ようの読書記録

読書家が考えるシンプルな暮らし

耳で読む本。オーディオブックのメリットとデメリット【忙しい人向け】

PVアクセスランキング にほんブログ村

今回は、耳で聞く本。オーディオブックのメリットとデメリットご紹介します。

 

オーディオブックとは、本を朗読した音声を聞くものです。音声を聞くだけなので、目や体がフリーの状態になり、「ながら読み」におすすめの方法です。

 

集中力や記憶の定着の観点ではデメリットのあるオーディオブックですが、使い分けすることによって、読書量を飛躍的に増やすことができます。

 

全ての人におすすめできる本の形態ではありません。しかし、一度は試してみる価値のある読み方です。

 

そんなオーディオブックのメリットとデメリット。おすすめの使い方についてご紹介します。

そもそも、紙の本と電子書籍とオーディオブックの使い分けから知りたい。そんな人はこちらから。

www.yoblog.org

 オーディオブックのメリット

f:id:koyoux:20201216225311j:plain

まずは、オーディオブックのメリットです。

 

オーディオブックでは「目」や「手足」を自由に使える点が最大の特徴です。

 

そのため、ながら読書をすることで読書量を増やすことができます。

 

・車の運転中
・散歩
・家事
・単純作業
・満員電車

 

これらの通常なら本が読めないタイミングで、読書量を稼ぐことができます。つまり、オーディオブックの最大のメリットは読書量が増えることです。

 

他にも、読書の飽き対策にもなります。散歩や家事をしながら読書ができるので、紙の本に飽きた時でも読書が可能です。

 

さらに、本を読む気が無くても、オーディオブックなら「聞こえる」ので、読書時間を伸ばすことができます。

 

読書量はアイデアを出すためにも効果的です。詳細はこちらから。

www.yoblog.org

オーディオブックのデメリット

f:id:koyoux:20201213160613j:plain

続いて、オーディオブックのデメリットです。正直たくさんあります。

 

・記憶しにくい
・図や表が見えない
・繰り返し読むのがメンドクサイ
・ポイントだけの読書が出来ない
・読み飛ばしが出来ない
・提供されている本の数が少ない
・本のリリースが遅い

 

記憶しにくい

まずは、記憶しにくいことです。この後ご紹介するデメリットも含め、記憶の定着率は低いです。

 

そもそもながら聞きが主体となるオーディオブックは、集中力を他のことに持っていかれるリスクがあります。

 

そのため、読書の記憶定着率は低いと思ったほうが良さそうです。

図や表が見えない

情報量が音しかないので、図や表が見えません。

 

もちろん、ハイライトや文字色の変更なども無いので、重要なポイントがわかりにくいです。

 

そのため、ポイントだけを抑えた読書には向きません。

繰り返し読むのがメンドクサイ

オーディオブックでは、ページをぱらぱらめくることができないので、読書の2週目に入りにくいです。

 

繰り返し読もうと思ったら、7時間以上かかる。

 

そのような状態では、読み返しをするモチベーションが下がります。

ポイントだけの読書が出来ない

f:id:koyoux:20201130220720j:plain

 

先ほどもご紹介したように

 

・ハイライトや文字色変更が出来ない
・ページをぱらぱらめくりにくい

 

そんな特徴があります。そのため、ポイントを絞った読書がしにくいです。

読み飛ばしが出来ない

音声の再生では、読み飛ばしが難しいです。

 

繰り返し部分を読み飛ばすのは簡単ですが、10秒スキップでは「何を読み飛ばしたか」「どこまで進んだか」が判断できません。

提供されている本の数が少ない

さらに、一度書かれた本を読み上げるため、オーディオブックは製作費用が高くなる傾向があります。※市場規模が小さいのも理由の一つ

 

そのため「かなりの需要が見込める」と思われた本以外は、リリースされません。

 

結果的に、オーディオブックで読める本の数は少なくなる傾向があり、ベストセラーのような本しか読むことができない場合もあります。

 

逆に、選別の目が細かいので、良書を引き当てやすいという特徴もあります。

 

オーディオブックでリリースされている本は、だいたい面白いです。

本のリリースが遅い

最後に、本のリリースが紙や電子書籍と比較して遅くなる可能性があります。

 

・音声の吹込みが必要
・需要のありそうな本しかオーディオブック化されない

 

出たばかりの本をすぐに読みたい人には向きません。

オーディオブックがおすすめの人

f:id:koyoux:20201122151259j:plain

では、そんなデメリットだらけの、オーディオブックがおすすめな人はどんな人でしょうか。

 

それは、これらの人です。

・紙の本だけでは飽きる
・忙しくて本を読む暇がない
・運動や運転しながら読書したい
・とにかく読書が好き
・読書量を極限まで増やしたい

この5つのタイプに該当する人は、オーディオブックを取り入れることで、恩恵を享受できると思います。

オーディオブックがおすすめできない人

オーディオブックがおすすめできない人はシンプルです。

 

それは、先ほどご紹介したデメリットを許容できない人です。

 

・記憶しにくい
・図や表が見えない
・繰り返し読むのがメンドクサイ
・ポイントだけの読書が出来ない
・読み飛ばしが出来ない
・提供されている本の数が少ない
・本のリリースが遅い

 

また、本を読む時間や集中力、モチベーションが高いなら、紙の本や電子書籍の方がおすすめです。

 

わざわざ、オーディオブックで聞く必要はありません

おすすめのオーディオブックの使い方

f:id:koyoux:20201125174705j:plain

オーディオブックを読む場合は、どんな使い方が良いのでしょうか。私のおすすめはこちらです。

 

・復習としての読書
・忙しい時の読書量確保

復習としての読書

ながら聞きができるので、復習としてもう一度読みたい時におすすめです。

 

「昔読んだ本をもう一度復習したい」

 

そんなニーズがある人におすすめです。

忙しい時の読書量確保

また、忙しい人や極限まで読書量を増やしたい人にもおすすめです。

 

家事、運転、散歩中に読書をすることはできません。

 

オーディオブックがあれば、これまで絶対に読書が出来ない時間を、読書時間に変換できます。

 

私が、オーディオブックを使っているのは、それが理由です。

私が使っている、オーディオブック

f:id:koyoux:20201125174631j:plain

私はオーディブルを使っています。(Amazonが提供しているサービス)

 

正直深い理由はありませんが、サービス内容がシンプルな点がお気に入りです。(本を読むための時間は無駄です。大切なのは読書時間です。)

 

・月額課金:1,500円
・月に一冊無料で読める
・追加課金でも本が読める

 

月に一冊無料で本が読めます。この権利は繰越しできるので、忙しくて月に一冊読めない時でも大丈夫です。

 

私は、オーディオブックで月1冊本を読んでいます。現在の生活習慣では、月一冊がちょうどいい読書量です。(オーディオブックとしては)

 

耳で読む本。オーディオブックのメリットとデメリット【まとめ】

今回は、オーディオブックのメリットとデメリットについてご紹介しました。

 

このエントリーを読んで「オーディオブック嫌いじゃん」と思ったかもしれません。

 

本当は、私はオーディオブックが好きですし、現在のサービスを辞めるつもりは一切ありません。

 

ですが、使えば使うほど、「使って得する人は少ないかもしれない」と感じていることも事実です。

 

できれば、一度お試しで体験してみてください。合う人には、欠かせないサービスになります。

 

合わない人には、全く価値の無いサービスです。でも、そんなサービスの方が、面白いと思います。