ようの読書記録

読書家が考えるシンプルな暮らし

革靴は何足持っているべきか。最適な所有数は3足だと思う。

PVアクセスランキング にほんブログ村

その人が履いている靴は、その人の人格そのものを表すものである。

イギリスのことわざで、こんな言葉があります。

 

さて、あなたは革靴を何足持っていますか?

 

私は収集癖があるので、革靴も時計もついついたくさん増えてしまうタイプです。(見直したいところ。)

 

革靴を集めていくとふと「こんなに持っていても意味が無いんじゃないか。」と思う時があります。

 

では、最適な革靴の所有数は何足か?と考えてみると、3足が最適解かと思います。

 

もちろん、革靴好きならば好きなだけ所有すればいいでしょう。ですが「仕事で革靴を履くけど、特に好きでは無い。」

 

そんな人は、最適な革靴の所有数を知っている方が便利かと思います。

 

今回はご紹介することはこちら。

・なぜ、革靴の所有数は3足が最適解か
・複数の革靴を持つメリットとデメリット

複数革靴を持つことのメリット

革靴

まずは、革靴を何足か持つことのメリットです。

 

少なくとも、2足は無いと不便かと思います。

1.靴が傷みにくい

まずは、ローテーションです。足は思いのほか汗をかきます。多い時は、片足で1日100mlの汗をかく。とも言われています。

 

汗や湿気は、革靴を痛める原因になります。

 

ローテーションを組めると、適度に靴を乾燥させる時間を取れるので、結果的に革靴の寿命が伸びます。

2.気分転換になる

毎日同じ服装だと飽きませんか?

 

最初の頃は何も気にしていなくても、革靴を履いて人に会うようになると

 

「毎日、同じ靴を履いているのも飽きるなあ」

 

と思う時もあります。その時は複数革靴を持っていると楽しめます。

3.冠婚葬祭の使い分け

革靴で最もフォーマルなのは「黒・ストレートチップ」です。(リンクの靴)

 

革靴の形状として、個人的には一番好きですが、他の靴も魅力的です。

 

・履きやすいモンクストラップ
・シンプルなプレーントゥ
・おしゃれなメダリオン

 

などなど、革靴には様々な特徴や見た目があります。

 

ストレートチップ以外の靴が欲しい。となる場合は、複数の靴を持つ必要があります。

4.修理に出せる

革靴を履いていると、かかとがすり減ったり、靴底が薄くなったりします。

 

その時は修理に出します。かかとの修理くらいなら、お店に持ち込めば一日で完了します。

 

しかし、靴底の修理(オールソール)する場合は、近くのお店以外に修理に出すこともあるでしょう。

 

その時は、一ヶ月以上修理を待つ場合もあります。

 

革靴を複数持っていると、修理中でも履ける靴があるので安心です。

5.雨用の靴が出来る

悪天候の時、自転車で通勤する時は、安めの靴があると安心です。

 

雨用に安い靴を履く。というのは、いろんな考えの人がいます。個人的には、雨の時は割り切った方が、精神的に楽。と考えています。

 

雨のたびに、ナーバスな気分にならなくてすむからです。

革靴を複数持つデメリット

革靴は複数持つ方が便利。というのが、私のスタンスです。

 

とはいえ、当然トレードオフなのでデメリットもあります。

1.イニシャルコスト

まずは、イニシャルコストが上がります。

 

靴のローテーションで、寿命が伸びれば、長期的にはお得な買い物なります。とはいえ、イニシャルコストはどうしても必要です。

2.靴の保管場所が必要

靴箱に余裕がある人は少ない気がします。

 

革靴も複数もてば、それに比例して保管場所が必要です。

3.管理が大変

革靴は、日常管理としてのブラッシングやクロスが必要です。

 

それ以外にも、オイルを塗ったり、コバの手入れなども必要です。

 

1:1の比例ではありませんが(重複する部分があるので。)、革靴の数が増えれば、管理の手間も増えます。

4.コーディネートが大変

気分を変えたい。と思って、革靴の色を何色か持つと、コーディネートが大変です。

 

・ベルト
・バック
・革靴

 

は同系色でまとめるのが基本です。

 

冠婚葬祭では、黒の革靴が必須。おしゃれのために、ブラウン系の革靴を選ぶと、服選びが大変になります。(私は黒一色派)

結論:メリットとデメリットを踏まえると、やっぱり3足が最適

これまで、革靴を複数持つことのメリットとデメリットを整理してきました。

 

結論は、3足が最適解。です。その理由を「2足所有」と「4足以上所有」のパターンで示します。

パターン1:革靴2足の場合

革靴が2足の場合は複数所有にはなります。しかし、これらのデメリットがあります。

 

・ローテーション頻度が短い
・修理の時に履ける靴が一足
・雨用の靴を買う場合は、実質一足

 

つまり、革靴が2足の場合は、選択肢が少なすぎます。もちろん1足だけ持つよりはマシですが。

パターン2:革靴4足以上の場合

革靴が好きな人は、4足以上持っている人はたくさんいると思います。

 

ですが、4足以上を持っているのは大変です。

・お金がかかる
・管理が大変
・場所を取る
・経年劣化する

 

毎日革靴を履く人で、革靴趣味以外の人だと、メリットよりもデメリットが大きくなるラインが、4足以上。

革靴の最適な所有数は何足か。シチュエーションとメンテナンスの観点で考える「まとめ」

今回は、革靴の最適な所有数について考察しました。

 

シンプルな暮らしをするなら、持つものはできるだけ減らした方がいい。とはいえ、少なすぎるは不便過ぎる。

 

毎日革靴を履かない人は、一足でも良いかもしれません。

 

ですが、ほぼ毎日革靴を履くならば、少なくとも、2足は必要かな。というのが私の考えです。

 

以上、革靴の所有数に悩んだ時の参考になれば幸いです。

www.yoblog.org

www.yoblog.org