ようの読書記録

読書家が考えるシンプルな暮らし

『目の疲れ解消法』あずきの力が高コスパなのでレビュー。「首肩用もあります」

PVアクセスランキング にほんブログ村

そういえば、あずきの力という商品をご存じでしょうか?

 

あずきの力は、小豆が入った入れ物を、レンジで温めて体に乗せることで、コリや疲れを癒すことが期待されている商品です。

 

目の疲れと言えば、蒸気でアイマスク。という製品が有名だと思いますが、あずきの力はコスパが圧倒的に高い点がおすすめポイント。

 

仕事や勉強をしている時、こんな風に思う時はありませんか?

 

「目の疲れが気になる。」
「手軽に目元の疲れを癒したい。」

 

そう思う時に是非試してください。

 

(注)医療機器ではありません。つまり、明確に医療効果がある。と認められている製品ではありません。

 

民間療法ですので、リラックス効果があればいいな。くらいのお気持ちで使用してください。

 

個人的には、温めるだけで血流が良くなって、体が楽になる気がします。

あずきの力とは「桐灰

f:id:koyoux:20210725182746j:plain

あずきの力とは、小豆を温めることによって発生する「熱」「蒸気」の2つが体を気持ちよく温めてくれるアイテムです。

 

販売は小林製薬です。

 

ホットアイマスクと言うと、カイロのように、鉄の酸化熱を使ったモノや、電動が主流かと思います。

 

ですが、あずきの力は、小豆をレンジで温めるだけ。というローテクで開発された、エコな製品です。

 

中身は100%小豆なので、なんとなく安心感があります。

あずきの力のレビュー「3つのメリット」

あずきの力

では「あずきの力の魅力は何?」

 

と思う人に対して、具体的にあずきの力のレビュー(メリット)をご紹介します。

 

ご紹介するのは、3つのメリットです。

1.控えめに言ってコスパが最高

まずは、コスパが高いことです。

 

コスパ=付加価値÷価格。なので、付加価値に対して価格が安いと言えます。

 

・目や肩を温める
・蒸気でじっとり温まる

 

といったメリット(付加価値)に対して、後述するように冷やせば繰り返し使えるので、一回あたりのコストが安いです。

 

アイマスク:~1,000円
首・肩用:~2,000円

 

程度が市場価格なので(個人調べ)「試しに買ってみようかな。」と思えるくらいの価格だと思います。

 

体が痛い時や、目が疲れていると、せっかくの休日や仕事終わりの時間を楽しむことができません。

 

また、家族との時間や趣味も体の痛みが気になってしまうと、100%楽しむことが難しいでしょう。

 

もちろん、温めるだけなので、回復するかどうかは個人差があると思います。

 

それでも、少しでも体が楽になったとしたら、今よりも確実に「今」を楽しむことができると思います。

2.何度も使える(エコ)

f:id:koyoux:20210928143609j:plain

あずきの力の最大のメリットともいえるのは、何度も繰り返し使えることです。

 

250回ほど繰り返し使うことができるので、コスパが高いです。

 

具体的には、アイマスクを1,000円で購入し、250回使用すると仮定すると、一度の使用で4円しかかかりません。(電気代除く)

 

缶コーヒーを一口飲むよりも安いです。

 

使い捨てと異なり、環境にも優しくてよろしいかと思います。

使用回数なんて数えられないよ。という人は

あくまで自己責任になりますが、私は蒸気を感じなくなったり、焦げた匂いを感じるようになったら、買い替え時だと認識しています。

※理想は、使用回数を数えることです。

 

ちなみに、ホームページを見ると「2年以上使っている人は買い替えがおすすめ。」というような表現でした。※毎日使っていない場合。

 

平日に毎日使っている場合は、一年に一度交換。たまに使う人は、2年~3年で交換くらいが良いかもしれません。

3.レンジがあればどこでも使える

レンジで温めるだけで使用できるので、とても便利です。

 

自宅にレンジがあるなら、気が向いたタイミングで使用することができます。

 

お金も手間もかからないので、使用頻度は増えます。

あずきの力3つのデメリット

f:id:koyoux:20210615173736j:plain

ここからは、あずきの力のデメリットについて触れていきます。

 

