ようの読書記録

読書家が考えるシンプルな暮らし

考察

日本企業のブランド力が発揮できないのは、フルラインナップメーカーだからだと思う2つの理由

日本企業の製品は素晴らしい。ですが、最近では欧米メーカーや、中国メーカーの後塵を拝すことが多く感じます。その理由として考えられるのは、ブランド力です。日本は人件費的には、欧米と同等クラスです。ならば、ハイクラスの製品で魅力を発揮する必要が…

Apple製品を使うだけで、自動的にクリエイティブな思考になる理由【知覚の化学】

Apple製品を使っている人は、なんとなくクリエイティブな印象がありませんか?スタバでマックを使っていると、かっこいいですよね?私はこれまで、Apple製品を使っている人は「おしゃれだから使っているだけ。」だと思ってましたが、実際にはSPEC以外の実利…

コミュ力向上法。小説を読むと人の気持ちがわかるようになる【共感能力向上3つの原理】

どうやら小説を読むと人の気持ちがわかる人になれるようです。その理由について、私の考察も含めてご紹介していきます。読書で主に鍛えることができるのは、共感能力です。相手の気持ちがわかれば、どんな行動をすべきか。の判断ができるようになります。(空…

【雑記】言葉の参入障壁がなくなる日。自動翻訳機は格差を広げるかも

英語や中国語など、学生の時に勉強した経験がありますが、正直日常会話すらおぼつかない私。そうすると「自動翻訳機があったらいいなあ」と思う時があります。ですが、自動翻訳機の進化と普及は、言葉の参入障壁がなくなることにもつながります。メリットば…

信頼できる本の特徴は「言い切らないこと」曖昧さは有能さの証だと思う

売れている本を見ると、だいたいはっきりとした表現を多用している本が、多いように見受けられます。そんな表現が多いのは、コピーライティング技術の向上が理由の一つでしょう。とはいえ、個人的には全てを言い切るような作者の本よりも、曖昧さが残る本の…

【雑記】休日を有意義に過ごしたいなら、午前を変えるしかないと思う

せっかくの休日。ぼんやり過ごしていると、あっという間に終わってしまう。「こんな生活で本当に良いのだろうか」そんな風に思う人はいませんか?ちなみに、こうやって、自分の生活を振り返ることができる人は、頭がいいらしいです。外食をするのでさえ、な…

【雑記】会社の福利厚生が充実しているメリットとデメリット【無駄な福利厚生もある】

仕事選びの際に、福利厚生を重視する人は多いと聞きます。しかし、私は「福利厚生って、そこまで大切じゃないよね?」と思っています。基本的に、企業の福利厚生は給料の一部とも考えることができます。つまり、お財布は一つで、どこに分配するか。です。今…

住みたい場所に住むよりは、住める場所を増やしたいと思う3つの理由

かつて、日本人のモデルケースだった。「結婚」「マイホーム」という普通は、少しずつ当たり前じゃ無くなってきている。2040年には、独身者の数が約半数になる。との予測も出ているくらいです。そんな中、今私が思う「住みたい場所」について、考えていきた…

子どもに本を読ませるためのモチベーションUP法【親が出来ること】

子どもにもっと本を読んでもらいたいな。そんな風に思う時はありませんか?読書は健全な趣味のイメージがありますし、将来にわたって大きな価値を与えてくれる習慣です。そんな「子供に本を読んでもらいたい」という要望を叶えるための方法を、年間200冊自発…

【3つの方法】リスクは避けるモノではなく選択するもの【トレードオフ】

「この判断にはリスクが伴う。」「○○の稼働によってリスクがある。」このような表現でニュースが流れるたびに、私は違和感を感じています。リスクがあるのは当たり前で、わざわざ伝える必要はありません。なんとなく、不安を煽っているだけに見えます。リス…

【徹底解説】海洋プラスチック問題の原因と対策【日本人は何をすべきか】

環境問題と言えば、何を思い浮かべるでしょうか?最近では海洋プラスチック問題について、考える人も多いと思います。日本人に考えるきっかけを与えたのは「レジ袋有料化」や「スタバのストロー廃止」などでしょうか。とはいえ、正直、何が問題で何をすべき…

【ニュース考察】図書館の書籍が電子メールで受信できるよう著作権変更。【NFT】

読書家としては、結構衝撃的なニュースがあったので、考察します。それは、図書館の書籍を電子メールで受信できるように、著作権法改正がされる可能性がある事です。その場合の未来予想と、今後の電子書籍がどうなるか。について考察を進めていきます。

【モチベーション】やる気が出ない2大原因と対策【ドーパミンと義務感】

どうしても、やる気が出ない。そんな時ありますよね。やる気が出ない時には、様々な理由があると思います。ですが、私の結論は2つです。※一度始めたことへのやる気低下についてご紹介します。①ドーパミンのバックアップが無くなった。②やるべきことが義務感…

【雑記】無知の知を知るために、宇宙について考えてみる【学び】

人間は、3種類に分類できます。①知識があると思っている②知識が無いと思っている③調べれば何でもわかると思っている。ですが、実際は②ですし、調べてわかることは、世の中の本のわずかです。今回はそんな無知の知について、宇宙をテーマに考えていきたいと思…

環境意識が高い=オシャレなのはきっと良い事だと思う理由と欠点

最近の私のブームは「環境に良い暮らし」です。そんな中、環境問題について考えていると、環境意識を高めるには「おしゃれ」が必要だよな。と思います。オシャレは、人の行動を最も左右する概念の一つだからです。何かのムーブメントを起こすには、おしゃれ…

