近い人
・国籍の違う人
・家族
・会社の上司
・近所の人
・たまたま電車で隣に座った人

 

どんな人と会話をするかはわかりません。教養があれば、どんな話題にもついていけますし、お互いに面白い話をすることもできます。

 

中身の無い人だと思われるか。しっかり人だと思われるかを左右する要素の一つは、教養だったりします。

 

そもそも勉強することは、読書の意味の極一部だから

カフェで本を読む女性

当たり前ですが、読書の意味のごく一部として勉強があります。

 

・知識を得ること
・教養を得ること
・物語を楽しむこと
・新しい考え方を吸収すること
・エンターテインメントとして楽しむこと

 

読書の意味や目的はたくさんあります。

 

本を読むことの意義はもっとたくさんありますし、本の楽しみ方も幅広くあります。

 

実際のところ、知識を得ることも、教養を得ることも読書のごく一部の目的です。

 

単に、知識よりも教養の方が幅が広い。ということです。

 

本を読む意味は知識では無く教養を身につけること「まとめ」

今回は、本を読む意味や目的は「教養を得ること」という観点から考察をしました。

 

確かに、読書によって知識を得ることは大切ですし、効果的な方法です。

 

ですが、どうせ本を読むならもっと欲張って吸収した方がお得です。

 

せっかく一日の一部を割くのであれば、知識も教養も一緒に身につけてください。そして、読書を楽しんでください。