ようの読書記録

読書家が考えるシンプルな暮らし

【雑記】最高を口癖にしたいと思っている話「おすすめの口癖」

PVアクセスランキング にほんブログ村

「あなたの口癖はなんですか?」

 

こう聞かれても、パッと出て来る人は少ないでしょう。

 

口癖を意識している人は、マレです。しかし、良い口癖を意識することで生活の全てが変わります。

 

では、あなたが作りたい口癖はなんですか?

 

この質問に対して、私は最高。と答えるようにしたいと思っています。

 

最高を口癖に選んだ理由と、トレードオフについてご紹介します。

人は言葉で思考をしている

f:id:koyoux:20210716190914j:plain

あなたが考え事をしている時、どのように考えていますか?

 

どんな人でも、思考は言葉でしています。

 

「そういえば、あの人から年賀状もらっていない。」
「この後は、14時からカフェでお茶する予定だ。」

 

このように、言葉に出していなくても、人は言語を使って思考をしています。

 

つまり、口癖を変えることで、思考する言語も変わるはずです。

 

思考する言語が変われば、思考の内容が変わります。

最高を口癖にしたい理由

f:id:koyoux:20210718175720j:plain

思考する言語を変えるために、私が新たに設定したい口癖は「最高」です。

 

最高。という言葉を口癖にすることには3つのメリットがあります。

1.身の回りに起こる出来事を肯定できる

運がいい人と悪い人を分けるのは「解釈の違い」と言われています。

 

つまり、起きた出来事に対して「これは良い出来事だ」と思える人は、運がいい。と言えます。

 

起きる出来事に対して「最高だ」と思ったり、言ったりできれば結果的に運が良くなると考えることができます。

 

これは、リアプレイザル(再解釈)にも近い考え方です。

 

難しい仕事を与えられて、苦労している時

 

・これは成功のチャンス
・大変過ぎて、辛いよ

 

前者のように考えることが、リアプレイザルです。

 

最高。と言うだけで、いつでも前向きに考え方をリセットできます。

2.相手に感謝を伝えやすい

f:id:koyoux:20210414175955j:plain

小さなことでも、人に何かをしてもらうことは多いでしょう。

 

・食事をご馳走になる
・仕事を手伝ってもらう
・一緒に行く場所を決めてもらう

 

こういった時に、素直に感謝が出来れば相手も自分も気持ちが良いです。

 

しかし、ついついハッキリとお礼を伝えることができない時があります。

 

「助かったよ。」
「わるくないじゃん。」

 

こう言われるよりも、思いっきり最高だった。と言われる方が相手もうれしいかと思います。

3.言葉の選択が楽になる

f:id:koyoux:20210225221239j:plain

最後は、言葉の選択が楽になることです。

 

ほめ言葉にもたくさんの種類があります。当然、感情にもたくさんの種類があります。

 

そのなかで、毎回適切な言葉を選ぼうとすると、回答までに時間がかかります。

 

まずは「最高だ。」と伝えたうえで、細かな感情を他の言葉で保管していく。

 

それによって、会話がスムーズになります。

最高を口癖にするトレードオフ

f:id:koyoux:20210213105036j:plain

細かいことを言えば、最高という言葉を口癖にするデメリットもあります。

 

例えば

・誕生日に5万円のモノをもらった時
・コーヒーを一杯おごってもらった時

 

どちらにも「最高」という言葉を使う場合は、最高の価値が低く見えます。

 

コーヒーを一杯おごった時と同じ感想が、5万円のモノにも使われてしまうからです。

 

そのため、先ほども触れたように、最高の後に言葉を付け足す必要があるでしょう。

 

「最高だね。」
「ここまで、時間かけて良いものをもらえてうれしいよ。」
「これ、ずっと気になっていたんだよね。」

 

このように、最高の後に言葉を足していくことで、最高を口癖にするトレードオフを回避しやすくなるかと思います。

【雑記】最高を口癖にしたいと思っている話:まとめ

f:id:koyoux:20210206112213j:plain

今回は、最高を口癖にしたい話でした。

 

とくに、一年の始まりなど、区切りのあるタイミングで良い口癖を作ることで、その先の生活が良くなる気がします。

 

ちょっとした言葉の使い方だけで、目の前の景色が違って見えるはずです。

 

まずは、どんなことでも「最高だ」と思って取り組んでみてはいかがでしょうか?

 

最高の一日をお過ごしください。