ようブログ

読書家が考えるシンプルな暮らし

読書の休憩中に何する?読書家おすすめの過ごし方5選

今回は、読書で休憩中の過ごし方として、おすすめを5つご紹介していきます。

 

読書をしているのは楽しかったり、有益な時間だったりします。とはいえ、良質な読書を日々行うためには、休憩も大切です。

 

おすすめの休憩、過ごし方を5つご紹介するので、是非取り入れてください。

 

もちろん、勉強や仕事の休憩の過ごし方としてもおすすめです。

 

「本を読むとすぐに疲れてしまう」
「一度休憩すると、そのままだらけてしまう」
「休み方がわからずに疲れる」

 

そんな人におすすめの内容となっています。今回ご紹介する休憩の過ごし方はこちらです。

 

①目を閉じてじっとする
②瞑想をする
③散歩をする
④筋トレをする
⑤家事をする

 

 

読書の休憩を失敗すると、読書効率が下がる2つの理由

頭を抱える女性

 

読書の休憩方法を失敗すると「記憶に定着しない」や「集中力が回復しない」という2つの欠点があります。

 

それには、2つの理由があります。

 

読書効率が下がる理由①スマホで記憶力が下がる

現代人の休憩時間の過ごし方の代名詞はスマートフォンを弄る。だと思います。

 

しかし、読書後のスマホは、記憶の定着に悪影響があります。そのため、どうせ読書をするなら、記憶に定着しやすい方法を取るべきです。

 

せっかく本を読んでも、読んだ先から忘れてしまってはもったいないですよね。

 

読んだ本の記憶の定着を助ける8つのアイデアこちらから

 

読書効率が下がる理由②ちゃんと休めないで集中力が下がる

休憩時間に必要なのはリラックスと、リフレッシュです。

 

休憩時間で「目」「脳」「精神」を休めないと、休憩時間を取っても意味がありません。

 

スマホやテレビを見ても、せっかくの休憩時間なのに、かえって疲れてしまうことになりかねません。

 

疲れは種類によって、対処法が異なります。運動の疲れ、気持ちの疲れ、脳みその疲れ。疲れに合わせて休み方をマネジメントする必要があります

 

今回はこれら2つの読書効率が下がる休憩はおすすめしません。

 

適切に休憩して、集中力を回復する・記憶力を保つ。という観点でご紹介していきます。

 

目を閉じてじっとする

座禅する女性

まずは、以前、読書後の記憶の定着法としておすすめした「目を閉じてじっとする」です。

 

目を閉じてじっとするだけで、読書後の記憶の定着率が高くなります。また、目と脳みそを休めることができるので、シンプルな休憩としてもおすすめです。

 

手軽で今すぐできる方法の1つです。

 

読書や勉強した内容を覚えておく方法はこちらから

 

瞑想をする

続いて瞑想です。最初の「目を閉じてじっとする」に加えて、呼吸に集中します。

 

ゆっくりとくつろいだ姿勢で座り、鼻先に触れる空気を感じる。鼻に入ってくる冷たい空気、出ていく温かい空気を感じてください。

 

瞑想はこちらの効果が期待されています。

 

・集中力向上
・メンタル改善
・記憶力向上
・やる気が出る

 

一日10分以上。できれば30分程度を目標にしてください。瞑想時間は断続的でも問題ありません。きっと、読書の休憩以上の恩恵を感じることができます。

 

散歩をする

散歩する男女

 散歩も読書中の休憩としておすすめです。

 

有酸素運動だから休憩にならない気がする」

 

そう思う人もいるかもしれません。しかし、今回の休憩では「脳みそを休める」「集中力を回復する」ことが目的です。

 

そのため、散歩で景色が変わり、体内の血流も良くなるため、読書で疲れた頭には最適です。

 

眠気も覚めるので、食後の読書でもしっかり集中できます。

筋トレをする

腕立て伏せする男性

 筋トレも読書の休憩時間としてはおすすめです。

 

こちらも散歩と同じで、リフレッシュ効果が期待できます。もちろん、ハードな筋トレでは、しばらく動けなくなることもあります。

 

そのため、読書の休憩。(休憩後に読書をする前提)では、自重トレーニング程度の負荷で良いと思います。

 

・腹筋
・腕立て伏せ
・スクワット
・背筋

 

これらがおすすめです。筋トレは辛い。と思う人はストレッチでも構いません。

家事をする

料理を作る女性

読書の疲れをリフレッシュするなら「家事」もおすすめです。

 

勉強も同じですが、部屋が汚かったり、整理したいものがあると読書に集中できません。

 

読書の休憩時間に家事をすることで、より読書環境が整います。休憩時間で部屋がきれいになって一石二鳥です。

 

読書の休憩でおすすめの過ごし方5選「まとめ」

今回は、読書の休憩時間でおすすめの過ごし方について整理しました。

 

その時の気分、体調、環境に合わせて休憩方法を決めてください。

 

なんとなくスマホをいじって休憩するよりも、読書のパフォーマンスが高くなっていることを実感できるはずです。

 

※振り返り、今回ご紹介したおすすめの休憩内容

 

①目を閉じてじっとする
②瞑想をする
③散歩をする
④筋トレをする
⑤家事をする

 

適切な休憩で、良い読書ライフが送れますように。