ようの読書記録

読書家が考えるシンプルな暮らし

25歳から始めるべき10個のこと。「社会人になったらやるべきことリスト」

PVアクセスランキング にほんブログ村

25歳から始めるべきことはなんだと思いますか?

 

いざ、考えてみると「なにをやればいいかわからない。」と思ったりします。

 

多くの本では

・20代までにやっておくべき
・30代の自分に教えたい○○

 

などの表現がされています。

 

とはいえ、正直10年間もスパンがあると「いつ・何をすべきか」が明確にならず、実現率が下がると思います。

 

そこで、25歳という年齢をトリガーにやるべきことを整理していきます。

 

もちろん、24歳でも、38歳でも「これまでやっていなかった」ということがあれば、やってみましょう。

 

何かを始めるのに、最も早いタイミングは今です。

なぜ、25歳から始めるべきことがあるのか

f:id:koyoux:20220108162610j:plain

未来に向かって漕ぎ出そう。

そもそも、25歳のきっかけにしているのには、3つの理由があります。

1.時間をつくりやすい

まずは、比較的時間が作りやすいことです。

 

もちろん、人によっては時間が作れないケースもありますが

 

・子育て
・家を建てる
・介護
・管理職

 

など、忙しくなるタイミングが被りにくいのが25歳です。

 

余った時間で趣味を楽しんだり、友達と交流するのも大切です。

 

しかし、その時間をつくったとしても自分の成長のために時間を割きやすいのが25歳と言えるでしょう。

2.仕事に慣れ始めている

f:id:koyoux:20210928143659j:plain

高卒や大卒で仕事をしていれば、ある程度今の仕事や会社にも慣れている時期です。

 

慣れるとは、停滞する。とも言えます。

 

「なんとなく仕事がこなせる。」
「仕事の過程と結果が予測できる。」

 

これは素敵なことでもありますが、入社当初よりも負荷が下がっているので、成長は停滞します。

 

この時期に努力をして成長をすることができれば、他の人より一歩も二歩も先に進めます。

3.努力の恩恵を長く得られる

若い時の努力には大きな価値があります。

 

それは、努力の成果を味わえる期間が長い。ということ。

 

25歳で得た知識は70年以上使える可能性があります。

 

投資の世界では「複利」という言葉があります。これは、毎年投資と利益を積み重ねていくことで、大きな効果がある事です。

 

例えば、10万円を投資して50年間年率5%で運用すると(追加投資はせずに、利息だけを運用)50年後には10倍以上になります。

 

複利については、あのアインシュタインも”人類最大の発明”と言ったとして知られています。

 

早い時期に、自分に投資をしておけばこの複利の恩恵を受けやすくなります。

www.yoblog.org

25歳から始めるべき10個のこと

f:id:koyoux:20210928143641j:plain

ここからは、25歳から始めるべき10個のことをご紹介します。

 

できれば全部やっておきたいものですが、まずは出来そうなことから手を付けてください。

1.勉強

勉強は学生の時にやればいい。

 

私は以前、そう思っていました。さらに言えば、大学にさえ入学してしまえば、そこからは勉強しなくても良い。とさえ思っていました。

 

もちろん、今から英語の文法や歴史上の人物を覚える必要はありません。

 

これから学ぶべきは、自分の人生や仕事にとって必要なことです。

 

例えば

進化心理学
・経済学
・環境
・人間関係術

 

など、実際の生活に活かせることがある事を学びましょう。

 

このブログでは、こういった知識を紹介したり、おすすめ本を紹介しているので、他のエントリーもご覧ください。

www.yoblog.org

www.yoblog.org

2.投資

極小額からで良いですが、投資をしてみることも検討しましょう。

 

これは「お金を投資で増やせ。」ということではありません。

 

・社会情勢を知る
・今後のトレンドを知る
・今起きていることを知る
・マネーリテラシーを学ぶ

 

など、投資をすることで得られることがたくさんあるからです。

 

まずは貯金の数%から、試してみてはいかがでしょうか。

www.yoblog.org

3.健康習慣

ここでは詳しく紹介しませんが、健康的な生活習慣も今のうちに作っておきましょう。

 

「いやー。もう俺おっさんだから。」

 

などと言って、大人ぶる年頃が25歳ですが、実際に若者とは体力が違います。

 

しかし、トレーニングをしたり健康的な生活をすることで、学生以上の体調を維持することは出来ます。

 

