ようブログ

読書家が考えるシンプルな暮らし

読書量を増やす秘訣は他の趣味を減らすこと【読書を相対的に魅力的にする】

お家時間で何をしていますか?すでに様々なことに取り組まれているでしょう。では、おうち時間でやりたいことはなんでしょうか?この質問に「読書」と回答する人に、読書量を増やすたった一つの秘訣をご紹介します。それは、他の趣味を減らすことです。

これまで聞いたオーディオブック13冊を一挙にご紹介【おすすめ本も】

さて、オーディオブックを使い始めて一年以上が経過したので、これまで読んだ(聞いた)本を全てレビューしていこうと思います13冊聴いています。おすすめ順になっています。10冊はおすすめできます。残り3冊は、好みですね。

「知覚力を磨く 書評」10年後の常識を今学ぶ魅力「本レビュー」

良書に出会えたので紹介させてください。今回ご紹介するのは"知覚力を磨く~絵画を観察するように世界を見る技法"です。作者は神田 房江さんです。この本を読んだら、あなたは知覚の虜になるでしょう。この本の最大の魅力は、アート思考で物事をとらえ、判断…

「教養としてのワイン 書評」ワインの歴史や産地の概略を教養として学ぶ「本レビュー」

ワインって面白いな。と思って、2年近く前から少しずつ飲み始めています。ワインについて知ることは、ワインという飲み物を楽しむ以外にも、人と一緒に飲んだり、歴史への知識を深めていくことで、ワインの楽しさをどんどん知ることにつながります。そんなワ…

小説選びは難しいのに、選び方に失敗した時はリスクが高い【5つの理由】

本選びは非常に難しく、私も悩んでばかりです。実用書選びについては、ある程度ノウハウが固まってきてます。しかし、小説については、まだまだ正解が見つけられていません。今回は、そんな小説選びが難しい理由。また、選び方に失敗した場合のリスクの高さ…

ブログ・読書用の机はスタンディングデスクがおすすめな3つの理由

を書いたり、本を読む時、どんな体勢で行っていますか?私がおすすめしているのは、断然「立つ」です。とはいえ、立ちながらブログを書いたり、本を読むには専用の机が必要です。※読書の場合は、無くても大丈夫ですが、本が重いです。今回は、スタンディング…

「フェアトレードのおかしな事実 書評」ウィグル問題の今だからこそ考えたいこと

ウィグル問題がある、今だからこそ考えたいこと。今回は、フェアトレードを軸に、先進国と発展途上国について考えたいと思います。実は、フェアトレードにも歪みがあります。フェアトレードの認証がある=win winになっている。とは限りません。そんなフェア…

オンライン会議を主催する時スマートに進める3つの方法【web会議】

前回に引き続き、今回もオンライン会議についてご紹介します。今回は、オンライン会議の「進め方」についてご紹介します。会議の主催自体は手間も多く、プレッシャーに感じる時があります。そうなるのは、オンライン独特の会議方法を知らないからです。オン…

「人生100年時代の経済 書評」将来老いる人は読むべき「本レビュー」

今回は、「人生100年時代の経済」の書評です。この一冊で、他の本5冊分の価値があります。それほど良い本だと思います。タイトルから想像すると「LIFE SHIFT」のような、将来戦略についての本に思えました。しかし、実際には「老い」について考えることので…

【読書】仕事の悩みの解決策は99%書籍に書かれている【新入社員】

仕事をしていると、悩みばかりが増えますよね?特に、異動になったり、新しい職場で働くことになった時、思いもよらぬ悩みが生まれます。くよくよと、自分の頭で考えても、なかなか正しい答えには出会えません。だからこそ、仕事で悩んだら本を読むことをお…

「GIVE & TAKE 書評」新しい人間関係術と心構え「本レビュー」

今回はGIVE & TAKEの書評です。これまで人に尽くす人は、陽の目を浴びることは少なかったように思えます。しかしながら、これからの時代、与える人(ギバー)は、勝ち組になる可能性が高いようです。研究結果でも、与える人の方が高い成果や報酬を得ているケ…

「世界一効率の良い最高の運動 書評」バランスの取れた健康本「本レビュー」

今回は「世界一効率の良い最高の運動」の書評です。運動に関する本には多くの種類がありますが、バランスの取れた本は少ないです。この本では、運動や食事の重要性に加え、具体的なメニューやレシピについて学べる点が、最大の魅力です。もちろん、エビデン…

資格試験なんて無駄だと思う私が、今年は資格を取りたいと思う5つの理由【民間資格】

個人的な意見ですが、資格を取るなら「国家資格」だと思います。なぜなら、同じ資格でも「国が認めた資格」と「民間で設定された資格」では価値が変わるからです。「民間資格に価値が無いの?」と聞かれればもちろん価値があります。私も最近、民間資格は良…

読みたい本が見つからない時こそ、本屋に足を運ぶべき3つの理由

買いたい本が見つからない時はありませんか?私はよくあります。そんな「読みたいジャンルはあるけど、具体的に決まっていない」「なにかしら興味深い本を読みたい」という時は、書店に行くのがおすすめです。逆にここで手を打たないと、せっかくの読書熱を…

書店が抱える4つの問題。本が売れても意味が無い理由【本業界の問題】

今回は、書店が抱える4つの問題についてご紹介しますご存じの通り、日本の本屋さんは年々減少しています。特に、小型書店の減少は顕著です。書店ならでは4つの課題があります。再販制度や委託制度、利益率が低い点や、図書館が問題点として挙げられます。

