ようの読書記録

読書家が考えるシンプルな暮らし

『雑記』歯医者でリアルにシロクマ実験の罠にハマった話「皮肉過程理論」

PVアクセスランキング にほんブログ村

皮肉過程理論をご存じでしょうか?

 

簡単に言えば「何かを考えないようにすればするほど、そのことを考えてしまう。」ということです。

 

タイトルにある「シロクマ」も1980年代に行われた実験で使われたテーマです。

 

【実験デザイン】

3つのグループに、シロクマの映像を見せる。その後映像を覚えているグループを調査。

 

1.シロクマを考えておくように依頼
2.シロクマを考えても、考えなくても良い
3.シロクマの事だけは考えてはいけない

 

この3パターンで比較した結果、シロクマを覚えていたのは「考えるな。」と言われた3番目のグループでした。

 

この皮肉過程理論。シロクマ実験の効果を歯医者で体験したので、ご紹介します。

 

絶対に寝る前に読まないでください。

シロクマ実験と人の行動

f:id:koyoux:20211113160238j:plain

先ほどご紹介した、シロクマ実験ですが、あらゆる場面で私たちの行動を左右しています。

 

昔話でいえば、"鶴の恩返し"も皮肉過程理論です。

 

「絶対に中を覗かないでください。」

 

こう言われたお爺さん(若者のパターンもあり)はついつい部屋の中を覗いてしまいます。

 

そう、皮肉過程理論と当てはまりますよね?

 

・禁断の
・やってはいけない
・秘密の

 

などの言葉が書かれていると、ついつい見たくなる。これが、科学で証明されている人の行動原理です。

www.yoblog.org

歯医者で出会ったシロクマとは

本題です。

 

「歯は再生しないから、一番大切にしないといけない。」

 

最近では、そのように考えています。

 

そのため、歯医者に行き徹底的に歯を治療しています。

 

昔被せた樹脂が割れている部分があり、そこに虫歯が発生していたので治療してもらっていました。

 

この時、歯医者さんから

 

「舌がぶつかるので、左側に寄せないでください。」
「舌については考えないで、だらんとしてください。」

 

このように指示をされました。

 

ですが、考えれば考えるほど舌が左側に行ってしまい、歯医者さんにご迷惑をおかけすることになりました。

 

※最終的に、歯医者さんに舌を抑えて頂くことで解決?しました。

 

そう、これもシロクマ実験です。

 

「舌のことを考えないでください。」

 

そういわれたら、舌の位置が気になるのが人情。

じゃあ、どうしたらいいの?

ここまでご紹介すると「どうせなら対策を教えてくれ。」と思うでしょう。

 

私の対策は「他の場所に意識を集中すること。」です。

 

例えば、蚊に刺された場所がかゆい時、刺された場所を爪で押すことがありますよね?

 

これは、人間の感覚の優先度が「かゆみ<痛み」のため、痛い状態なら、かゆみを感じないからです。

 

シロクマについても同じように、他のことを考えるのがおすすめです。

 

多くの場合、人は「頭や顔」が最も優先度が高い場所なので、そのあたりに意識を集中させるのがおすすめです。

 

「え、じゃあ歯医者ならどうしたらいいの?」

 

そう思いますよね?私は鼻先に意識を集中しました。

 

ちなみに、結果は効果がありませんでした。同じ顔に集中するので、難しかったです。

 

意識のコントロールでいえば、マインドフルネスが大切なので、もう少し瞑想の時間を増やしてみようと思います。

寝る前に考えてはいけないこと。

f:id:koyoux:20210404184022j:plain

シロクマ実験について、もう少し例を挙げておきます。

 

寝る前に、これらを考えると寝つきが悪くなりませんか?

 

・呼吸のタイミング
・舌の位置
・眼球の位置
・瞼の閉じ方

 

一度気になると、なかなか他に集中できずに眠れなくなる。

 

こういった経験があなたにもあるかと思います。

 

心のコントロールをするには、意志の力では難しい。

 

「これをやってはいけない。」

 

そう思うほど、意志とは反対に望まない行動が促進されてしまいます。

 

寝る前なら、あえて別の部屋に行ってみたり、他のことに集中するようにしてみましょう。

 

睡眠についての知識なら、この本がベストです。

www.yoblog.org

歯医者でリアルにシロクマ実験の罠にハマった話「皮肉過程理論」まとめ

f:id:koyoux:20210213105156j:plain

以上、雑記でした。

 

最近思うのは、人のちょっとした行動にも、何かしらの理論で裏付けがされていて面白い。ということ。

 

心理学や行動経済学を学ぶことは、自分の心の変化にも気づくことができます。

 

私の歯医者の時のように、思い通りに自分をコントロールすることができない時もあります。

 

それでも、原因を知っていればいつか対策が出来るんじゃないか。そんな風に思っています。

 

最後に、このブログを読んで「歯を大切にしよう。」と思った人には、こちらの本をご紹介しておきます。