おすすめ本を2冊ご紹介しておくので、そちらをご覧ください。

 

4.人との交流

学生から、社会人に移行した場合、これまでの人間関係が切れやすくなります。

 

もちろん、いつまでも学生時代の友達と交流することは難しいですし、それだけではダメです。

 

・学生までの友人
・会社の友人
・会社外の友人

 

こういった付き合いを、少しずつ構築できるようにしましょう。

 

同じ人とばかりつるんでいると、得られる情報が限られます。

 

多様な人間関係は、たくさんの情報と刺激をあなたに与えます。

 

「人間関係術なんてわからないよ。」という人には、こちらの本がおすすめです。

www.yoblog.org

5.運動

健康習慣と類似しますが、運動習慣も大切です。

 

運動によって、脳みそのパフォーマンスも高まります。

 

さらに大事なのは、運動は若いころから続けていないと、年を重ねてから始めにくい。と言うこともあります。

 

もちろん、いつからでも運動をすることは出来ます。

 

ですが、若いころから運動を続けていれば、あらゆるスポーツに挑戦するハードルが下がります。

6.断捨離

自由に使えるお金が学生と社会人では異なります。

 

学生の時のお気に入りの服や雑貨よりも、高価なものを手軽に買うことができます。

 

そのため、25歳くらいで一度断捨離をしておかないと、服装もインテリアもちぐはぐになりやすい。

 

今のタイミングで、不要なものを捨てて、新しく良いモノを少量買っておきましょう。

www.yoblog.org

7.自分が納得できるほめ言葉を見つける

f:id:koyoux:20220108162922j:plain

今思うと「助かったなあ。」と思うのが、かつて褒めてもらった言葉です。

 

「やれば出来る。」
「らしくないよ。」

 

ありきたりな言葉ですが、こういった言葉が今でも私を支えてくれています。

 

数あるほめ言葉で大切にすべきは、良い言葉では無く、納得できる言葉です。

 

・自分自身でも同じように思っている。
・言われて納得した言葉。

 

こういった言葉がおすすめです。「あなたは、世界一の天才だよ。」と言われて、なるほど!と思える人は少ないでしょう。

 

ちなみに「らしくない。」が私の中でほめ言葉なのは、落ち込んでいる時に、らしくないよ。と言われて

 

「そういえば、俺は割と明るくて前向きな人だったな。」

 

と思ったからです。結果、暗い気持ちになった時に"自分らしくないから辞めよう。"と思うことができています。

8.恋愛

無理に恋愛を進めるつもりもありませんが、もし、少しでも関心があるなら「出会い」だけは維持しておきましょう。

 

恋人が居ない人には3つのパターンがあります。

1.好きな人に片思い
2.出会いはあるが好きな人が出来ない
3.出会いが全くない

 

最悪なのは3つ目のパターンです。出会いが無いということは、好きな人が出来る確率は0%だからです。

 

少しでも恋愛に関心があるなら、出会う確率だけは確保しておく方が今後の選択肢が増えます。

9.経験値を増やす

f:id:koyoux:20210206112213j:plain

人生経験を積むために、ある程度遊んでおきましょう。

 

適度に遊び方を知っている方が、いろんな状況に対応できます。

 

また、若い時しかできない遊びもあります。

 

体力的に厳しくなってきてから、ハードなアウトドアなどの経験は難しい。

 

悩んだら「人生経験が増える方」を試してみましょう。

10.お金を使う

若い時は、基本的に収入が少ないです。

 

収入が少ないうちに、貯蓄をしよう。と思うことも大切。

 

しかし、将来稼ぐようになるなら、今のお金は現在の自分に使う方が合理的です。

 

将来豊かになる自分に10万円残したところであまり意味はありません。

 

適度に消費もしておく方が後悔が少ないかと思います。

 

とはいえ、消費にはバランスが必要です。

・将来に備える
・無駄にため込み過ぎない

 

こういったバランスを取るためには、2冊の本をおすすめしておきます。

www.yoblog.org

www.yoblog.org

25歳から始めるべき10個のこと。「まとめ」

f:id:koyoux:20210124160156j:plain

今回は、25歳から始めるべきことを10個整理しました。

 

正直、どんなことでも興味があればチャレンジしてみるのがおすすめです。

 

ですが、いきなり「これがやりたい。」とひらめける人は少ないでしょう。

 

そんな人は、今回ご紹介したことを参考に、気になるモノから試してください。

www.yoblog.org

www.yoblog.org