【SDGs】環境に優しい生活には、それなりに知識が必要な気がする3つの訳

環境に優しい暮らしを、どのくらいできているのだろうか?普段の生活で、そう思うことはありませんか?ですが、環境に優しくするには知識が必要になると感じたので、その理由を3つご紹介します。最近話題のSDGsの一部でもある、「環境への配慮」そんなことを…

【男がモテる方法】結局は原始時代から女性の好みの本質は変わっていない

いつも読書の事ばかり書いているこのブログですが、グーグル検索で3番目に検索されているのが、「デートの待ち時間の過ごし方」です。っということで、たまには恋愛関係についてもご紹介してみようかな。と思っています。今回のエントリーの結論は「モテる秘…

「フェアトレードのおかしな事実 書評」ウィグル問題の今だからこそ考えたいこと

ウィグル問題がある、今だからこそ考えたいこと。今回は、フェアトレードを軸に、先進国と発展途上国について考えたいと思います。実は、フェアトレードにも歪みがあります。フェアトレードの認証がある=win winになっている。とは限りません。そんなフェア…

「人生100年時代の経済 書評」将来老いる人は読むべき「本レビュー」

今回は、「人生100年時代の経済」の書評です。この一冊で、他の本5冊分の価値があります。それほど良い本だと思います。タイトルから想像すると「LIFE SHIFT」のような、将来戦略についての本に思えました。しかし、実際には「老い」について考えることので…

読みたい本が見つからない時こそ、本屋に足を運ぶべき3つの理由

買いたい本が見つからない時はありませんか?私はよくあります。そんな「読みたいジャンルはあるけど、具体的に決まっていない」「なにかしら興味深い本を読みたい」という時は、書店に行くのがおすすめです。逆にここで手を打たないと、せっかくの読書熱を…

書店が抱える4つの問題。本が売れても意味が無い理由【本業界の問題】

今回は、書店が抱える4つの問題についてご紹介しますご存じの通り、日本の本屋さんは年々減少しています。特に、小型書店の減少は顕著です。書店ならでは4つの課題があります。再販制度や委託制度、利益率が低い点や、図書館が問題点として挙げられます。

電子書籍のデメリットがテクノロジーの進化で99%解決する10の理由

まだまだ紙の本に及ばない電子書籍ですが、確実に紙の本を超えると想像しています。テクノロジーの進歩と未来予測と共に、電子書籍の未来についての考察をしていきます。ぜひ最後までお付き合いください。

「決め方の経済学書評」間違いだらけの多数決の悪用対策「本レビュー」

多数決について、あなたはどのくらい知っていますか?「はいはい、大人数で物事を決める時に使ったやつね。」そう思うかもしれません。しかし、多数決の取り方を知らないと、多数決に詳しい人が、あなたの選択を操作する可能性があります。そんな多数決につ…

面白くない本を回避するのが難しい理由と対策【魅力を感じない場合】

「面白い」という概念は不思議で、万人に対して同じ影響を与えません。転んで痛いと思わない人は居ませんが、転んだ人をみて「面白い」と思う人も「面白くない」と思う人もいます。全ての人が面白くないと感じる本はありません。しかし、あなたが面白くない…

「シングルタスク書評」無駄に集中力を消耗しない方法「本レビュー」

今回は、シングルタスクの書評・レビュー+考察エントリーです。マルチタスクの弊害についてご存じの人も多いと思います。にも関わらず、ついついマルチタスクをしてしまうものです。マルチタスクはブラックホールのようなものです。どんなに意識していても…

僕が年間200冊以上の読書をして起きた意外な変化【良い点と悪い点】

今回は、自称読書家の僕が年間200冊以上の読書をして起きた変化をご紹介します。読書で起きた変化として、良い点の方が圧倒的に多いですが、1点だけ悪い変化もありました。今回は、そんな読書量が増えて起きた3つの良い点と、1つの悪い点についてご紹介しま…

スマホを持つ姿がスマートだった時代は終わったと思う【暇つぶしこそ読書】

かつて、スマートフォンが発売され始めた時は、スマホを使っている姿が、カッコよく見えました。現在のスマートウォッチを使っている人と、同じように、ある種尊敬の目で見られていたと思います。しかし、現在スマホを操作している姿はカッコよく感じません…

難し過ぎる本を読んだ時に起こる消化不良3つのデメリット【専門書】

「この本難しいなあ」「作者のレベルが高すぎてついていけない」そんな風に思うことはありませんか?私はあります。難しすぎる本に出会い、消化不良になった時、3つの大きなデメリットがあります。今回は、そのデメリットと対処法についてご紹介します。

どんな人に対しても否定しない相槌ができると人間関係が良くなると思う

人の話を聞くのは難しいな。と思いませんか?そんな人は、たった一つの方法を心がけてください。もしかしたら、人間関係が変わるかもしれません。テクニックやノウハウがあっても、相槌だけは普段の態度が出やすいです。しかし、相槌は人との距離を詰めるの…

翻訳本は面白くて価値があるけど読みづらいな。と思う3つの理由【メリットとデメリット】

翻訳本の多くは内容も面白くて、価値が高いことが多いと思っています。しかし、それと同時に「翻訳本された本は読みづらいなー」と感じる瞬間があるのも事実です。今回は、そんな翻訳本の魅力と読みづらいと感じる理由を3つご紹介します。