ようブログ

読書家が考えるシンプルな暮らし

【読書量】読書で一番大切な才能【好きが最強である3つの理由】

読書における才能で最も大切なのは「好き」と感じるかどうか。です。

 

あらゆるスポーツ、資格、仕事でも、同様です。

 

「最短距離で成長したい」
「無駄な努力をしたく無い」

 

そんな風に思い、あれこれとノウハウを整理したくなる気持ちはわかります。

 

どちらかと言えば、私もそのタイプです。とはいえ、やはり、読書における最強の才能は「好きと感じる力」だと思います。

 

今回は、その理由を3つご紹介します。

①辞めずに続けられる
②習慣化しやすい
③苦難を楽しく乗り越えられる

 

もちろん「好き」という感情も、固定されているモノではありません。

 

「苦手だったピーマンが好きになった」
「ビールが美味しく感じるようになった」
「野球中継を楽しく見れるようになった」

 

など、好きという感情は、案外不安定です。現時点で、読書が好きじゃない人でも、読書好きになる方法も最後にご紹介します。

読書で一番大切な才能が「好き」だと思う3つの理由

本を読む女性

まずは、先ほどご紹介した3つの理由についてご紹介します。

 

「好きこそものの上手なれ」は、あらゆる事象で使える心理法則です。

 

・最短距離で○○する方法
・絶対にうまくいく○○

 

これらの方法は、つい気になってしまいます。しかし、たとえ最短距離でも、ゴールまで走り切れなければ意味がありません。

 

大切なのは、最後まで走り抜けることです。最短距離を歩むことでも、回り道をしないことでもありません。

①辞めずに続けられる

ゴルフ

一時的に夢中になったのに、最後まで続けられなかったこと。あなたにはありますか?

 

・ギター
・スポーツ
・資格勉強
・手芸
・筋トレ

 

などなど、一度は取り組んでみたものの、途中で挫折したことのある人はたくさんいます。

 

例えば、ゴルフを初めてみよう。と思った人は、まずはこんなことをします。

・おしゃれなウェアを買う
ゴルフクラブを買う
YOUTUBEで動画を見る
・知り合いに教えてもらう
・レッスンプロに習う

 

これだけのことをしても「今はやっていない」人はたくさんいます。

 

彼らは、最短ルートで、集中的に努力をしたのに「ゴルフを楽しく続けること」は出来ませんでした。

 

読書も同様です。いかに、読書グッツを買いそろえようと、いかに、速読法を身に付けようと、続けられなければ意味がありません。

 

その、最も大切な「続けること」を継続することを、読書好きなら全く苦労せずに行えます。

 

たとえ、時間が空いたとしても、読書好きの才能があれば、再び読書家になることも簡単にできます。

②読書好きの才能があれば習慣化できる

本を読む人

好き。という感情だけでも、人は継続することができます。だからこそ、才能と言えます。

 

とはいえ、習慣化のテクニックがあるとさらに、読書を継続しやすくなります。

 

・帰ってきたら、手洗いうがいをする
・トイレに行ったら、水を流す
・起きたらまずは、スマホを見る

 

これらの行動に、「やるぞ」と気合を入れる人はいません。それは、習慣化しているからです。

 

習慣とは、意志の力をほとんど消費せずに行動ができる、強力なライフハックです。

 

そんな、読書習慣を作るには、週4回を8週間程度続けるのが、おすすめです。※読書を習慣化する7つの方法はこちらから。

 

読書が嫌いな人なら、8週間は高いハードルです。頑張って8週間続けても、そこで本を読むのを辞めるかもしれません。

 

しかし、読書好きの才能があれば、8週間の継続は簡単です。つまり、読書が好きなら、なにも考えずに、習慣を取り入れることができます。

③苦難を楽しく乗り越えられる

読書含め、どんなことでも苦難に直面することがあります。

 

・飽きる
・疲れる
・思うように進まない
・スランプ

 

などの苦難に直面することがあります。

 

しかし、読書が好きなら「飽き対策」や「疲れ対策」に前むきに対応できます。

 

読書に飽きたら、「読む本を変える」「読む場所を変える」などの方法がありますし、読書に疲れるなら、立って読む方法もあります。

 

※読書の飽き対策については、こちらでご紹介してます。

 

 

www.yoblog.org

 

また、読書中の肩こり、腰痛は「立って本を読むこと」がおすすめです。具体的には、スタンディングデスクを使うのが、手っ取り早いです。

 

読書好きの才能を手に入れる3つの方法

最後に、読書好きになれる3つの方法について、ご紹介します。

 

もちろん、方法に正解はありません。あなたが読書好きの才能を手にできるなら、どんな方法でも大丈夫です。

 

最初の2つは心理学の法則を活用する方法です。

①本を買ってみる(保有効果)

本を読む男性

まずは、保有効果です。

 

保有効果とは、持っている物を「実際より価値があるモノ」と認識する、バイアス(思い込み)のことです。

 

つまり、本を買ってしまえば、本来の価値よりも高く、自然に評価します。

 

買った本の方が、前向きに読めるのはそれが理由です。(こちらに関して、詳しくはこちらから)

www.yoblog.org

②本を定期的に読んでみる(単純接触効果)

また、習慣化以外にも、定期的に本を読むことにはメリットがあります。

 

それは、単純接触効果です。

 

単純接触効果とは、繰り返し接しているモノに、好意や愛着を感じることです。

 

つまり、定期的に本を読むことで、活字への愛着がわく可能性があります。

 

「定期的に読書が出来ないから困っている」

 

そんな人は、見える位置に本を置いておくだけで、効果が期待できるかもしれません。

③面白い本に出会う

最後におすすめなのは、やはり「面白い本に出会うこと」です。

 

本については、好みがあるので本を紹介しているブログを見て、お気に入りのブログから本を探すのがおすすめです。

 

私のブログでも、本の書評やおすすめ本の整理をしているので、宜しければご覧ください。

www.yoblog.org

www.yoblog.org

 

 

読書で一番大切な才能は「好き」な3つの理由

 今回は、読書で一番大切な才能が好きである3つの理由。読書好きの才能を手に入れるための方法を3つ。ご紹介しました。

 

既に、読書が好きな人は、あまり細かいことを考えず(覚えられない・集中しきれないなど)読書を楽しんでください。

 

また、今読書好きの才能が無い。と感じる人は、自分が取り組みやすい方法を1つ見つけて、読書を少しでも楽しんでください。

 

保有効果
②単純接触効果
③面白い本に出会う

 

お気づきの人もいるかもしれませんが、面白いの本を買って、手元に置いておくのが最強です。

 

一石三鳥なので、是非、トライしてください。