万能アイテムでは無いので、あなたのライフスタイルに合うかチェックしましょう。

1.温度管理が必要

レンジで温めるだけ。という非常にアナログな仕組みです。

 

そのため、温めすぎたり、温める時間が不足する可能性があります。

 

もちろん、あたため時間とW数の指定はありますが、多少の誤差はあるので、注意が必要です。

 

ちなみに、アイマスクは温度が高くなりすぎると、製品に「キケン」と表示されるようになっているので、一つの目安にしてください。

2.連続使用が出来ない

f:id:koyoux:20210516105335j:plain

一度使って、すぐにレンジで再加熱する。という使い方は出来ません。

 

家族で一つのあずきの力を使いまわす。ということができないのは不便です。

3.レンジが無いと使えない

レンジがあれば、どこでも使えますが、レンジが無いと使えません。

 

当たり前のことですが

・外出先で使いたい
・飛行機の中で使いたい
車中泊の時に使いたい

 

などのニーズがある場合は、使用が難しくなります。

 

「自宅以外で、ホットアイマスクを使わないよ。」

 

という人にあずきの力はおすすめです。

目が疲れた時は、温める方が良さそう。

アイマスクをしている男性

目が疲れた時は、冷やす。と思っている人もいるかもしれません。

 

もちろん、充血している時は冷やすのがおすすめです。

 

しかし、目の疲れの時は温める方が疲れが取れる傾向があるようです。慢性的に疲れている時は、温めてみることもアリかもしれません。

 

また、人のよっては、目を温めることでリラックスが出来る人もいます。

 

個人的には、温まるとリラックスができるタイプなので、気に入って使っています。

 

ちなみに、外出先やわざわざ買い物をしたく無い人は「目を手のひらで押さえる」だけでも、目の疲れが取れるのでおすすめです。

 

「あずきの力を買ってみたいけど、効果があるかわからない。」

 

そう思う時は、まずは手の平を当てて5分ほど放置してみてください。

 

この方法で効果を感じれた人は、あずきの力を買って後悔しない可能性が高いと思います。

あずきの力には5つのラインナップがあります。

あずきの力には5つの製品ラインナップがあるので、カンタンに整理してみます。

1.アイマス

まずは、今回メインでご紹介しているアイマスクです。

 

目を酷使する仕事をしていたり、パソコンやスマホを見る人は多いと思うので、多くの人におすすめできます。

 

テレワークのちょっとした休憩時間にもおすすめです。

 

顔回りがむくんでいる朝にも私は使っています。

2.首・肩用

首や肩が凝っている時は、温めたくなる時があります。

 

じんわり温まるので、リラックス効果も期待できます。

 

私は、目元用と首・肩用を使っています。

3.お腹用

ぬいぐるみを抱っこしていると落ち着くように、おなかも温めるとリラックス効果が期待できます。

 

お腹が痛い時に試してみると、効果があるかもしれませんね。

4.フェイス蒸し

顔全体を蒸らすことができます。

 

美容の観点で言えば、保湿(油を塗ること)が大切なので、蒸すメリットは少ないかもしれません。

 

とはいえ、顔全体がリフレッシュできるので、疲れた時に良さそうです。むくみにも効きそうな気がします。

5.どこでもベルト

マフラーのような形をしているので、汎用性の高さがメリットです。

 

逆に言えば、専門性が無い。というデメリットでもあります。

 

ちなみに、あずきの力シリーズでは「腰」「背中」に使いやすいようです。

あずきの力が高コスパなので、レビューします。「まとめ」

f:id:koyoux:20210404183958j:plain

今回は、あずきの力がコスパ高の割に、有名じゃない気がしてレビューしてみました。

 

手軽に体を温めることができるので、私は結構お気に入りです。特に、冬は活躍します。

 

使い捨ての製品だともったいなくて使えないですし、高級なものを買っても使わないケースもあります。

 

足湯に入ると気持ち良いのと同じような、温浴効果を私は感じています。

 

・朝:リフレッシュや眠気覚まし
・昼:食後の倦怠感を覚ます
・夜:眠る前のリラックス

 

このように、一日中活躍の場面がある、万能アイテムです。

 

まずは、目元用からお試ししてみてはいかがでしょうか。