「決め方の経済学書評」間違いだらけの多数決の悪用対策「本レビュー」

多数決について、あなたはどのくらい知っていますか?「はいはい、大人数で物事を決める時に使ったやつね。」そう思うかもしれません。しかし、多数決の取り方を知らないと、多数決に詳しい人が、あなたの選択を操作する可能性があります。そんな多数決につ…

面白くない本を回避するのが難しい理由と対策【魅力を感じない場合】

「面白い」という概念は不思議で、万人に対して同じ影響を与えません。転んで痛いと思わない人は居ませんが、転んだ人をみて「面白い」と思う人も「面白くない」と思う人もいます。全ての人が面白くないと感じる本はありません。しかし、あなたが面白くない…

「嫌われる勇気書評」自分の人生を生きる扉の鍵が見つかる「本レビュー」

今回は、嫌われる勇気の書評です。結論としては、名作でした。こちらの3本立てでご紹介します。①嫌われる勇気が本として面白い理由②嫌われる勇気を読んで感銘を受けた点③嫌われる勇気を読んだ感想。

【7選】オーディオブックに向いている本。向いてない本【失敗しない選び方】

オーディオブックを使い始めて一年以上が経過し、わかったことがあります。それは、オーディオブックは不完全なシステムであり、汎用性の高い読書方法で無いことです。本の選び方に失敗すると「非常につまらない」と思うことがあります。逆に、本の選択が上…

小説をもう一度読み返すことでわかる3つの楽しみと3つのメリット

教科書や実用書などは何度も読み返すことをおすすめしています。なぜなら、記憶の定着には「復習」が最も効果的だからです。一度読んだだけで全てを覚えられる人はいません。ですが、小説となると「読んだら終わり」になる人が多いです。今回は、そんなあま…

「シングルタスク書評」無駄に集中力を消耗しない方法「本レビュー」

今回は、シングルタスクの書評・レビュー+考察エントリーです。マルチタスクの弊害についてご存じの人も多いと思います。にも関わらず、ついついマルチタスクをしてしまうものです。マルチタスクはブラックホールのようなものです。どんなに意識していても…

記憶の定着には検索学習による復習がベストな理由とおすすめ本【勉強法】

記憶の定着については、様々なアイデアがありますが、汎用性と記憶の定着率を考えると、検索学習がベストだと思います。検索学習は、復習の一種ですが、通常の復習よりも魅力的な選択肢です。なぜなら、圧倒的に記憶の定着効果が高い可能性があるからです。

内発的動機づけのやる気で読書量の自己ベストを目指す【読書量UP】

あらゆるモチベーションには2つの種類があります。①外発的動機づけ②内発的動機です。この中で、意識して磨くべきは内発的動機づけです。今回は、そんな内発的動機づけの身に付け方を5つご紹介します。

僕が年間200冊以上の読書をして起きた意外な変化【良い点と悪い点】

今回は、自称読書家の僕が年間200冊以上の読書をして起きた変化をご紹介します。読書で起きた変化として、良い点の方が圧倒的に多いですが、1点だけ悪い変化もありました。今回は、そんな読書量が増えて起きた3つの良い点と、1つの悪い点についてご紹介しま…

読書の理解力を向上させる本の読み方【自分のリズムで読む】

本を読む時に意外と忘れがちな「リズム」についてご紹介します。読書含む、文字を読む時にあなたはリズムを意識していますか?ここで言うリズムとは、文字を読む早さのことです。これまで何度か触れているように、速読にはメリットはほとんどありません。

耳で読む本。オーディオブックのメリットとデメリット【忙しい人向け】

今回は、耳で聞く本。オーディオブックのメリットとデメリットご紹介します。オーディオブックとは、本を朗読した音声を聞くものです。音声を聞くだけなので、目や体がフリーの状態になり、「ながら読み」におすすめの方法です。集中力や記憶の定着の観点で…

【読み切る力】本が読み切れない理由は最初のステップで失敗しているから

本を買っても、読み切れない時がありませんか?私はたまにあります。その理由は単純で本の選び方に失敗しているからです。本選びに失敗すると、どんなに努力しても読み切れないことがあります。今回は、そんな「読み切るための本選び」と「本を読み切らない…

スマホを持つ姿がスマートだった時代は終わったと思う【暇つぶしこそ読書】

かつて、スマートフォンが発売され始めた時は、スマホを使っている姿が、カッコよく見えました。現在のスマートウォッチを使っている人と、同じように、ある種尊敬の目で見られていたと思います。しかし、現在スマホを操作している姿はカッコよく感じません…

【防御】怒られている時 バレずに心のバリアーを張る方法【考えるべきこと】

今回は、人間関係シリーズ。怒られた時の心理的ダメージを減らす方法をご紹介します。どんなに頑張っていても怒られることはあります。怒られている時、本能が怖いと感じるため、心のバリアーを張るのは非常に難しいです。(闘争逃走反応)それでも、ちょっ…

知識を得る読書と考えるための読書【2つの読み方と違い】

読書には2つの読み方があります。それは、考えるための読書と、知識を得るための読書です。2つの読み方をマスターすれば、もっと豊かな知識と思考を手にすることができます。せっかくの読書、片方の読み方しかしていないのであれば、本の魅力は半減します。